日本人には、やっぱり和食

 昨秋、県社会福祉協議会主催の『第41回県民福祉セミナー 小泉式 食べ物養生訓』が青葉の森公園芸術文化ホールで開かれた。講師は東京農業大学名誉教授、農学博士の小泉武夫さん。野球が好きで、今でも硬式ボールをノーバウンドでセカンドまで投げられるという元気ハツラツな71歳だ。「今日の講義を聴いた人は90歳まで元気でいられますよ」ユーモアたっぷり、わかりやすい言葉で、和食のよさを約400名の来場者に語った。
 近年の日本人には潰瘍性大腸炎、大腸ガンなど消化器官の疾患が増え続けている。中でも目を引くのが、ここ6年ほどの平均寿命番付で急激に降下している沖縄県。直接的な原因は肉の消費量の増加と野菜の消費量の減少だと考えられる。昭和20年のアメリカ合衆国による統治以降、市場では安い肉が大量に売られ、多くのステーキハウスが立ち並ぶように。スーパーでは人工色素や防腐剤の添加されたコンビーフ、ランチョンミートの大きな缶詰が並び、それらはゴーヤチャンプルーの具材として家庭の食卓にのぼる。子どもの弁当にも頻繁に使われているのが現状だ。
 では、なぜ肉の大量消費が消化器官疾患を招くのか。「日本人という民族の遺伝子と関係があるのです」と小泉さん。生活環境に対応していけるように体はつくられていく。元来、日本人が食べていたのは和食の主材となる7つ。根茎、菜、青果、山菜とキノコ、大豆、海藻に穀物だ。体が植物食に順応するようにできている。牛乳を飲み、肉を食べてきた欧米人とは遺伝子が違うのだ。にも関わらず、50年前と比べると肉の消費量は約4倍に増えている。これほど大きな食生活の変化がもたらされた国は日本だけだという。
 「でも、肉を食べないとスタミナがつかないのでは?」という人におすすめのメニューがある。江戸時代、日本橋と京都を結ぶ中山道を旅する人が宿で食していた「ひきわり納豆と油揚げを盛った豆腐の味噌汁」だ。大豆は畑の肉との別名がある通り、牛肉と大豆のたんぱく質量は変わらない。つまり肉を摂取しなくても大豆をしっかり摂れば、充分な活力源になるというわけだ。
 野菜のいいところは繊維がたっぷりだということ。体内に入っても分解されない繊維は腸を刺激すると同時によい腸内細菌を増やす。刺激された腸はぜんどう運動が活発になり、免疫細胞をどんどん作る。結果、病気になりにくい体になる。ちなみに免疫力の強い人の大便は「太くて無臭、キレがよくて、みかん色」だそう。
 だが「肉をゼロにしなさいと言ってるわけではないですよ」と小泉さん。肉を食べてもよいが、その分、野菜をたくさん食べること。理想的な肉料理は野菜をたっぷり食べられる「すき焼き」とのこと。
 「食乱れて民族滅ぶ」ことを懸念する小泉さん、「世界遺産にもなっている和食を守り、子どもたちに伝えていかなければ」と呼びかけた。来場者は「今日は納豆汁にします」、「洋食好きな家族にも同じ講演を聴いてもらいたい。和食の回数を少しずつでも増やしていきます」と話した。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  山武市本須賀海岸のほど近く、住宅街の一角に、和泉奏平美術館がある。1993年に48才と若くして逝った画家・和泉奏平の遺作を、自宅アト…
  2. ◇新型コロナで不審な電話が増加中!  県内の個人宅では、「コロナのことで調べている」という不審な電話が確認されています。市役所職員を…
  3.  2020年は「更級日記」作者・菅原孝標娘(すがわらのたかすえのむすめ)の帰京から1000年。作者は父の上総介(かずさのすけ)任務に伴い、上…
  4.  市原市内の古道に道標を作成・設置し、椎津城跡の整備に協力するなど、文化遺産啓発活動や地域行事に協力を続けている姉崎高校の生徒らが、この…
  5.  サッカー場施設の「市原スポレクパーク」は、子どもから大人までサッカー愛好家が集まる市民・県民のための施設です。広大なピッチはナイター設備を…
  6.  分蜂の季節。ニホン蜜蜂を飼っている者にとっては待ち遠しい、期待に胸膨らむ季節です。桜の花が咲いた2週間後くらいが目安で、偵察蜂が新しい棲み…
  7. 「ダメダメッ、沼の主がいるよ。行っちゃだめー」と、子どもたちが人形に向かって必死に叫ぶ。人形劇『やまなしもぎ』の一場面でのことだ。上演…
  8. ◇多発する車上荒らし、部品盗難に注意!  市原警察署管内では最近、車上ねらいやナンバープレートを狙った部品ねらいの盗難が多発していま…
  9. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…
  10.  毎年、年末は空き巣などの被害が増加する。また、今年は台風15号・19号の被害を狙った悪質商法や盗難事件等も発生しており、千葉県警察で…

ピックアップ記事

  1.  山武市本須賀海岸のほど近く、住宅街の一角に、和泉奏平美術館がある。1993年に48才と若くして逝った画家・和泉奏平の遺作を、自宅アト…

イベント情報まとめ

  1. ※イベントの開催につきまして、ご確認の上ご参加いただきますようお願い申し上げます。 ◆サークル ・よさこいチーム飛翠迅 毎(月) 19~2…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る