我が家をハンドメイド作品で可愛く飾るために

 10月29日(水)、三和コミュニティセンターで『干支の小物作り』が開催された。来年の干支は羊。参加者15名は、11月12日を含めた2日間で羊とリースとツリーを完成させる。「時間がかかるので、あちこち手をつけるのではなく、今回は羊を作ります。オーナメントの羊は、ツリーに変えるだけで雰囲気はがらりと変わります。着せ替えリースといい、玄関のドアに飾っても四季を楽しめますね。年賀状の写真に使ったり、お友達にプレゼントしても素敵です」と話すのは、講師の田口雅子さん。
 羊の作り方は以下。まず、台布へ羊の図案を写し、白いシール布と重ねて返し縫いをする。返し口として、おしりの部分を縫い残しておく。縫い代(しろ)は裁ちそろえて、カーブの部分へしつけをかけて丸く縮める。表に返し、つめ綿をして口を閉じると身体が完成。「間違えて切ると大変なのでハサミを持ったら慎重にやりましょう」など、途中に田口さんの指示が飛ぶ。
 参加者は確認のために次々と田口さんの元へ駆け寄るなど終始なごやかな様子で講座は後半へ。重要な顔作りだ。「羊っぽく顎を細くしたいのに、どうしても顔が丸くなっちゃう」、「耳の折り方ってこれでいいんだっけ」、「足の丸め方はどうやるの?」など、レベルの高い内容に奮闘する参加者たち。田口さんは、「顔の形は目の位置と付け方で変化可能です」と何度も実践をして見せた。「とっても楽しかった」と口々に漏らす参加者たちは、次回までのミシン縫いの宿題を手に素敵な笑顔を見せた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…
  2. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  3. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  4.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  5.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  6.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  7.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  8.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る