伝統の海苔作り児童ら体験

伝統の海苔作り児童ら体験

「おいしそう」、「いい香り~」木更津金田産の生海苔を前にはしゃぐ児童たち。2月14日、市立白金小学校で昔ながらの海苔作りが同校3年生の体験学習として行われ、児童60名が生き生きとした表情で取り組んだ。同校で28年間、あたたかく懇切丁寧に指導し続けているのはかつて海苔作りを行っていた三島繁治さん(80)たち5名のボランティア。伝統文化振興への多大な貢献が評価され、昨年10月に市原市表彰を受けている。
 細かくした生海苔を薄めたものを枡ですくい、巻き簀に置いた四角い木枠の中に流し込む。さっと均一に薄くするのがコツ。漉いた海苔は天日干しにする。1回目は緊張気味な児童も「3回くらいやるとうまくできるようになった」と海苔がいっぱいついた手で嬉しそうに話した。漉く前の生海苔を味見して「しょっぱくておいしい。コリコリしている」と他では味わえない食感を楽しんでいる姿も。
 昭和32年くらいまで市原市の海岸では海苔の養殖が盛んだった。「地域の伝統を知識としてだけでなく、身を持って体験することによって郷土に愛着を持ってもらいたい」と土田校長。子どもが大好きだという三島さんは同校で年に1回「昔のくらし」をテーマに授業も行っているそうだ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  丘陵地と広がる水田は、緑も水も豊かな房総の里山を象徴する風景。いすみ市万木にある千葉県いすみ環境と文化のさとは、この身近な里山の自然や長年…
  2.  日本ではあまり浸透していない様ですが、欧米ではヴィーガン(完全菜食主義・注1)レストランがたくさんあります。さらに殆どの店がヴィーガンメニ…
  3.  京成千葉寺駅から徒歩7分、千葉市ハーモニープラザ内に今年新たにコミュニティセンターができました。当初は4月オープン予定でしたが、新型コロナ…
  4. [caption id="attachment_36983" align="alignright" width="300"] 黄縮緬葉瑠璃筒…
  5.  市原市国分寺台のいちはら市民ネットワークギャラリーで、小田慶子さんによる『バングラデシュと日本の手仕事展』が今月末まで開催されている。ハー…
  6.  本協会は昭和50年(1975年)設立、ピーク時の傘下チームは60を数えましたが、昨今の少子化により、現在は17チームで活動しています。三和…
  7.  東金市ではオリーブの産地化を目指し、市で公募した43軒の農家が3000本のオリーブの木を栽培している。昨年秋には台風により、収穫を控えてい…
  8.  年数回、様々な分野の講師が招かれる、袖ケ浦市教育委員会主催『市民三学大学講座』。今年2月には、第38期第4回が生涯学習推進大会の記念講演会…
  9.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…
  10.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…

ピックアップ記事

  1.  丘陵地と広がる水田は、緑も水も豊かな房総の里山を象徴する風景。いすみ市万木にある千葉県いすみ環境と文化のさとは、この身近な里山の自然や長年…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る