子ども達が日本の芸能、古典舞踊を1年体験

 市原市古典舞踏の会が市原市文化祭に参加して今回で20回目を迎える。記念の年として、同会は昨年1月から一般公募により15名の子どもたちを集め、古典舞踏体験子供教室を行った。
「子どもの年齢は現在小1から中1まで。毎月2回の練習をこなしてきました。今までに体験で古典舞踏に触れたことのある子もいるけれど、ほとんどが初めて。みなさん頑張っています」と同会企画担当の森京子さん。1月上旬に市原市青少年会館で行われた練習では発表まで1カ月ということもあり、同会会長である坂東藤穂さんの「元気よく出てきてください。上半身はまっすぐ!緞帳が降りるまでしっかりと姿勢を保って」という指導の声にも力が入っていた。披露されるのは日本舞踊の代表的な作品のうち、長唄連獅子、かっこ、振鼓と、越後獅子からさらしの部分。小さな身体でさらし布を全身で舞う姿や、手先に身につけた獅子の動きに集中した顔は、観るものを引き寄せる。
 古典舞踊大会は2月16日(日)に市原市市民会館で行われ11時30分開演、16時30分終演予定。大会を前に、子ども達からは「覚えるのは少し大変だった。ちょっぴり緊張しているけど、とっても楽しみ」という声が多く聞かれた。講師らも「1年でこれだけ出来れば、辞めるのが勿体ない。これからも続けてほしい」、「膝の曲げ伸ばしや小さな手足から顔の位置まで細かく指導した。高学年になると演じる時の空気も違う。大会が楽しみ」と話し、子ども達の演技を見守っていた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  森や川に生息する動植物などを観察し、親子で自然を楽しみましょう!4月27日(土)、9月7日(土)、11月9日(土)の全3回に渡って行い、講…
  2.  いつの間にか春も盛り。寒いうちに庭木に寒肥(肥料)を与えておこうと思ったのに遅くなってしまいました。寒い時は庭仕事がどうしても億劫になって…
  3. 【写真】ケヤキ一枚板のカウンターと。左から鈴木さん、悦子さん、智明さん  大谷家具製作所は2011年11月に長南町長南に工…
  4. 『リーダーハーフェン』は1982年結成の男声合唱団で、42年間その歌声を響かせてきた。構成は、トップテノール・セカンドテノール・バリトン・…
  5.  多くの映画ファンを虜(とりこ)にした女優オードリー・ヘプバーンを、前半・後半と2回に分けて掲載します。ヘプバーンは今でも日本や欧米諸国で人…
  6.  昔から『言葉3割、行動7割』という言葉があります。「子どもは親の言うことの3割までしか身に付けないが、親の行うことはその7割以上を身に付け…
  7.  市原市姉崎小学校を拠点に活動している剣道『錬心舘市原道場』。設立は1987年と長い歴史を持ち、小中学生を中心にこれまで数多くの卒業生を育て…
  8. 【写真】本須賀海岸(当写真は特別な許可を得て撮影しています)  マリンアクティビティのイメージが強い九十九里エリア。成田国…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】ケヤキ一枚板のカウンターと。左から鈴木さん、悦子さん、智明さん  大谷家具製作所は2011年11月に長南町長南に工…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る