命を守る音楽隊 ハロー・ファイアマン

 火災予防週間にあたる3月6日、菊間コミュニティ・保健福祉センターにて第34回ロビーコンサート『ハロー・ファイアマン』が開かれた。演奏をしたのは市原市消防音楽隊。ロビーには農作業を中断して来場した女性、毎回写真を撮って出演者に渡すという男性など100名以上の聴衆が集まった。
 最初の曲は火災現場に向かう消防車をイメージした行進曲。『救急車の適正な利用にご協力を』などと書かれたプラカードを掲げ、人気アイドルグループAKB48の『こころのプラカード』も演奏した。消防車で応援に駆け付けた八幡消防署員からは「昨年、市内で火災は119件あった。大切な命を守るため寝室や階段に煙式住宅用火災警報器を取り付けてほしい」との呼びかけ。聴衆は忙しい職務の合間に練習してきた隊員たちに大きな拍手を送った。60代の女性は「素晴らしい演奏。家の警報器の電池を確認したい」と話していた。
 全員揃うと24名になる隊員のほとんどは入局してはじめて楽器を持つ。終了後きびきびと後片付けをしていた、トランペットを担当する27歳のレスキュー隊員は、当直明けにコンサートに駆け付けた。「普段の訓練とは違う新しいことに挑戦でき楽しい」とのこと。隊長で指揮をする馬場洋一さん(51)は「幼稚園、福祉施設などで演奏してきた。音楽を通じ、防災、火災予防の啓発活動をしたい」と頼もしく語る。ただし、人命救助が最優先。音楽隊の活躍には出動要請のない安心、安全な街であることが前提だ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年6月、市原市糸久に自身の作品を常設した『ikuiro gyallery』をオープンしたのは、画家の中山育美さん。「1年半ほど杉並区の…
  2.  手口も多岐にわたり、被害が増え続けている「電話de詐欺」。昨年、全国で親族をかたるオレオレ詐欺被害に関する調査が行われた。対象は、被害者…
  3.  毎月第1日曜のみ。大多喜町の小さなチーズ工房【千】sen の営業日だ。「ひとりで作る数には限界がある。量を増やして質が落ちたりしたら本末…
  4. パスカルの原理(化学の力)を利用したおもちゃを作ったり、スライムづくりに興じたり。8月17日、小学生を対象にyouホール(市原市勤労会館・…
  5.  鹿児島県出身で、市原市美術会・市原市文化団体連合会を設立し、フランスの近代美術館やイギリス王室にも作品が所蔵されている日本画家、故・古城…
  6. 今も健在、観音掘りトンネル  日本には古来から「観音掘り」と言うトンネルの掘削工法があり、将棋の駒に似た上部の尖った形状をしています。トンネ…
  7.  市原市の上総更級公園を中心に開催される『上総いちはら国府祭り』は、今年で第9回を迎える。10月5日(土)、6日(日)の両日に渡って開催時…
  8.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  9. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  今年6月、市原市糸久に自身の作品を常設した『ikuiro gyallery』をオープンしたのは、画家の中山育美さん。「1年半ほど杉並区の…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る