ダンスや運動経験なしでも楽しめる世界中が注目のエクササイズ『ZUMBA(ズンバ)』

 ここ数年、日本でも人気急上昇のダンスフィットネスエクササイズ『ZUMBA』。ダンスといっても、皆とステップを合わせる必要もなく、自分のペースで、自分ができる形で楽しめるもの。だから、ダンス未経験者や、スポーツが苦手という人でも気軽に始められる。更に最大の人気理由は、フィットネスの効果として、速いリズムと遅いリズムの曲を組み合わせたインターバルトレーニングにより、1時間で最大1000kcalの脂肪燃焼が見込まれ、心肺機能も向上し、主要な筋肉の強化なども期待できるといわれていること。
 1990年代に、コロンビア出身のカリスマフィットネスインストラクター「ベト・ペレス」により考案され、現在、185カ国、1400万人が楽しんでいるという、今注目のZUMBAの教室がサンプラザ市原の3階ジョイスタジオでスタートした。同時に『ファイトアタックBEAT』教室も開講。これは、従来の定番エクササイズだけでなく、今流行っている老若男女、経験を問わず多くの市民が楽しくストレス解消・運動不足を解消できるフィットネスプログラムをと考え、セントラルスポーツとの提携で始められた新しい取り組みだ。
 5月13日に開講したZUMBAの教室。今後は、毎週水曜日の10時から10時50分までと、新たに毎週金曜日の12時30分から13時20分まで教室は開かれる。利用料は1回500円(レッスン時間、着替え等も含め2時間まで利用可。フィットネスジムをレッスン前後に利用できる)。教室が開かれる3階券売機でエアロビクス利用権を購入(回数券利用も可)。定員20名(先着順で締切)。参加希望者は当日受付を。予約は受け付けていない。
 取材当日は開講2回目。今回20名の参加者の顔ぶれは20代からシニアまでと幅広い。50分間の教室はマンボやサルサ、サンバなど陽気なラテン系の音楽が流れ、最初はぎこちない動きだった参加者は曲が進むにつれ、自然と弾けるような笑顔になり、講師の熊谷かすみさんの動きに習い、リズムにのり身体を動かしていた。1曲目のウオーミングアップと11曲目のクールダウンまで曲間に水分補給と汗を拭いたりのわずかな時間はあったものの、ほぼノンストップ状態で終了。皆、頬を紅潮させ、瞳を輝かせて満足げな様子。
 感想を聞いてみると、「1曲が短く編集されてるからか、色々な音楽に合わせて身体を自由に動かせて楽しかった!」、「ダンスと言ってもステップが正確でなくてもよく、皆それぞれが自分なりにやってるのが気楽で良かった」と、多くの参加者は体験終了後もZUMBAを続けていきたいと答えた。講師の熊谷さんは「運動経験のない人でもZUMBAは、見様見真似で楽しめる。動きについていけなくてもOK。身体を動かし続けるので、汗をかき爽快感も得られる」と話す。
 気軽に好きな時にワンコインで参加できる教室。是非、この夏、話題のフィットネスを試してみては。

問合せ サンプラザ市原
TEL 0436・24・1151

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  時は江戸時代、夏の夜の牛久・八坂神社。ピーヒャラドンドコ祭囃子の音、行き交う若衆の活力みなぎる声、浴衣姿の祭り好きな人たちで、参道はさ…
  2. フォレストアドベンチャー・千葉 冒険の森のアクティビティ!  千葉市若葉区・泉自然公園内にある、フランス発の森林冒険施設。自然の立木の…
  3.  山武市のさんぶの森中央会館音楽室は、壁一面の窓から望む森の緑が美しい。この音楽室を拠点に、毎月第2・第4日曜日にコカリナの練習を行って…
  4.  市原警察署のロビーには現在、カラフルな掲示板と七夕の笹飾りが登場、来署した人たちの目を引いている。掲示されているのは市民から公募した川…
  5.  「全然当たりません。どこがいけないですか?」「どうしたらもっと飛びますか?」と、自分から熱心に質問したり、ボールを入れた籠が空になるま…
  6.  今年の梅雨前線は活発化と停滞によって、南九州に集中豪雨をもたらした。一週間で1カ月分の雨量が降ってしまった場所もあるという。地盤が多量…
  7.  ふらりと入ってきた男性が、食い入るように海の生物たちの絵画を眺めて歩き、呟いた。「水族館に来たみたいだ」。田園の美術館(いすみ市郷土資料…
  8. ハンノキ  夏の眩しい陽光を浴びて輝き、風に揺れるハンノキの葉を見ていると、どことなく風情を感じます。市内では、長年放置された休耕田や湿…
  9.  長生郡長南町在住の田邉智和さんは、昨年10月に福井県で開催された第18回全国障害者スポーツ大会『福井しあわせ元気大会』の一般卓球部門に千…
  10.  市原市バスケットボール協会は昨年度、創立50周年を迎え、8月末グランドホテルにてご来賓の方々をはじめ役員、選手と多くの懐かしい顔ぶれに大…

ピックアップ記事

  1.  時は江戸時代、夏の夜の牛久・八坂神社。ピーヒャラドンドコ祭囃子の音、行き交う若衆の活力みなぎる声、浴衣姿の祭り好きな人たちで、参道はさ…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る