音信山への想い

遠山あき

 田淵を故郷として住むようになってから、すでに七十年あまりになる。今はこの山村がこの上ない住みよい場所になっている。しかし、千葉市からここに住むようになった最初の頃は、心細いことと、慣れない農村の環境に馴染めず、眠れない夜が続いた。少しうとうとする頃は、もう明け方だった。朦朧とした意識の中で、夜明けの空を啼き渡る鳥の声を度々聞いた。哀調を含んだ啼き声が裏山から川を渡って向こう山へ飛び去る。じっと聞いていると、自分が淋しかったからだろうか? 悲しい叫びに聞こえて、時々は秘かに涙ぐむことさえあった。あの鳥はなんという鳥だろう? その頃、教員をしていた私は年配の先生に聞いてみた。
「テッペンカケタカと鳴くあれは、昔から短歌や俳句等に詠われている名高いホトトギスですよ。養老川の西方に続いている音信山に昔からたくさん棲んでいて、永久三年(一一一五)の頃に詠まれたとして夫木和歌抄に二首載っています。ですからその鳥は千年近くも前からいたのです。今もよく啼き声を聞きますね」
 この時、ふと思い出したのは「啼いて血を吐くホトトギス」という句だった。中国の古い話が元と言われるが、一方で、亡き母を慕って啼く、という意味もあるのだと聞いたことがある。ホトトギスには託卵という習性があって、自分で生んだ卵を温めず、他の鳥に温めてもらう。生まれたばかりの雛は、他の卵があれば巣の外へすべて蹴りだし、それを知らない仮親の鳥は、自分の子としてせっせと餌を運んで食べさせる。やがてホトトギスの雛は仮親より大きくなり、餌を食べること食べること。いくら仮親が運んでも足りずギャーギャー啼きわめく。餌を集めきれなくなった仮親は、力尽き血を吐いて死んでしまう。ホトトギスの雛は死んだ仮親を探して、泣きながら飛び回るのだと。
 哀れな話だと心が痛んだものだ。そこで、我が子の存在が煩わしくなって餓死させてしまう人間の実の親もいることに思い至った。複雑な想いに襲われて、感慨深くホトトギスの啼き声に聞き入った。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る