食べようよ、安心できる美味しい野菜

 ちはら台コミュニティセンターで主催講座『アグリちはら 手作り家庭菜園資材作り』が行われた。長年にわたって有機作物に関わり、その安全性と美味しさを実感している市内在住の秋庭一衛さんが講師を務め、有機栽培の良さと方法について説明した。参加者は11名。
 20代の頃に尿路結石に悩んだり、風邪をひきやすくなるなど体の不調を感じ始めたことから、健康によい農作物について考えるようになった秋庭さん。化学肥料や化学農薬に頼らず、バイオマス資材を主体とした様々な肥料や手作り農薬を使用している。里山の土着菌を採取して独自の発酵肥料を作り、数10年来の自家採種『こだわり在来大豆』や朝どりスイートコーン『朝露コーン』などの生産も。
 「こうして作った作物は味もよく、安心して食べることができる。化学農薬を散布したり、土壌消毒をすれば有益な細菌や虫も殺してしまう。有機栽培は環境に優しい上に連作障害も少なくなる」と話す。作物だけでなく、土着菌を使った自家生産飼料で育てた鶏の卵は黄身がつまめるほどしっかりとしておいしいそうだ。
 手作り資材の一つ、愛媛県産業技術研究所が開発した『えひめAI(あい)』は砂糖とドライイースト、ヨーグルト、納豆を原材料とした環境浄化微生物。秋庭さんは、ペットボトル入りの自家製『えひめAI』を参加者に一つずつ配った。作物に使う場合は400から500倍に薄めて葉に直接散布する。
 「作物が丈夫になり旨味が増します。また、風呂に入れると肌がツルツルになる。油分をよく落とすので掃除にも使えるなど大活躍。家庭で簡単に作れるのもいい」そして、「家庭菜園は家族で楽しめるのもいいところ。子どもたちと一緒に作って、おいしい野菜を一緒に食べる、これこそ最高の食育です」と話した。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…
  2.  10月25日(火)、東金市家徳公民館にて第2回『通いの場 元気ステーションまさき』が開催された。主催の『正気地区介護予防・生活支援サービス…
  3.  再び小屋作りに夢中になっています。前回は物置小屋作りで、今回、最初のうちはゲストハウスを作る予定でしたが、いつの間にやらその意識が薄れてし…
  4.  最近は本格的に寒くなってきましたね。こうなるとキノコ狩りのシーズンも終わり。今年はバカマツタケに出会えなかったな~とか、シカが食べちゃった…
  5.  高齢化社会やコロナ禍など、私たちの生活で薬局の果たす役割は日々増している。昨年6月、市原市辰巳台東5丁目にオープンした『みつば薬局 辰巳東…
  6.  10月16日(日)、青葉の森公園芸術文化ホールで、伝統文化への興味関心を喚起し日常の中で身近に触れることを目指し「和紙角あんどんづくり」の…
  7.  市原市平蔵にある『集い広場へいさん』は、児童数の減少で2016年に閉校になった旧平三小学校の施設を利用した交流の場。教室、体育館、グラウン…
  8.  顔から腹、足や目が鮮やかな赤色で、背が茶褐色の可愛らしい全長23㎝程の鳥。生息地は主に水田などの湿地、泥地。長い指で泥に脚をとられず自由に…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る