筆に集中、穏やかな心を取り戻す

 1月13日、五井公民館で毎年大人気の講座『写経入門』(全4回)が行われ40名が参加した。講師は鶴舞にある西蓮寺住職の河津(かわづ)正雄さん。 
 手と体に香を塗り身を清める塗香(ずこう)から始め、河津さんが叩く木魚と鈴(りん)に合わせて般若心経を唱和し、写経の実践へ。写経の目的は仏に触れること。「写経をしようと決心した時点で九分成就しているといえます。仏の心に触れるような気持ちで人に接したり行動すると心が和らぎますよ」と河津さん。
 写経で一番大事なことは、心を込めて丁寧に書くということ。軽く力を入れて筆を置く「始筆」から「送筆」、止めなどの「終筆」を意識し一心に写経に集中する。1時間以上にわたり室内にはピンと張り詰めたような静寂が漂った。河津さんが終わりの合図を告げると緊張が解けたのか辺りの空気とともに参加者の表情が緩んだ。回数を重ね、上達したら西蓮寺や馴染みの寺に納経してもよい。
「気持ちが落ち着く雰囲気が好きで再び参加しました。無言で集中できる時間は貴重です」と2度目の参加だという女性。「心にゆとりを持った生き方を見直してみましょう」河津さんの穏やかな言葉で初回の講座は締めくくられた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  広さ約1万5千平方メートルの十枝の森。敷地内には30種・数百本の広葉樹が大きく枝を広げ、例年11月の終わりから12月初旬にかけ見事に色づく…
  2.  自宅庭の落葉を片付けていたら、ゴツイ感のあるクロベンケイガニがじっとしていました。この時期は気温が低く、冬眠状態です。  クロベンケイガ…
  3.  風に揺れだしそうなコスモスの花、鳥が今にも飛んで来そうなチャイニーズホーリーの赤い実。 白地に描かれた植物からは、花びらや葉の手触りまで伝…
  4.  道の駅『みのりの郷東金』『東金マルシェ』で販売されているベジ・スイーツ『東金天門どう』。東金市の歴史文化を研究し生み出された銘菓です。 …
  5. 「寿」の文字をあしらった小袖、漁師の晴れ着と言われる「万祝(まいわい)」。県立中央博物館 大多喜城分館では、今年度の企画展として「福を呼ぶ小…
  6. 「失敗をしたと思うときはいつだって、それがあなたにとっての利益になる。素晴らしいことを成し遂げたという思いしかないというのなら、あなたはお…
  7.  昨年秋の相次ぐ台風と豪雨災害。何度も被災し一部区間が不通だった小湊鐵道が、3カ月間に及ぶ復旧作業によって、全線開通を果たしてから半年後の夏…
  8.  毎年この季節は、卵やバターたっぷり濃厚な、オーブンで焼き上げる伝統的パンプキンタルトを作っていました。長い間そうした材料を使うのが当たり前…

ピックアップ記事

  1.  広さ約1万5千平方メートルの十枝の森。敷地内には30種・数百本の広葉樹が大きく枝を広げ、例年11月の終わりから12月初旬にかけ見事に色づく…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る