房総往来

房総往来 5
海水温の上昇
山里 吾郎

 前号で温暖化がもたらした異常気象について書いた。もう一つ、気になっていたのが海水温の上昇。漁場にどんな影響が出ているのか、ちょうどサンマの時期でもある。日本を代表する港町・銚子に出掛けてみた▼暑さ寒さも…の例え通り、ようやく県内にも涼風が吹き始めた彼岸の連休。近年、人口減や地元スーパーの撤退などマイナス情報ばかりが目立つ銚子市だが、さすがに絶好の観光シーズン、どこのスポットも多くの人出でにぎわっていた▼利根川河口沿いに第1、第2、第3と広がる銚子市場。実を言えば銚子は30~40代にかけ7年近く赴任していたなじみの地だ。休日だったため水揚げや入札を見ることはできなかったが、3市場の観光名所「ウォッセ」は人がすれ違うにも苦労するほどの人出。「捨てたものではない。本州最東端の街はまだまだ人を引き付ける魅力にあふれている」▼目当ての鮮魚を覗く。アジ、メヒカリ、ヒラメ、金目など魚種の豊富な銚子港は健在。ただ、今が盛りのサンマは数も少なく値段も高め。聞くと「まだ北海道からだよ。銚子での水揚げはいつになるか…」。海水温が高く魚群の南下が遅れていることに加え燃料費の高騰で漁場の北海道沖から銚子港までなかなか漁船が帰って来れないという▼先日、国連環境組織(IPCC)から「今世紀末には世界の平均気温が5度近く上昇、海面は最大81センチ上がる」とするデータが出されたばかり。このままでは日本沿岸の豊かな漁場も海水温の大きな変化に蹂躙されかねない、そんな危惧を抱きながら銚子を後にした。(執筆後、銚子港へのサンマ初水揚げが初めて10月にずれ込んだ、との報道があった)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  菜の花ACはスポーツの普及、振興、強化ならびに健康づくり活動の支援事業を目的に昨年10月設立。千葉県を中心として活動している。同時に陸上競…
  2.  水辺でよく見かけるアオサギ。日本で見られるサギの仲間の中で最も大型で、長い首とスラリとした足が特徴だ。体長95センチ前後、翼を広げると1メ…
  3. 「梅ケ瀬」それは広く知られた紅葉の景勝地、そして市原には珍しい、つららを始めとする氷の渓谷でもある。養老渓谷駅の先を右に回って進み大福山の下…
  4.  森の中での生活に薪ストーブは欠かす事は出来ません。木々に囲まれた生活をする理由の1つには薪で暖を取りたい事も含まれていました。木は二酸化炭…
  5.  2015年に運行を開始したトロッコ列車「房総里山トロッコ」は、土休日を中心に五井~上総牛久~養老渓谷間を走り、開放感あふれる車窓から、春は…
  6.  国の天然記念物で、国際地質科学連合IUGSが国際境界模式地(GSSP)として承認した地磁気逆転地層・チバニアン。市は多くの人が来訪し交流で…
  7.  来月2月11日(祝)千葉県文化会館で、千葉県在住のふたりの俳優による朗読劇が行われる。出演はプロダクション・タンク所属、見上裕昭さんと、文…
  8. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  菜の花ACはスポーツの普及、振興、強化ならびに健康づくり活動の支援事業を目的に昨年10月設立。千葉県を中心として活動している。同時に陸上競…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る