キレイな私への第一歩

 1月22日に成東中央公民館で『ポスチュアウオーキング講座』5回シリーズの第1回目が行われた。参加者は17名。ポスチュアとは英語で「姿勢」という意味で、正しい姿勢で立ち、歩くことにより美しく格好いい自分を目指そうというもの。
「以前は、身長が高く太っていたことがコンプレックスでした。猫背で歩いていたのが、10年ほど前に同ウオーキングと出会い、人生が変わりました」と優しい語り口調で話すのは講師、岡野真美さん。176センチの長身で抜群の美姿勢を持つ『(一社)ポスチュアウォーキング協会』認定のスタイリストだ。 
 最初に、受講前と後の変化を把握するため、一人ひとり立った姿勢の写真と歩く動画を撮影し、現在の状態をチェックした。 
 理想的な歩き方は、頭を背骨に乗せ、肩甲骨を寄せて胸を張り、肩の力を抜く。お尻の穴を締めて踵で床を押す。背中、太ももやふくらはぎの後ろを意識することが大切。
 体操をした後、壁に頭、肩、背中、お尻、踵をつけ、つま先は足のこぶし1個分の角度に開いた状態で立ってみた。腰の後ろに手を入れて手のひら1枚分入るくらいがベスト。そして、その姿勢を保ったままで歩く。「キレイに立って歩くことは全身運動。腹筋、背筋、太ももなどの筋肉も鍛えられます」と岡野さん。
 講堂の端から端まで往復し、最後は鏡に向かって歩いてみた。「キレイ!」自分の姿、他人の姿を見て参加者の口から思わず出た言葉。明らかに講座前とは異なる姿に表情も明るくなってきた。「夫や子どもから『歩き方がおかしい』と言われて」、「介護されなくてもすむように」、「いつまでも若々しくいたい」などの理由で参加した皆さん、「軽くなった気分」、「楽しくなってきた」と笑顔で話した。5回目の講座終了後が楽しみだ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 宝林寺住職 千葉公慈さん  2月3日(日)、市原市立南総公民館で行われた『生き活き大学公開講座』。講師の駒沢女子大学の教授で、市内宝林寺の…
  2.  異常気象や地震などで、全国各地に災害が発生している近年。特に2011年3月11日によってもたらされた東日本大震災は、未だに鮮明に記憶して…
  3. 市原市ラグビーフットボール協会  市原市ラグビーフットボール協会は、昭和41年に設立、今年で54年目を迎えます。当協会の歴史は、日本経済…
  4.  毎月第4月曜日に五井公民館でふれあい子育てサロン『子育て会1・2・3(ワンツースリー)』が開催されている。未就学前の乳幼児と親たちを対象…

ピックアップ記事

  1. 宝林寺住職 千葉公慈さん  2月3日(日)、市原市立南総公民館で行われた『生き活き大学公開講座』。講師の駒沢女子大学の教授で、市内宝林寺の…
  2.  異常気象や地震などで、全国各地に災害が発生している近年。特に2011年3月11日によってもたらされた東日本大震災は、未だに鮮明に記憶して…

イベント情報まとめ

スタッフブログ

ページ上部へ戻る