遊びを通して、好奇心を増やしていこう

 4月28日(土)、市原市卯の起公園(市原緑地公園北口入口)で開催された『第30回キッズフェスタin市原』。自然の中で親子が共に活動でき、世代間交流活動を通じて心身ともに健やかで逞しい青少年の育成を図ることを目的に行われ、毎年多くの人が訪れる。
 主催のキッズフェスタin市原実行委員会は、市原市子ども会育成会連絡協議会・市原市相談員連絡協議会・市原市青少年補導員連絡協議会・市原市少年野球協会・市原市少年ソフトボール連盟・ボーイスカウト市原地区連絡協議会・ガールスカウト市原市連絡会で構成されている。
 実行委員長の安藤孔三さんは、「市原警察署や市原市消防局、実行委員会のみなさん、公園の管理事務所の方々の協力によって、子ども達のために今年も開催できました。後々、ストリートダンス団体などを集めてコンテストができるようになったら、もっと面白いですね」と話した。
 会場では様々な体験イベントが催されていたが、最も行列が途切れなかったのは『モンキーブリッジ』。2m半ほどの高さでできたロープの橋は、当日朝1時間ほどで作ったもの。ボーイスカウトの坂本隆志さんは、「ロープの結び方だけでも数種類あります。この技術を知っていることで、災害時に人を救助する場合に役立ったりします。今まで受け継いできたものを、遊びを通して若い人にも伝えていきたいです」と語った。市内在住の5歳男児は高さに臆することなく、しっかりとした足取りで渡りきり母親とともに笑顔を見せた。
 また、『地震体験車―起震車』への乗車も貴重な体験である。大人と子どもに震災の時、咄嗟に行動することがいかに困難かを学んでもらう場所だ。「起震車は、各地で発生した地震や最大震度7の地震体験ができ、防災意識の普及啓発のため、訓練やイベントの際に市民の皆様に体験していただいています。地震体験を通じて、市民の方々の防災意識を高められたら」と説明するのは、五井消防署の鴇田健太郎さん。子ども達は揺れる車に面白がってしまうことが多いというものの、知識として防災を頭の片隅に入れておけるだろう。
 他にも、9つの的に向けて8mほど離れた場所から野球のボールを当てる『ストラックアウト』、『パン食い競争』なども大人気だった。「パン食い競争は毎年の目玉。3歳の娘はチョコ味を狙ってとれなかったけど競争だから仕方ない!これもまた勉強ですね」と参加者の声。幼児から小学生の高学年、そして大人までが分け隔てなく楽しめるからこそ、昔から受け継がれている理由ではないだろうか。来年もまた、必ず大人と子どもを楽しませてくれることだろう。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る