口笛でオールジャンル、自由自在!?

口笛奏者 渡辺保治さん

 9月10日(水)、市原市役所1階ロビーで行われるロビーコンサートに出演する渡辺保治さん(67)。市原市青葉台在住で、自身が楽器となって素敵な音色を紡ぐ口笛奏者である。「口笛は私にとって心の友。小学校低学年の時に父と兄の吹く姿を見様見真似で始めてから、60年の付き合い。中学生になれば、音楽で習う曲目も増える。オーソレミーヨを木造校舎の廊下で吹いたりして、気持ちがよかったのを覚えています」と渡辺さん。
 演奏する曲は童謡、抒情歌や歌謡曲から、映画音楽やクラシックまでと幅広い。ロビーコンサートでは岡野貞一の『ふるさと』、レオナルド・ローゼン・マンの『エデンの東』、ショパンの『夜想曲(作品9-2ノクターン)』などを披露する予定。渡辺さんはスピード感のある曲調が好みで、「一番のお気に入りは『ハンガリー舞曲第5番』」だとか。
 感情を込めて奏でる音色は、口笛と信じられないほどに心地良い。「口笛は心臓に一番近い楽器で、とても癒し効果がある。体調が優れないと音が出にくかったりするが、その分表現もしやすい。喜び、澄み切った感じ、しっとり感など楽器よりさらに自分を表現できると思う」と語る。穏やかな口調と人柄は、口笛がよく似合う。演奏する際に出す音は大きく、腹式呼吸のため健康に良いとも言われている。
 現在は、姉崎公民館で毎月第1・3日曜日10時からサークル『口笛教室』を開催し、講師を務めている。「『口笛教室』では、初心者も若い世代も大歓迎。60代シニアの方が多いが、最年少には小学校3年の男児もいる。全く吹けない方は、2カ月くらいマンツーマンで丁寧に指導します。2オクターブくらいの音域があるので、幅が広がってきたら徐々にみんなに加わっていただきます」と渡辺さんは説明する。『口笛教室』で演奏できるのは、抒情歌が中心。今風の曲も取り入れて、『坂の上の雲』や震災復興の歌である『花は咲く』なども練習。「そのうち、ディズニーの『アナと雪の女王』もやろうと思っている」とか。
 渡辺さんはサークル活動の他に、姉崎にある保育園や幼稚園を周って口笛を披露する機会もある。『森のくまさん』や『イッツ ア スモールワールド』を演奏、子どもたちを湧かせている。他にも平成25年度生涯学習フェスティバル、テレビ番組『ぶらり途中下車』などへの出演経験を持つ。また、2010TOKYO国際口笛音楽フェスティバル『自由曲シニアの部』では『カルメン組曲』を演奏、4位を獲得した。だが、満足はしていない。「私は少しあがり症。緊張すると肩に力が入ってしまって、半分ほどの力しか出せないことがある。この時は300人くらいの小ホールだったが、若干不本意な結果です」とちょっぴり悔しそう。自分という繊細な楽器を演奏するからこそ緊張する、それもまた口笛の魅力ではないだろうか。
 口笛上達レベルは5段階に分けられる。レベル1、頬を膨らませないで音が出せるか練習する。息の強さと唇のしぼり具合で独特の音を5秒ほど出してみる。レベル2、1オクターブの曲が吹けるように音階を広げていく。レベル3、リズムに乗って1・5オクターブの音が出せる。ここまでくれば口笛を楽しめる。レベル4では、音の抑揚や強弱が技巧的になってくる。最後にレベル5。感情を込めて吹け、聴いていて情景が浮かんでくるようになる。
渡辺保治さん「みなさんが皿を洗ったり散歩をしたりと日常生活の中で口笛吹きつつ、生活に潤いをもたらすことを目指しています。私はキーボードで音を確かめながらトレーニングするのですが、口笛のいいところは楽譜が読めなくても演奏できること」と渡辺さんは話す。また「腹式呼吸を強くするため、腹筋の練習にも励んでいる」のだとか。高音を出すのが難しかったり、長く吹くと音が割れる、速い曲だと口の周りの筋肉も疲れる。だが、上手くなれるかは個人の努力次第!
 肩の力を抜き、意識的に『あいうえお』を繰り返すことで口の周りの筋肉を鍛える。風呂場は頬もゆるみ唇がぬれている、反射率がよいことから「自分の音色を確認するのに最適な所」だという。ぜひお試しあれ。
 澄み切った空の下、散歩をしながら自由自在に口で好きな曲を演奏できたら、どんなに気持ちがいいだろう。

問合せ 渡辺さん
TEL 0436・62・5263

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  「全然当たりません。どこがいけないですか?」「どうしたらもっと飛びますか?」と、自分から熱心に質問したり、ボールを入れた籠が空になるま…
  2.  今年の梅雨前線は活発化と停滞によって、南九州に集中豪雨をもたらした。一週間で1カ月分の雨量が降ってしまった場所もあるという。地盤が多量…
  3.  ふらりと入ってきた男性が、食い入るように海の生物たちの絵画を眺めて歩き、呟いた。「水族館に来たみたいだ」。田園の美術館(いすみ市郷土資料…
  4. ハンノキ  夏の眩しい陽光を浴びて輝き、風に揺れるハンノキの葉を見ていると、どことなく風情を感じます。市内では、長年放置された休耕田や湿…
  5.  長生郡長南町在住の田邉智和さんは、昨年10月に福井県で開催された第18回全国障害者スポーツ大会『福井しあわせ元気大会』の一般卓球部門に千…
  6.  市原市バスケットボール協会は昨年度、創立50周年を迎え、8月末グランドホテルにてご来賓の方々をはじめ役員、選手と多くの懐かしい顔ぶれに大…
  7. 『オペラ』は敷居の高い芸術…。そんな一般的イメージを払拭するかのように老若男女が楽しみながら和気藹々と稽古し舞台を重ねる『勝浦歌劇団』。総…
  8. ~助けていただいた命~ 私には4人の子どもがおりますが、3番目の子どもが妊娠4カ月の頃、切迫早産で大量出血し、緊急入院したことがありました…
  9.  千葉市文化センターを拠点に稽古を行い、年に一度3月にオリジナル作品を公演している『ちばシニア劇団PPK48』。50歳以上のシニアを中心…
  10. アサギマダラ  渡りをする謎多き美しいチョウ、アサギマダラ。名前の由来は翅の模様が浅葱色(あさぎいろ)と呼ばれる青緑色と、黒い顔に白斑のマ…

ピックアップ記事

  1.  「全然当たりません。どこがいけないですか?」「どうしたらもっと飛びますか?」と、自分から熱心に質問したり、ボールを入れた籠が空になるま…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る