ベビー&キッズ向け 肌にやさしい手作り品

 市内在住の内田友さん(30)は、愛情を込めて小物を作る。対象は赤ちゃん、幼児とママ。「見た目だけではなく、使いやすさにこだわっています」洋服は着脱しやすく、食事用のエプロンは防水加工された布を使用。ボタンでサイズ調節もできる。2歳と4歳の息子の母親で看護師でもある内田さんが特にこだわるのは、肌に直接触れる部分が心地よく柔らかいものであること。自らの子育てには布おむつを使用、その良さを実感している。手作りの布おむつカバーの素材は無添加、無漂白のフランネル。マジックテープの周りをカットをするなど細かい配慮も忘れない。そして全て洗濯できるように縫製、素材に気を配っている。他にもりんごをモチーフにした髪どめや帽子など、シンプルだけどかわいいオリジナル品を揃えている。男児向けの柄が豊富なのも嬉しい。子どもを抱っこするママにはついつい触りたくなる、ふわふわの『ポンポンピアス』。肌触りのよい糸を混ぜて作っている。
 3歳頃から針を持ってクマのぬいぐるみにボタンを縫い付けていた。自分の洋服やカーテンなども手作りする。ベビー用品を手がけたきっかけは市販の布おむつカバーでかわいいものがなかったから。「作ることは気分転換にもなります。息子に髪飾りをつけたりして自己満足に浸ることも。作業中に子どもの相手をしてくれる夫には感謝しています」
『Guru*ぐる』という店名でネット販売を始めたのは5年前。良質な素材はコストがかかる。「お客さんは理解して購入してくれています。かわいくて安いものがすぐに手に入る時代。そんな中、敢えて使い捨てにせず、愛着が持てて長く使用できるものをこれからも作っていきたい」と笑顔で語る。千葉市・市原市を中心に様々な市場や雑貨店でのイベントに出店することも。

問合せ Guru*ぐる
http://ameblo.jp/guruguru-yuusuman

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る