ワンプレートで楽しめる正月料理

ワンプレートで楽しめる正月料理

昨年12月、市原市の五井公民館主催『アレンジおせち料理』教室が行われ16名が参加した。今回は有頭海老のグリル焼き、サーモン押し寿司、伊達巻、飾りかまぼこ、揚げ餅おろし汁の5品に挑戦。各テーブルには色鮮やかな料理が並んだ。講師の高野桂子さん(大多喜ガス料理教室講師)から、手軽にできる『サーモン押し寿司(4人分)』のレシピが紹介された。
まずは、ご飯に酢60ml、砂糖大さじ2、塩小さじ2分の1を混ぜて寿し飯を作り、千切りの大葉3枚と白ゴマ大さじ1も加え冷ましておく。「ティッシュ箱を押し寿司器にしました」と高野さん。大きめに切ったラップが敷かれた箱の中にスモークサーモン100gを並べ、その上に半量の寿し飯を平らにひく。更にその上にシーチキン1缶(マヨネーズ大さじ2、塩とこしょう少々を混ぜたもの)を全体に広げ、大葉3枚とカニカマ100gを散らす。残りの寿し飯を入れたらラップで上を包み、板で少し押すと出来あがり。
 続いて『有頭海老のグリル焼き(4人分)』のレシピは次の通り。赤海老8尾は、海老を洗いひげを短く切り腹下の足と背ワタを除く。再度洗いふき取った後、海老の腹部分だけに包丁をいれ身を切り開き、酒小さじ2を振りかける。焼く直前にハーブミックスを適量ふり、グリル(両面焼タイプ)で弱火8分焼く。タイマー機能を使えば、時間になると自動消火してくれるので焼き過ぎの心配もないとのこと。
参加者は「グリル焼きの簡単さとおいしさに驚いた」、「寿し飯とサーモンの味が合いおいしかった」、「家族に作ってあげたい」と料理づくりを皆で楽しんだ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  2.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  3.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  4.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  5.  サギの仲間のゴイサギ。目が赤く、頭部から背中にかけて灰青色、羽は灰色、腹部は白、足が黄色のずんぐりした可愛いサギである。幼鳥は全体が茶褐色…
  6.  現代の溢れる情報量の中、私達は様々な分野で物事を選択しています。日常の中で大なり小なり、必然的に繰り返される事柄の一つと言えるでしょう。こ…
  7.  8月、新型コロナウィルス禍を経て3年ぶりに第71回関東聾(ろう)学校野球大会が開催された。県立千葉聾学校野球部は優勝を目標に掲げるも、埼玉…
  8.  6月18日(土)、『天然ガスと茂原の未来』と題するシンポジウムが、茂原市で開催された。主催はもばら検定ガス博士実行委員会。『もばら検定ガス…
  9.  8月30日(火)~9月4日(日)、いすみ市大原文化センター2階(いすみ市大原7838)で、いすみ市在住の作家、松井美恵子さんが「コラージュ…
  10. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る