昆虫教室 ギンヤンマの産卵

 雑木林、池、草地と里山に近い環境のある市原市農業センターにて市原市環境監視センター主催『親子で楽しむ昆虫教室』が8月4日に開かれた。参加者は1年生から4年生までの小学生と保護者合わせて28人。まず、研修棟で講師を務めた日本野鳥の会千葉県幹事で『市原トンボ池の会』の田中義和さんから市原市北部の昆虫について説明を聞いた。
「ハチに出会ったら騒がずに静かに離れて」と注意を受けたあと、早速研修棟裏側の樹木見本園となっている山へ入った。虫取り網とカゴを手に大人も子どもも木を見上げたり、落ち葉を持ち上げたりし虫探しに夢中。カブトムシ目当てにクヌギやコナラの木を探す父親もいた。捕まえた虫を嬉しそうに見せる子どもに「これはトノサマバッタに似たクルマバッタで後羽を広げると黒い帯状の紋がある」、「セミは腹部に鳴く器官があるのがオス」と教える田中さん。休憩時間にバーベキュー広場で採った昆虫を確認すると「最近数が減っている」というマイコアカネもいて注目を浴びた。
 今回のハイライトとなったのは調整池のギンヤンマ。オスとメスがつながったまま水草に卵を産み付ける姿を田中さんが指し示すと参加者たちは集まって熱心に見つめた。「他のヤンマの仲間は連結産卵しない」そうだ。
 観察できた昆虫は20数種。研修棟にもどると参加者に同センター職員の岡本さんが「短い命を生きる昆虫と生息環境を知り、命と自然の大切さを学んで」と話した。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  2.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  3.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  4.  茂原市三ヶ谷の服部農園あじさい屋敷は、2万7000㎡の敷地を擁し、山の斜面に広がる1万8000㎡に250品種、1万株以上ものあじさいが優美…
  5.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…
  6. 新型コロナ感染防止対策が長引くなか、新しい詐欺の手口が確認されています。あらためて注意し、被害を未然に防止しましょう。 ◇予兆電話、自宅訪…

ピックアップ記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る