昆虫教室 ギンヤンマの産卵

 雑木林、池、草地と里山に近い環境のある市原市農業センターにて市原市環境監視センター主催『親子で楽しむ昆虫教室』が8月4日に開かれた。参加者は1年生から4年生までの小学生と保護者合わせて28人。まず、研修棟で講師を務めた日本野鳥の会千葉県幹事で『市原トンボ池の会』の田中義和さんから市原市北部の昆虫について説明を聞いた。
「ハチに出会ったら騒がずに静かに離れて」と注意を受けたあと、早速研修棟裏側の樹木見本園となっている山へ入った。虫取り網とカゴを手に大人も子どもも木を見上げたり、落ち葉を持ち上げたりし虫探しに夢中。カブトムシ目当てにクヌギやコナラの木を探す父親もいた。捕まえた虫を嬉しそうに見せる子どもに「これはトノサマバッタに似たクルマバッタで後羽を広げると黒い帯状の紋がある」、「セミは腹部に鳴く器官があるのがオス」と教える田中さん。休憩時間にバーベキュー広場で採った昆虫を確認すると「最近数が減っている」というマイコアカネもいて注目を浴びた。
 今回のハイライトとなったのは調整池のギンヤンマ。オスとメスがつながったまま水草に卵を産み付ける姿を田中さんが指し示すと参加者たちは集まって熱心に見つめた。「他のヤンマの仲間は連結産卵しない」そうだ。
 観察できた昆虫は20数種。研修棟にもどると参加者に同センター職員の岡本さんが「短い命を生きる昆虫と生息環境を知り、命と自然の大切さを学んで」と話した。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 『市原にハワイの風を』をキャッチフレーズに活動する市原ハワイアンフラ協会は、フラダンスを通して市民との交流と市原市の活性化を図ることを目的…
  2.  小湊鐵道上総久保駅には、訪れた人を魅了する見事な大銀杏が聳え立っています(銀杏の木って市原市の木に指定されているんですよ)。  のどかな…
  3.  皆さんはラクロス(Lacross)というスポーツをご存じですか? カナダの国技と言われ、クロスと呼ばれる先に網の付いたスティックを用いてゴ…
  4. 【写真】アデレードのローズ トライアル ガーデンにて  今秋、オーストラリアで開催された世界バラ会連合の『第19回世界大会…
  5. 【写真】優勝 亡き会長の写真と  横芝光町の『スポーツGYMドリーム』のトレーナー・椎名拓也さんは、今年度のボディビル競技…
  6.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…
  7.  10月25日(火)、東金市家徳公民館にて第2回『通いの場 元気ステーションまさき』が開催された。主催の『正気地区介護予防・生活支援サービス…
  8.  再び小屋作りに夢中になっています。前回は物置小屋作りで、今回、最初のうちはゲストハウスを作る予定でしたが、いつの間にやらその意識が薄れてし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】優勝 亡き会長の写真と  横芝光町の『スポーツGYMドリーム』のトレーナー・椎名拓也さんは、今年度のボディビル競技…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る