昆虫教室 ギンヤンマの産卵

 雑木林、池、草地と里山に近い環境のある市原市農業センターにて市原市環境監視センター主催『親子で楽しむ昆虫教室』が8月4日に開かれた。参加者は1年生から4年生までの小学生と保護者合わせて28人。まず、研修棟で講師を務めた日本野鳥の会千葉県幹事で『市原トンボ池の会』の田中義和さんから市原市北部の昆虫について説明を聞いた。
「ハチに出会ったら騒がずに静かに離れて」と注意を受けたあと、早速研修棟裏側の樹木見本園となっている山へ入った。虫取り網とカゴを手に大人も子どもも木を見上げたり、落ち葉を持ち上げたりし虫探しに夢中。カブトムシ目当てにクヌギやコナラの木を探す父親もいた。捕まえた虫を嬉しそうに見せる子どもに「これはトノサマバッタに似たクルマバッタで後羽を広げると黒い帯状の紋がある」、「セミは腹部に鳴く器官があるのがオス」と教える田中さん。休憩時間にバーベキュー広場で採った昆虫を確認すると「最近数が減っている」というマイコアカネもいて注目を浴びた。
 今回のハイライトとなったのは調整池のギンヤンマ。オスとメスがつながったまま水草に卵を産み付ける姿を田中さんが指し示すと参加者たちは集まって熱心に見つめた。「他のヤンマの仲間は連結産卵しない」そうだ。
 観察できた昆虫は20数種。研修棟にもどると参加者に同センター職員の岡本さんが「短い命を生きる昆虫と生息環境を知り、命と自然の大切さを学んで」と話した。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…
  2. 「オレオレ詐欺」「振り込め詐欺」と言われ、現在も全国で多くの被害が報告されている特殊詐欺事件。千葉県警では、これらの詐欺がまず電話でコンタ…
  3.  市原特産といえば、今が旬の梨。養老川沿いの栄養豊かな土地で大事に育てられた「いちはら梨」は、大きくて歯ごたえの良いのが特徴です。これから…
  4.  6月16日、市原市少年相撲教室が開催され、豪栄道関、妙義龍関、佐田の海関はじめ境川部屋の力士たちが会場のゼットエー武道場を訪れた。朝稽古…

ピックアップ記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る