房総往来 あれから40年…

山里 吾郎

 漫談家の綾小路きみまろさんを書くわけではない。40年というちょっと半端な歴史が、取材記者だった自分の足跡にオーバーラップしてくる。そんな想いもあって開館40周年の特別企画展を開催中の千葉県立美術館(千葉市中央港)を訪ねた▼開館は1974(昭和49)年。当時、千葉市の臨海部は大気汚染をめぐる公害問題が深刻化、「文化の拠点を建築する場所としていかがなものか」。立地をめぐって反対意見も強かった▼71年に入社、社会部の中で教育庁と併せ公害問題も担当していた新人記者は立地論議を何回か取り上げた。事実、一度は千葉公園に内定、体育館移転で頓挫した後も農林省畜産試験場跡地(現青葉の森公園)などが候補に挙がった。しかし国との調整やコスト面などを考慮、最後は現在地に落ち着いた▼開館後も埋立地特有のアクセスの悪さなど運営は決して順風満帆ではなかった。千葉県ゆかりの作家など特別展は話題を集めることも多かったが常設の集客では苦戦した。もちろん明治期を代表する洋画家・浅井忠の作品収蔵など全国に誇れる業績も残している▼今回の40周年特別展(3月22日まで)では日本画家の巨匠・平山郁夫を取り上げている。仏教伝来の軌跡を求めて極寒のヒマラヤ、酷暑のタクラマカン砂漠など長い年月をかけ、シルクロードを旅した平山。生涯、現場主義を貫いたその作品群は壮大なスケールと重厚さで観る人に迫る▼さらに県立美術館は耐震工事のため2年間、休館していた。こうした美術ファンの渇望もあって再開館の出足は盛況だ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 『市原にハワイの風を』をキャッチフレーズに活動する市原ハワイアンフラ協会は、フラダンスを通して市民との交流と市原市の活性化を図ることを目的…
  2.  小湊鐵道上総久保駅には、訪れた人を魅了する見事な大銀杏が聳え立っています(銀杏の木って市原市の木に指定されているんですよ)。  のどかな…
  3.  皆さんはラクロス(Lacross)というスポーツをご存じですか? カナダの国技と言われ、クロスと呼ばれる先に網の付いたスティックを用いてゴ…
  4. 【写真】アデレードのローズ トライアル ガーデンにて  今秋、オーストラリアで開催された世界バラ会連合の『第19回世界大会…
  5. 【写真】優勝 亡き会長の写真と  横芝光町の『スポーツGYMドリーム』のトレーナー・椎名拓也さんは、今年度のボディビル競技…
  6.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…
  7.  10月25日(火)、東金市家徳公民館にて第2回『通いの場 元気ステーションまさき』が開催された。主催の『正気地区介護予防・生活支援サービス…
  8.  再び小屋作りに夢中になっています。前回は物置小屋作りで、今回、最初のうちはゲストハウスを作る予定でしたが、いつの間にやらその意識が薄れてし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】優勝 亡き会長の写真と  横芝光町の『スポーツGYMドリーム』のトレーナー・椎名拓也さんは、今年度のボディビル競技…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る