ベビー&キッズ向け 肌にやさしい手作り品

 市内在住の内田友さん(30)は、愛情を込めて小物を作る。対象は赤ちゃん、幼児とママ。「見た目だけではなく、使いやすさにこだわっています」洋服は着脱しやすく、食事用のエプロンは防水加工された布を使用。ボタンでサイズ調節もできる。2歳と4歳の息子の母親で看護師でもある内田さんが特にこだわるのは、肌に直接触れる部分が心地よく柔らかいものであること。自らの子育てには布おむつを使用、その良さを実感している。手作りの布おむつカバーの素材は無添加、無漂白のフランネル。マジックテープの周りをカットをするなど細かい配慮も忘れない。そして全て洗濯できるように縫製、素材に気を配っている。他にもりんごをモチーフにした髪どめや帽子など、シンプルだけどかわいいオリジナル品を揃えている。男児向けの柄が豊富なのも嬉しい。子どもを抱っこするママにはついつい触りたくなる、ふわふわの『ポンポンピアス』。肌触りのよい糸を混ぜて作っている。
 3歳頃から針を持ってクマのぬいぐるみにボタンを縫い付けていた。自分の洋服やカーテンなども手作りする。ベビー用品を手がけたきっかけは市販の布おむつカバーでかわいいものがなかったから。「作ることは気分転換にもなります。息子に髪飾りをつけたりして自己満足に浸ることも。作業中に子どもの相手をしてくれる夫には感謝しています」
『Guru*ぐる』という店名でネット販売を始めたのは5年前。良質な素材はコストがかかる。「お客さんは理解して購入してくれています。かわいくて安いものがすぐに手に入る時代。そんな中、敢えて使い捨てにせず、愛着が持てて長く使用できるものをこれからも作っていきたい」と笑顔で語る。千葉市・市原市を中心に様々な市場や雑貨店でのイベントに出店することも。

問合せ Guru*ぐる
http://ameblo.jp/guruguru-yuusuman

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…
  2. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  3. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  4.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  5.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  6.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  7.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  8.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る