ストレスを笑いで吹き飛ばせ!人生楽ありゃ苦もあるさ

桂 米助さん講演会 in茂原

 9月5日(土)、茂原市市民会館では、落語家の桂米助さんによる講演会『笑いのある人生』が開催され、大ホールは訪れた約700人の人々でいっぱいになった。主催者の房総信用組合の理事長である白井和さんは、「地域に根差した社会貢献イベントの一環として講演会を行っています。景気は上向きだと言われていますが、まだまだ地方はそれを実感できてはいません。そんな中、日々の生活に必要なのは『笑い』です!今日は思い切り笑ってください」と話した。
 市原市出身の桂米助さんは、昭和23年生まれ。市原高等学校を卒業後、1967年に桂米丸さんに弟子入り。そして14年後、33歳の時に真打に昇進した。『笑っていいとも!』や『ためしてガッテン!』などの番組への出演歴や、『深夜便 落語100選』のラジオ放送だけでなく、映画やCMの多岐に渡って活躍する米助さんだが、最も有名なのが『突撃!隣の晩ごはん』ではないだろうか。
 同講演では、そんな米助さんの『食』に関する様々な話が披露された。「食は人を良くすると書きます。長命の『あいうえお』は、味付けを薄く、色々な食材を使って、適度な運動をしつつ、栄養のある、美味しい食事をすることが秘訣とされています。日本で一番長生きの県はどこでしょう?」との問いかけに、会場からはすぐに「長野県!」との答えが。
 小笠原諸島以外、日本全国津々浦々の食卓を覗いてきた米助さんの、テレビでは知ることのできない裏話を交えた軽快なトークに、来場者がテンポよくドッと笑う。30年続いた『突撃!隣の晩ごはん』で訪れた家はおよそ6千軒。一番多く食卓に並んでいたおかずや漬物が何か、分かるだろうか。
 近年、評論家によると日本の米の消費量は減少していて、日本人が米を食べないと問題視されている。だが、「日本人だって、ちゃんとお米を食べています。6千軒の中で、夕食にパンを食べていたのは3軒のみ。他は、ご飯か麺でした。農作業などの体力仕事が減ったことや、おかずの品数が増えた分、お米の量を調整しているだけです」と、確かにその目で見てきたデータに基づいて力説。それよりも、「子どもたちが食べる物は柔らかく、大脳に刺激がいかない。小さなことにキレたり、世界間で比べた学力が低下している。顎を強くした方がいい」と問題視した。
 他にも、『煮物』や『煮つけ』、『おにしべ』の区別、海外と違って日本は1つの食材を煮る・焼く・刺身のまま・干す・蒸す・揚げるなど何種類もの調理をして楽しむことができると説明。加えて、「出汁の味が分かるのは日本人だけ。器にも、盛り付けにもこだわる。こんな食事を毎日作っている日本の奥さんは最高!」と告げると、さらに会場が湧いた。
 だが、しばしばフランス料理や中華料理が世界一と推奨されることもあり、日本人でも海外の食へ傾倒する意識がないわけではない。決して、それが悪いことではないが、米助さんは警鐘を鳴らす。「暑いとクーラーを入れるのが文明。打ち水をして涼しさを五感で楽しむのは文化。ホッと心が安らぐ日本らしさ、食に限らずとも、文化は一度消えると復活させるのに倍の時間や労力、お金がかかります」。文明が発達すれば脳は衰え、人間同士の心が離れていくかもしれない。「言葉を知らない若者は多く、物の価値も変化しているので落語や時代劇をやるのが難しくなっているんです。これらを無くさないために、ぜひ子どもやお孫さんに色んなことを教えてあげてください」と米助さん。茂原市在住の宮内千佳子さんと清子さんの義姉妹は講演後、「とっても面白く、よく笑いました。知識と知恵がよく織り込まれていて、勉強になりました。私は長野出身なので、故郷の話題も出て嬉しかったです」と満足そうに話した。
 『食』以外にも、『落語』や『地方で起こった訛りによる誤解』、『弟子入りしたばかりの頃の失敗談』など次々と湧き出る面白い話が1時間半。来場者には、とっても良いストレス解消になったのではないだろうか。ちなみに、食卓に並ぶメニューのナンバー1はカレー。漬物のナンバー1はキムチだとか。あら、意外!?

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  「全然当たりません。どこがいけないですか?」「どうしたらもっと飛びますか?」と、自分から熱心に質問したり、ボールを入れた籠が空になるま…
  2.  今年の梅雨前線は活発化と停滞によって、南九州に集中豪雨をもたらした。一週間で1カ月分の雨量が降ってしまった場所もあるという。地盤が多量…
  3.  ふらりと入ってきた男性が、食い入るように海の生物たちの絵画を眺めて歩き、呟いた。「水族館に来たみたいだ」。田園の美術館(いすみ市郷土資料…
  4. ハンノキ  夏の眩しい陽光を浴びて輝き、風に揺れるハンノキの葉を見ていると、どことなく風情を感じます。市内では、長年放置された休耕田や湿…
  5.  長生郡長南町在住の田邉智和さんは、昨年10月に福井県で開催された第18回全国障害者スポーツ大会『福井しあわせ元気大会』の一般卓球部門に千…
  6.  市原市バスケットボール協会は昨年度、創立50周年を迎え、8月末グランドホテルにてご来賓の方々をはじめ役員、選手と多くの懐かしい顔ぶれに大…
  7. 『オペラ』は敷居の高い芸術…。そんな一般的イメージを払拭するかのように老若男女が楽しみながら和気藹々と稽古し舞台を重ねる『勝浦歌劇団』。総…
  8. ~助けていただいた命~ 私には4人の子どもがおりますが、3番目の子どもが妊娠4カ月の頃、切迫早産で大量出血し、緊急入院したことがありました…
  9.  千葉市文化センターを拠点に稽古を行い、年に一度3月にオリジナル作品を公演している『ちばシニア劇団PPK48』。50歳以上のシニアを中心…
  10. アサギマダラ  渡りをする謎多き美しいチョウ、アサギマダラ。名前の由来は翅の模様が浅葱色(あさぎいろ)と呼ばれる青緑色と、黒い顔に白斑のマ…

ピックアップ記事

  1.  「全然当たりません。どこがいけないですか?」「どうしたらもっと飛びますか?」と、自分から熱心に質問したり、ボールを入れた籠が空になるま…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る