プールなんてへっちゃらだい!

 4歳から未就学児を対象に開かれた(公財)市原市地域振興財団主催(協力㈱パティネレジャー)の『水慣れ教室』。市原緑地運動公園内の臨海プールから、子どもたちの元気なはしゃぎ声が聞こえた。7月から8月にかけて4回行われ、取材した7月29日には21名の幼児が参加。コーチの須賀昌広さんとアシスタント6名が安全面に気を配りながら子どもたちに楽しく優しく声をかけ、ゆっくり水の中へと誘導した。
 プールは初めてという人が多く、準備体操時には緊張した面持ちの子がほとんどだった。だが、足から少しずつ水に触れていき、手、肩、頭、顔と水を自分でかけていくうちに笑顔が出てくるように。「勇気を出すと何でもできるんだよ」須賀さんが呼びかけると、おそるおそる顔を水につけることにチャレンジ。「できた!」誇らしげに微笑み、勢いづいた子どもたちは壁につかまってのバタ足や水上玉入れにも熱が入る。わずか1時間で明らかに変化した子どもたち。自信がつき、キラキラした表情で教室は終了した。顔を水につけられなくて、と参加した4歳児の母親は「周りに友達がいると思い切ってやってくれる。とても楽しそうでした」と満足した様子だった。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…
  2. 「オレオレ詐欺」「振り込め詐欺」と言われ、現在も全国で多くの被害が報告されている特殊詐欺事件。千葉県警では、これらの詐欺がまず電話でコンタ…
  3.  市原特産といえば、今が旬の梨。養老川沿いの栄養豊かな土地で大事に育てられた「いちはら梨」は、大きくて歯ごたえの良いのが特徴です。これから…
  4.  6月16日、市原市少年相撲教室が開催され、豪栄道関、妙義龍関、佐田の海関はじめ境川部屋の力士たちが会場のゼットエー武道場を訪れた。朝稽古…

ピックアップ記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る