子ども達が日本の芸能、古典舞踊を1年体験

 市原市古典舞踏の会が市原市文化祭に参加して今回で20回目を迎える。記念の年として、同会は昨年1月から一般公募により15名の子どもたちを集め、古典舞踏体験子供教室を行った。
「子どもの年齢は現在小1から中1まで。毎月2回の練習をこなしてきました。今までに体験で古典舞踏に触れたことのある子もいるけれど、ほとんどが初めて。みなさん頑張っています」と同会企画担当の森京子さん。1月上旬に市原市青少年会館で行われた練習では発表まで1カ月ということもあり、同会会長である坂東藤穂さんの「元気よく出てきてください。上半身はまっすぐ!緞帳が降りるまでしっかりと姿勢を保って」という指導の声にも力が入っていた。披露されるのは日本舞踊の代表的な作品のうち、長唄連獅子、かっこ、振鼓と、越後獅子からさらしの部分。小さな身体でさらし布を全身で舞う姿や、手先に身につけた獅子の動きに集中した顔は、観るものを引き寄せる。
 古典舞踊大会は2月16日(日)に市原市市民会館で行われ11時30分開演、16時30分終演予定。大会を前に、子ども達からは「覚えるのは少し大変だった。ちょっぴり緊張しているけど、とっても楽しみ」という声が多く聞かれた。講師らも「1年でこれだけ出来れば、辞めるのが勿体ない。これからも続けてほしい」、「膝の曲げ伸ばしや小さな手足から顔の位置まで細かく指導した。高学年になると演じる時の空気も違う。大会が楽しみ」と話し、子ども達の演技を見守っていた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…
  2.  大網白里市在住の大森良三さんが長年描いてきた作品を飾る小さな美術館が昨年9月、同市ながた野にオープンした。そこは私設『よこい美術館』。永田…
  3.  茂原市の東部台文化会館において昨年7月~11月、同館主催の『公式ワナゲ教室』が開催された。教室は全8回、新型コロナウィルス感染拡大の影響で…
  4.  この4年間、ハーブを使った料理を中心に話をしてきました。以前にもこのコラムの中で述べましたが、人類の誕生以来、ハーブは薬草として日常の生活…
  5.  明けましておめでとうございます。昨年は、新型コロナウイルスが猛威を振るい、世界は一変しました。暗いニュースが多い一年でしたが、新しい年を迎…
  6.  大多喜町は、徳川四天王の1人で近世大多喜城初代城主となった本多忠勝によって整備された城下町だ。大多喜城とその城下町に多く残された古い家並み…
  7.  今月1月24日(日)、夢ホールプレゼンツ『新春ドリームコンサート』が夢ホール(市原市更級)にて行われます。第1部は平安時代の文学作品の朗読…
  8.  ホキ美術館は世界初の写実絵画専門美術館として2010年11月3日、千葉市緑区に開館。10周年を記念して、5月16日(日)まで『ベストコレク…
  9.  パラパラとキノコの図鑑を見ていると、様々な変わった形のものが出てきます。へー面白いなぁと名前を見て、妙に納得してしまったのがこのカブラテン…
  10.  大多喜町の『大多喜食品工房』は、地元特産のシイタケやタケノコを幅広く販売している。昨年11月9日、同社社長の千葉貞郎さんには木更津市渡辺芳…

ピックアップ記事

  1. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る