ベビー&キッズ向け 肌にやさしい手作り品

 市内在住の内田友さん(30)は、愛情を込めて小物を作る。対象は赤ちゃん、幼児とママ。「見た目だけではなく、使いやすさにこだわっています」洋服は着脱しやすく、食事用のエプロンは防水加工された布を使用。ボタンでサイズ調節もできる。2歳と4歳の息子の母親で看護師でもある内田さんが特にこだわるのは、肌に直接触れる部分が心地よく柔らかいものであること。自らの子育てには布おむつを使用、その良さを実感している。手作りの布おむつカバーの素材は無添加、無漂白のフランネル。マジックテープの周りをカットをするなど細かい配慮も忘れない。そして全て洗濯できるように縫製、素材に気を配っている。他にもりんごをモチーフにした髪どめや帽子など、シンプルだけどかわいいオリジナル品を揃えている。男児向けの柄が豊富なのも嬉しい。子どもを抱っこするママにはついつい触りたくなる、ふわふわの『ポンポンピアス』。肌触りのよい糸を混ぜて作っている。
 3歳頃から針を持ってクマのぬいぐるみにボタンを縫い付けていた。自分の洋服やカーテンなども手作りする。ベビー用品を手がけたきっかけは市販の布おむつカバーでかわいいものがなかったから。「作ることは気分転換にもなります。息子に髪飾りをつけたりして自己満足に浸ることも。作業中に子どもの相手をしてくれる夫には感謝しています」
『Guru*ぐる』という店名でネット販売を始めたのは5年前。良質な素材はコストがかかる。「お客さんは理解して購入してくれています。かわいくて安いものがすぐに手に入る時代。そんな中、敢えて使い捨てにせず、愛着が持てて長く使用できるものをこれからも作っていきたい」と笑顔で語る。千葉市・市原市を中心に様々な市場や雑貨店でのイベントに出店することも。

問合せ Guru*ぐる
http://ameblo.jp/guruguru-yuusuman

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  市原市出身のマジシャンPiace(ピース)として活躍する内藤淳也さん(26)。マジック界最大のジャパンカップにて、国内で最も活躍した若手マ…
  2.  市原市立内田小学校が2021年(令和3年)3月に閉校した。明治の開校以来、148年に及ぶ歴史に幕が下りたのだ。個人的には非常に感慨深い。同…
  3.  市原市・市東地区の奈良に、高さ2m余りの釈迦如来像の石仏「奈良の大仏」がある。  平将門が、新皇を名乗りこの地の北方に京を模した都を構え…
  4.  コロナ禍で外での食事を制限されている中、家ではちょっとした工夫を凝らしながら楽しむようにしています。採れたハーブをその日の気分によって何種…
  5. 世界中で新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、アフリカの状況はどうなっているのでしょうか? ルワンダの首都キガリで幼稚園と小学校を設立し、…
  6.  山武市と東金市の境に位置する『成東・東金食虫植物群落』。大正9年(1920年)に日本で初の国天然記念物の1つとして指定され、昨年100年を…
  7.  睦沢町の田園風景のなかに建つ、ギャラリー801。様々な分野の作家が作品を出している常設展と、毎月3週間ほど開催される企画展を行っている。今…
  8.  3月20日(土)から4月5日(月)、及び4月17日(土)から5月16日(日)の2期間にかけて、千葉市中央区にある千葉市科学館では『ポップア…
  9. [caption id="attachment_38464" align="alignright" width="350"] 作業小屋兼ギャ…
  10.  3月の山を歩いていると赤いヤブツバキの花が目立ちます。虫のいない時期ですが、野鳥たちが蜜を目当てに次々と訪れています。椿の花は花びらと雄し…

ピックアップ記事

  1.  市原市出身のマジシャンPiace(ピース)として活躍する内藤淳也さん(26)。マジック界最大のジャパンカップにて、国内で最も活躍した若手マ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る