13カ国、57組のアーティストが参加 桜や菜の花が美しい里山の会場へ

中房総国際芸術祭
いちはら×アートミックス まであと21日

 開催まで、あと3週間となった『いちはらアート×ミックス』。2月15日から28日まで、直前広報展が都内の商業施設、渋谷ヒカリエで開かれた(中房総国際芸術祭いちはらアート×ミックス実行委員会主催)。会場となった8階CUBE1、2、3では参加作品の模型や作品プラン、市原市の風景写真等の展示や、芸術祭の作品鑑賞パスポートと公式ガイドブックの販売を。また、参加アーティストによるワークショップなども実施した。19日、24日、25日には芸術祭総合ディレクター北川フラムさんと参加アーティストによるクロストークも行われた。
 取材日は、東京や埼玉在住のサポーター『菜の花プレーヤーズ』(新たに決まったボランティアの呼称)3名の皆さんが、事務局スタッフと共に、来場者の応対をしていた。その合間に、市原湖畔美術館で展示されるアルフレド&イザベル・アキリザンの作品『積載:プロジェクト・アナザー・カントリー』の一部となるダンボールと紙のガムテープを使った「夢の家」作りも開催した。これは、自由に家の形を作り(内部は不要)、10艘の逆さまにしたボートに吊して街のようにみせる作品。約1500の家が吊される。現在、「夢の家」を集めている。提供してくれる個人・学校は、会場となる市原湖畔美術館へ3月16日までに届けるか、旧高滝小学校や市原湖畔美術館で開かれるワークショップに参加を。詳細は問い合わせを。

問合せ 市原湖畔美術館
TEL 0436・98・1525

 さて、直前広報展に訪れた来場者にコメントをお願いすると、船橋市在住で都内に勤務しているという男性は、「プレーヤー登録をしました。さっそく今週末にでも市原に行きたい。田んぼや菜の花の中を走る小湊鉄道が大好きで、写真を撮りに行っています。アート×ミックスへは家族と一緒に行きたいですね」と話し、都内在住の大学院で建築を専攻している女子学生たちは、当日、会場に詰めていた事務局スタッフから、市原市についての説明を受け、興味深げに聞き入っていた。
 渋谷というと若者の街というイメージだが、渋谷ヒカリエは、駅と地下で直結しているからか、様々な世代の人が来場した。市原市については、「ゴルフをしに行く」、「ぞうの国に行ったことがある」、「養老渓谷に行った」、「ローカル線に乗ってみたくて小湊鉄道に乗った」という声が多かったが、アート×ミックスに来場することで、新たな市原の魅力を知り楽しんで、イベント終了後も市原に遊びに来てもらえたら。そして、市外や県外から多くの来訪者が見込まれるので、「おもてなし」の心で接し、「また市原に行きたいね」と思ってもらえたらと願う。
 会場となる南市原では、開催期間はちょうど菜の花や桜が咲く時期。これまで、地域おこしの活動を続けてきた地元有志の皆さんも、プレーヤーとして作品制作に協力している。国内外のアーティストが参加する初めての試み、そして、まちおこしにつなげようというアートイベント。廃校や閉店した飲食店、利用時以外は閉館している公民館、小湊鉄道など様々な会場で繰り広げられる。是非、気軽に出かけられる地元の皆さんも春爛漫の里山の会場へ行ってみよう。
 アート×ミックスを堪能したい人にオススメなのが現在販売中の公式ガイドブック。作家・作品・会場紹介をメインに詳細マップなど情報満載。お得な作品鑑賞パスポート(前売)と共に、セブンイレブン等コンビニや実行委員会で販売。詳細問い合わせは同会へ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  2. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  3.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  4.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  5.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  6.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  7.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  8. 【写真】千葉県調理師体会・第32回料理コンクール「千葉県栄養士会長賞」受賞作  料理教室『ヘルシークッキング』を平成15年…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …

スタッフブログ

ページ上部へ戻る