食べようよ、安心できる美味しい野菜

 ちはら台コミュニティセンターで主催講座『アグリちはら 手作り家庭菜園資材作り』が行われた。長年にわたって有機作物に関わり、その安全性と美味しさを実感している市内在住の秋庭一衛さんが講師を務め、有機栽培の良さと方法について説明した。参加者は11名。
 20代の頃に尿路結石に悩んだり、風邪をひきやすくなるなど体の不調を感じ始めたことから、健康によい農作物について考えるようになった秋庭さん。化学肥料や化学農薬に頼らず、バイオマス資材を主体とした様々な肥料や手作り農薬を使用している。里山の土着菌を採取して独自の発酵肥料を作り、数10年来の自家採種『こだわり在来大豆』や朝どりスイートコーン『朝露コーン』などの生産も。
 「こうして作った作物は味もよく、安心して食べることができる。化学農薬を散布したり、土壌消毒をすれば有益な細菌や虫も殺してしまう。有機栽培は環境に優しい上に連作障害も少なくなる」と話す。作物だけでなく、土着菌を使った自家生産飼料で育てた鶏の卵は黄身がつまめるほどしっかりとしておいしいそうだ。
 手作り資材の一つ、愛媛県産業技術研究所が開発した『えひめAI(あい)』は砂糖とドライイースト、ヨーグルト、納豆を原材料とした環境浄化微生物。秋庭さんは、ペットボトル入りの自家製『えひめAI』を参加者に一つずつ配った。作物に使う場合は400から500倍に薄めて葉に直接散布する。
 「作物が丈夫になり旨味が増します。また、風呂に入れると肌がツルツルになる。油分をよく落とすので掃除にも使えるなど大活躍。家庭で簡単に作れるのもいい」そして、「家庭菜園は家族で楽しめるのもいいところ。子どもたちと一緒に作って、おいしい野菜を一緒に食べる、これこそ最高の食育です」と話した。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  市原市出身のマジシャンPiace(ピース)として活躍する内藤淳也さん(26)。マジック界最大のジャパンカップにて、国内で最も活躍した若手マ…
  2.  市原市立内田小学校が2021年(令和3年)3月に閉校した。明治の開校以来、148年に及ぶ歴史に幕が下りたのだ。個人的には非常に感慨深い。同…
  3.  市原市・市東地区の奈良に、高さ2m余りの釈迦如来像の石仏「奈良の大仏」がある。  平将門が、新皇を名乗りこの地の北方に京を模した都を構え…
  4.  コロナ禍で外での食事を制限されている中、家ではちょっとした工夫を凝らしながら楽しむようにしています。採れたハーブをその日の気分によって何種…
  5. 世界中で新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、アフリカの状況はどうなっているのでしょうか? ルワンダの首都キガリで幼稚園と小学校を設立し、…
  6.  山武市と東金市の境に位置する『成東・東金食虫植物群落』。大正9年(1920年)に日本で初の国天然記念物の1つとして指定され、昨年100年を…
  7.  睦沢町の田園風景のなかに建つ、ギャラリー801。様々な分野の作家が作品を出している常設展と、毎月3週間ほど開催される企画展を行っている。今…
  8.  3月20日(土)から4月5日(月)、及び4月17日(土)から5月16日(日)の2期間にかけて、千葉市中央区にある千葉市科学館では『ポップア…
  9. [caption id="attachment_38464" align="alignright" width="350"] 作業小屋兼ギャ…
  10.  3月の山を歩いていると赤いヤブツバキの花が目立ちます。虫のいない時期ですが、野鳥たちが蜜を目当てに次々と訪れています。椿の花は花びらと雄し…

ピックアップ記事

  1.  市原市出身のマジシャンPiace(ピース)として活躍する内藤淳也さん(26)。マジック界最大のジャパンカップにて、国内で最も活躍した若手マ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る