子ども達が日本の芸能、古典舞踊を1年体験

 市原市古典舞踏の会が市原市文化祭に参加して今回で20回目を迎える。記念の年として、同会は昨年1月から一般公募により15名の子どもたちを集め、古典舞踏体験子供教室を行った。
「子どもの年齢は現在小1から中1まで。毎月2回の練習をこなしてきました。今までに体験で古典舞踏に触れたことのある子もいるけれど、ほとんどが初めて。みなさん頑張っています」と同会企画担当の森京子さん。1月上旬に市原市青少年会館で行われた練習では発表まで1カ月ということもあり、同会会長である坂東藤穂さんの「元気よく出てきてください。上半身はまっすぐ!緞帳が降りるまでしっかりと姿勢を保って」という指導の声にも力が入っていた。披露されるのは日本舞踊の代表的な作品のうち、長唄連獅子、かっこ、振鼓と、越後獅子からさらしの部分。小さな身体でさらし布を全身で舞う姿や、手先に身につけた獅子の動きに集中した顔は、観るものを引き寄せる。
 古典舞踊大会は2月16日(日)に市原市市民会館で行われ11時30分開演、16時30分終演予定。大会を前に、子ども達からは「覚えるのは少し大変だった。ちょっぴり緊張しているけど、とっても楽しみ」という声が多く聞かれた。講師らも「1年でこれだけ出来れば、辞めるのが勿体ない。これからも続けてほしい」、「膝の曲げ伸ばしや小さな手足から顔の位置まで細かく指導した。高学年になると演じる時の空気も違う。大会が楽しみ」と話し、子ども達の演技を見守っていた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…
  2.  冬枯れの草原に鮮やかに映える赤い鳥「ベニマシコ」、バードウオッチャー憧れの鳥である。体長15~16センチ、全身が紅色で黒い翼に鮮やかな二…
  3. 9月から11月にかけて茂原市総合市民センターで開催された『ばか面踊り講習会』。月1度の講習会は三度にわけて行われ、参加者約30名はひょっとこ…
  4. 千葉市科学館(きぼーる内7F~10F)は創設13年を迎えた現在、年間を通して新たな企画を打ち出し続けている。2007年10月に、千葉市民の…
  5.  市原市南部保健福祉センター(なのはな館・牛久377の1)では、毎週水曜と金曜と日曜の3日間、健康増進室によるストレッチ教室が開催されている…
  6.  アメリカの北東部日本語教師会では、3月末に開催する「春祭り」に合わせ、2012年から東日本大震災ほか、様々な災害などで被災した日本の高校…
  7. 「夢まるふぁんど委員会」(委員長・大澤克之助千葉日報社社長)は2019年12月19日、市原市五井の五井新田自治会館で「夢まるふぁんど文化(…
  8. シリーズ10万部、コミックエッセイ&専門家コラムで人気の「それでいい。シリーズ」の続編が昨年12月に 創元社より刊行! 今回は「パートナーこ…
  9.  毎年、年末は空き巣などの被害が増加する。また、今年は台風15号・19号の被害を狙った悪質商法や盗難事件等も発生しており、千葉県警察でも…
  10.  いつもご愛読、ありがとうございます。地域情報紙『シティライフ市原版』は、おかげさまで今号で1500号の発行を迎えることができました。これ…

ピックアップ記事

  1. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る