地域に育まれた巨樹・古木の魅力を知ろう!

地域に育まれた巨樹・古木の魅力を知ろう!

 5月7日(火)、『巨樹・古木巡り(全2回)』(五井公民館主催事業)が開催され、30名が受講した。市原市の巨樹・古木を知ることで自然保護への関心を深めてもらおうと1回目は事前学習、2回目はバス研修で5月14日に開催される。
 まずは講師の樹木医鈴木輝征さんが、全国の中から選んだ巨樹・古木の写真をスクリーンに写し、特徴などを語り始めた。巨樹(巨木)とは、地上から130センチの位置での幹周が300センチ以上の樹木(胸高直径約96センチから100センチ)のことを言い、巨樹が複数生育している集団(樹林・並木)のことを巨木林という。特質は巨大さ、神秘性、歴史と風土の象徴などが挙げられ、存在した背景には永く人目に触れなかった、信仰の対象として守られた、異様な形だったので残されたなどと言われている。
また、国指定天然記念物の樹木のうち上位4位がスギ、イチョウ、クスノキ、ケヤキとなっており、千葉県では、市川市葛飾八幡宮の『千本イチョウ』、クスノキでは別名「なんじゃもんじゃの木」とも呼ばれる香取郡神崎町の『神崎の大クス』が紹介された。
 続いては、市原市の巨樹・古木。市原市の里見にある樹齢約100年のオオシマザクラが映し出された。日本の桜の在来種は、山桜、オオシマザクラ等があり、花梗(花のつく茎)の写真等を見ながら桜を観察するポイントも学んだ。飯香岡八幡宮内にある夫婦銀杏(県指定天然記念物)は、中国の原産で御神木として崇められており、市原市民の森の入り口にあるプラタナス(スズカケノキ科)は市原市で最大と言われている。荻作にある満光院にはイチョウやカヤなど80種を超す樹木がみられる。巨樹・古木は社寺に多く、地域によっては人が少なく雰囲気が暗い場所にあるという。
 近年、日本産のマツがマツクイムシで枯死してゆく中、抵抗性のあるテーダマツ(アメリカ原産)は生き残る。「名松が消えていく中、樹木医の努力で残された例もあります」と鈴木さん。現在の巨樹・古木があるのは、年月を超えて大切に守ってきた地域の人々の思いもある。観察する際は、根際の踏み固めに注意するなどのアドバイスを受けた。受講生は「市原市には知らない巨樹・古木があり、散策のしがいがあります」、「知らなかった巨木がたくさんあり驚くばかり。今度の散策が楽しみです」と話した。
 バス研修コースは、五井公民館から出発し、上総国分寺跡、上下諏訪神社、笠森観音、高滝ダム湖畔、農業センターと周り、公民館で解散となる。
鈴木さんは「実際見て感じてもらうことが大事。1度見るだけでなく、四季折々の樹木の良さを楽しんで欲しい」と語った。

問合せ 五井公民館・熊谷さん
TEL 0436・22・2121 

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る