本の多さにビックリ 一日図書館員

夏休み恒例の企画『一日図書館員』が市原市立中央図書館で7月末に行われた。取材した30日午前の部の参加者は市内小学4年生から6年生までの8人。
 まず図書館職員からクイズ形式で教わったのは同図書館が平成3年に開館し、蔵書は約72万冊あることなど。図書を管理するラベル記号も913は日本の話、486は昆虫、Eは絵本と学び、並べ方の練習をした。さらに二人一組になって紙芝居を上演し、緊張をほぐしてカウンターへ。来館者に元気よく挨拶し、図書の貸し出しや返却を受け付ける作業をこなした。子どもたちの多くが「楽しかった」と笑顔で話したのは返却された本を書棚に戻す仕事だった。
 見学は普段は入れない書庫や事務室など。子どもたちは重い電動の書架が動くのを見て面白がったり、窓のない書庫の暗闇に少し怖がったり。4年生の男の子は「本がたくさんあった」と驚いていた。最後に館長から「よくがんばりました」と修了証が手渡されると嬉しそうに持ち帰った。
 今年7月から同図書館児童室では子どもたちに『読書手帳』を配布している。読んだ本が50冊になれば手作りプレゼントがもらえるそうだ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  東金市ではオリーブの産地化を目指し、市で公募した43軒の農家が3000本のオリーブの木を栽培している。昨年秋には台風により、収穫を控えてい…
  2.  年数回、様々な分野の講師が招かれる、袖ケ浦市教育委員会主催『市民三学大学講座』。今年2月には、第38期第4回が生涯学習推進大会の記念講演会…
  3.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…
  4.  トンボはどんな色?と尋ねると、「アカトンボ」などに歌われるような赤、オニヤンマのような黒と黄色の縞模様、シオカラトンボの粉を帯びた灰青色、…
  5.  私は水には何よりもこだわりを持っています。東日本大震災以前は、十数本の大きな水の容器を車に積み込み、実家のある福島まで月に一度、山の奥深く…
  6.  子育てのことわざで、「大きいやかんは沸きが遅い」というものがあります。小さいやかんでは、すぐにお湯が沸きますが、実は大した量ではありません…
  7.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  8.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…

ピックアップ記事

  1.  東金市ではオリーブの産地化を目指し、市で公募した43軒の農家が3000本のオリーブの木を栽培している。昨年秋には台風により、収穫を控えてい…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る