第5回いちはら大綱引 今年も東西南北の熱い戦いが始まる!

 今年で第5回目を迎える『いちはら大綱引』。市民祭りである国府祭り内で行われ、初開催より年々参加者が増え、今では1,000名を超える秋の風物詩となりつつある。同綱引は全長150mの特注大綱を使用し、中間地点には総重量2トンにも及ぶ総檜造りの二段櫓が雄々しく構え、その櫓を引き合う。チーム構成は市原各地に古くから伝わる頼朝伝説をモチーフにしたシンボルマークを掲げた姉崎地区、南総地区、五井地区、八幡地区に分かれ、各地区の意地を賭けて250名対250名で勝負する。その迫力は圧巻の一言で、これだけの人数ともなると熱気は沿道の観客にも伝わり、勝負が決するまで歓声が飛び交う。
 二段櫓にバージョンアップや、各地区の代表者を団長とする団長制度など毎年創意工夫をしており、今年はチームTシャツの販売と大綱クーポンの配布、綱ガールの登場などを試みて、さらに彩りを加える予定。Tシャツの販売は宍倉呉服店と時田洋品店。
 現在参加者を募集中で、チラシ裏面でのFAXやホームページにて事前受付。保護者同伴であれば小学4年生から参加可能で、代表者が市内在住であればチームとして市外の人も合同参加出来る。8月31日迄が申込期日となり、定員になり次第各地区締切となるので、参加を考えているのであれば早めの申込がよさそうだ。

開催日/9月30日(土)17時30分開会式
問い合せ/いちはら大綱引実行委員会
TEL 080‐2044‐1336 小出

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る