みんなで目指すぞ、湖畔美術館!待ちに待った交流ハイキングにGO

 10月12日(日)、社会福祉法人佑啓会のふる里学舎五井(市原市福祉会館)が主催で市原湖畔美術館を目指しての『交流ハイキング』が行われた。参加者は市内から集った障がい者、ボランティア、職員を含めた約140人。ふる里学舎の薗田真さんは、「以前は市原市が主催していて通算30回目、ふる里学舎が開催するようになって4年目になります。交流ハイキングは障がい者と健常者がハイキングを楽しみながら、会話を通じてお互いの心のふれあいを深めることを目的としています」とイベントの主旨を説明する。 コースは2つ。高滝駅から湖畔美術館を目指す約1・5㎞のコースと、里見駅から同じく湖畔美術館を目指す約4㎞のコース。五井駅を小湊鉄道で出発した参加者たちは、それぞれの駅で降車する。歩く距離は、体力に自信のある人は長いコースに挑戦するというもの。取材に同行したのは1・5㎞のコースだったが、天気も良くハイキング日和!普段車で通ってしまうと目に入らない自然にも触れることが出来た。
 高滝駅を出発したのは約50人。駅を出発するとすぐに県道81号線に出る。「クイズだ!」の声に、参加者たちが足を止めた。レクリエーションも兼ねている『交流ハイキング』。電柱に貼ってある紙には、漢字を当てはめるクイズが出ていた。「こんな問題の出し方もあるんだね」、「何が入ると思う?」と盛り上がる。歩道を歩いていると、家の庭からこんもりと茂った柿の木の下で足を止めてみたり、畑の前で野菜を眺めたりと楽しみは尽きない。
「あの色は渋柿だね」と教えてくれるボランティアの声に、一様に頷く姿も見られた。
 毎年参加しているという家族は、「去年は暑くて仕方がなかったけれど、今年は気持ちがいい。うちの子はてきぱきしているから、歩くのが速くな
ってしまう。里見駅からのコースでも良かったけれど、もし歩けなくなった場合が心配だった」と話す。ついつい気分が良くて速くなる足並みも、同じ班の人に合わせてゆったりとしたものに変わる。手を繋いだり、空を見上げたり。話し声に混じって、笑い声も響く。線路を渡って高滝小学校の前を通れば、高滝湖が広がる。途中で見つけるクイズの答えを考えながら、全員が歩幅を合わせる。
 ふる里学舎の職員である荒木正樹さんは、「途中で具合が悪くなった人たちのために、車が並走していました。ただ、今年は去年歩けなかった人も最後まで歩けたのでとてもよかったです。他にも工芸教室や視覚障がい者の交流会、調理会など行っていますが、交流ハイキングは一番のイベントではないでしょうか。私自身とっても楽しみでした!」と笑顔を見せる。
 満足げな表情を見せているのは荒木さんだけではない。ゴールした瞬間に、「とっても嬉しいです!」と声高に叫んだ少女に、周囲が拍手する場面も。また、「今までずっと1.5㎞に参加してき
たけれど、来年は里見駅に行ってみようかな」と野望を漏らす声もちらほら。4㎞のコースも見事全員がゴール。薗田さんも、「途中で花や木を見ながら楽しくハイキングできました。小さく山にな
っている場所では、大きな蜂の巣も発見したりして、驚きもありました。普段見られないみなさんの顔も見られたのでとても満足しています。いい余暇支援になったのではないでしょうか」と語った。お昼を食べながらも、薗田さんに「本当にあれは蜂の巣だったのかな。でかかったな!」と話しかけてくる参加者もいて、終始話題につきなかったのではないだろうか。
 昼食ではお茶と豚汁がふるまわれ、4つの問題をクリアした参加者にはふる里学舎木更津で作られたラスクがプレゼントされた。『交流ハイキング』参加者という札を付けていれば、湖畔美術館の鑑賞も無料で出来てしまう特典に、昼食を終えた人たちはいそいそと館内へと足を進める。その後、広場ではギターバンドである『はるもっこ☆』のミニコンサートが開演。オリジナルソングや『上を向いてあるこう』など約30分の演奏に、手拍子が高まる。紅葉シーズンにはちょっぴり早かったかもしれないが、草木や音楽、絵画に触れるといういい芸術の秋を堪能できたのではないだろうか。

問合せ ふる里学舎五井 
TEL 0436・23・1331

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  大網白里市在住の大森良三さんが長年描いてきた作品を飾る小さな美術館が昨年9月、同市ながた野にオープンした。そこは私設『よこい美術館』。永田…
  2.  茂原市の東部台文化会館において昨年7月~11月、同館主催の『公式ワナゲ教室』が開催された。教室は全8回、新型コロナウィルス感染拡大の影響で…
  3.  この4年間、ハーブを使った料理を中心に話をしてきました。以前にもこのコラムの中で述べましたが、人類の誕生以来、ハーブは薬草として日常の生活…
  4.  明けましておめでとうございます。昨年は、新型コロナウイルスが猛威を振るい、世界は一変しました。暗いニュースが多い一年でしたが、新しい年を迎…
  5.  大多喜町は、徳川四天王の1人で近世大多喜城初代城主となった本多忠勝によって整備された城下町だ。大多喜城とその城下町に多く残された古い家並み…
  6.  今月1月24日(日)、夢ホールプレゼンツ『新春ドリームコンサート』が夢ホール(市原市更級)にて行われます。第1部は平安時代の文学作品の朗読…
  7.  ホキ美術館は世界初の写実絵画専門美術館として2010年11月3日、千葉市緑区に開館。10周年を記念して、5月16日(日)まで『ベストコレク…
  8.  パラパラとキノコの図鑑を見ていると、様々な変わった形のものが出てきます。へー面白いなぁと名前を見て、妙に納得してしまったのがこのカブラテン…
  9.  大多喜町の『大多喜食品工房』は、地元特産のシイタケやタケノコを幅広く販売している。昨年11月9日、同社社長の千葉貞郎さんには木更津市渡辺芳…
  10.  パークゴルフは1983年(S58年) 北海道幕別町の公園で発祥したスポーツです。クラブ1本で、ボールをティーグランドからプレーしてカップに…

ピックアップ記事

  1.  大網白里市在住の大森良三さんが長年描いてきた作品を飾る小さな美術館が昨年9月、同市ながた野にオープンした。そこは私設『よこい美術館』。永田…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る