子ども達が日本の芸能、古典舞踊を1年体験

 市原市古典舞踏の会が市原市文化祭に参加して今回で20回目を迎える。記念の年として、同会は昨年1月から一般公募により15名の子どもたちを集め、古典舞踏体験子供教室を行った。
「子どもの年齢は現在小1から中1まで。毎月2回の練習をこなしてきました。今までに体験で古典舞踏に触れたことのある子もいるけれど、ほとんどが初めて。みなさん頑張っています」と同会企画担当の森京子さん。1月上旬に市原市青少年会館で行われた練習では発表まで1カ月ということもあり、同会会長である坂東藤穂さんの「元気よく出てきてください。上半身はまっすぐ!緞帳が降りるまでしっかりと姿勢を保って」という指導の声にも力が入っていた。披露されるのは日本舞踊の代表的な作品のうち、長唄連獅子、かっこ、振鼓と、越後獅子からさらしの部分。小さな身体でさらし布を全身で舞う姿や、手先に身につけた獅子の動きに集中した顔は、観るものを引き寄せる。
 古典舞踊大会は2月16日(日)に市原市市民会館で行われ11時30分開演、16時30分終演予定。大会を前に、子ども達からは「覚えるのは少し大変だった。ちょっぴり緊張しているけど、とっても楽しみ」という声が多く聞かれた。講師らも「1年でこれだけ出来れば、辞めるのが勿体ない。これからも続けてほしい」、「膝の曲げ伸ばしや小さな手足から顔の位置まで細かく指導した。高学年になると演じる時の空気も違う。大会が楽しみ」と話し、子ども達の演技を見守っていた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…
  2.  市原市不入の市原湖畔美術館にて、企画展『レイクサイドスペシフィック!─夏休みの美術館観察』が7月20日(土)に開幕する。同館は1995年竣…
  3. 【写真】長沼結子さん(中央)と信啓さん(右) 『ちょうなん西小カフェ』は、長生郡長南町の100年以上続いた小学校の廃校をリ…
  4.  沢沿いを歩いていたら、枯れ木にイヌセンボンタケがびっしりと出ていました。傘の大きさは1センチほどの小さなキノコです。イヌと名の付くものは人…
  5. 『道の駅グリーンファーム館山』は、館山市が掲げる地域振興策『食のまちづくり』の拠点施設として今年2月にオープン。温暖な気候と豊かな自然に恵…
  6.  睦沢町在住の風景写真家・清野彰さん写真展『自然の彩り&アートの世界』が、7月16日(火)~31日(水)、つるまい美術館(市原市鶴舞)にて開…
  7.  子育て中の悩みは尽きないものですが、漠然と考えている悩みでも、種類別にしてみると頭の整理ができて、少し楽になるかもしれません。まずは、悩み…
  8.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る