プールなんてへっちゃらだい!

 4歳から未就学児を対象に開かれた(公財)市原市地域振興財団主催(協力㈱パティネレジャー)の『水慣れ教室』。市原緑地運動公園内の臨海プールから、子どもたちの元気なはしゃぎ声が聞こえた。7月から8月にかけて4回行われ、取材した7月29日には21名の幼児が参加。コーチの須賀昌広さんとアシスタント6名が安全面に気を配りながら子どもたちに楽しく優しく声をかけ、ゆっくり水の中へと誘導した。
 プールは初めてという人が多く、準備体操時には緊張した面持ちの子がほとんどだった。だが、足から少しずつ水に触れていき、手、肩、頭、顔と水を自分でかけていくうちに笑顔が出てくるように。「勇気を出すと何でもできるんだよ」須賀さんが呼びかけると、おそるおそる顔を水につけることにチャレンジ。「できた!」誇らしげに微笑み、勢いづいた子どもたちは壁につかまってのバタ足や水上玉入れにも熱が入る。わずか1時間で明らかに変化した子どもたち。自信がつき、キラキラした表情で教室は終了した。顔を水につけられなくて、と参加した4歳児の母親は「周りに友達がいると思い切ってやってくれる。とても楽しそうでした」と満足した様子だった。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…
  2. 「人生100年時代、どうやったら幸福な終活の日々を送れるのか。そのひとつとして、ヨーロッパで人気の体験・滞在型農園の菜園版的な、交流できる…
  3.  平成22年度から毎年、千葉県内各地で公演を行っている『おやこ de オペラ』。年齢制限を設けず0歳の子どもから入場でき、子どもたちが舞台に…
  4.  最近、市原市内の小湊鐡道沿線で、白と緑色の気動車が走っているのをご存じでしょうか。  この車両は、キハ40といい、小湊鐡道が2020年に…
  5.  夏鳥として本州以南にオーストラリアなどから渡って来るコアジサシ。全長26㎝程、体と尾は白色で、背と翼上面はうすい灰色、頭部はヘルメットをか…
  6.  とうとうアロエベラを買ってしまいました。ずっと気になっていた植物のひとつで、いつかは欲しいと思っていたアロエの仲間です。昔はどこの家庭にも…
  7.   富里市七栄にある国登録有形文化財『旧岩崎家末廣(すえひろ)別邸』。ここは三菱財閥の創業者一族、三菱グループ第3代社長・岩崎久彌(ひさや)…
  8.  大多喜ハーブガーデンで毎年開催される『ストーンサファリ』。2018年の第1回から好評で、回を重ねるごとに出展数も来場者も増えている。第6回…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る