ふるさとビジター館 晩秋に咲く 里山のリンドウ

 草刈りが定期的に行われている里山にリンドウの花が咲いていた。図鑑で見かける直立した姿と異なり、崖から垂れ下がるように生える姿は、市原というより千葉県のリンドウの特徴。
 リンドウ科リンドウ属の多年草リンドウ(竜胆)の花は、長さ5センチぐらいで青紫色の筒状鐘形。茎の先葉腋に付き、晴天の時だけ開く。花冠の先は5裂、裂片の間には副片、内側には茶褐色の斑点がある。無柄の葉は対生で茎を抱き、卵状披針形。
 リンドウ属につる性のツルリンドウという種類がある。県内での分布は限られ、生育が少なく、花の色は白系の淡紫色。市原の植生の多様性か、垂れ下がるリンドウはツルリンドウによく間違われる。
 漢方ではリンドウを『りゅうたん』と呼び、根を乾燥して生薬にする。根を噛むと強い苦味があり、動物のクマの胆嚢を乾燥した熊胆(のうたん)より苦いから、竜の胆として、竜胆(りゅうたん)の名前がついた。葉が細いほど苦味が強いとか。
 リンドウのように丈の低い野草は、草丈が低い状態に保たれていないと目にすることができない。かといって、伸びはじめたリンドウの芽まで刈り払っても駄目。里山を蘇らせる保全の要諦は刈らずに残す野草と刈る野草をしっかり区別すること。リンドウが咲く景色で里山保全の苦労をうかがい知ることができる。
 ときには12月まで見られることもある。立ち止まり、下だけでなく上までゆっくり眺めれば、出合える野草の種類も増える。離れた所は、双眼鏡で眺めるのもよい。市原の自然は豊かなのだから。

ナチュラリストネット/野坂伸一郎

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  石粉粘土工房『花ごよみ』を主宰する澤田節子さんは、茂原市緑が丘在住。自宅兼工房には石粉粘土で作った色とりどりの作品が飾られている。石粉粘…
  2.  7月21日(日)、市原市根田にある西光寺では夏休み寺子屋企画として『飴ふうせん体験』が行われた。参加したのは大人と子どもあわせて50名。…
  3.  認知症の人や家族、支援者、一般の人たちが、リレーをしながら一つのタスキをつなぎ、北海道から沖縄へと日本を縦断していくイベント『RUN伴』…
  4.  少子化が進む日本で、直面している問題は数多(あまた)ある。学校業界の中でも顕著に表れているのが部活動で、プレーをするのに必要なメンバー数…

ピックアップ記事

  1.  石粉粘土工房『花ごよみ』を主宰する澤田節子さんは、茂原市緑が丘在住。自宅兼工房には石粉粘土で作った色とりどりの作品が飾られている。石粉粘…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る