筆に集中、穏やかな心を取り戻す

 1月13日、五井公民館で毎年大人気の講座『写経入門』(全4回)が行われ40名が参加した。講師は鶴舞にある西蓮寺住職の河津(かわづ)正雄さん。 
 手と体に香を塗り身を清める塗香(ずこう)から始め、河津さんが叩く木魚と鈴(りん)に合わせて般若心経を唱和し、写経の実践へ。写経の目的は仏に触れること。「写経をしようと決心した時点で九分成就しているといえます。仏の心に触れるような気持ちで人に接したり行動すると心が和らぎますよ」と河津さん。
 写経で一番大事なことは、心を込めて丁寧に書くということ。軽く力を入れて筆を置く「始筆」から「送筆」、止めなどの「終筆」を意識し一心に写経に集中する。1時間以上にわたり室内にはピンと張り詰めたような静寂が漂った。河津さんが終わりの合図を告げると緊張が解けたのか辺りの空気とともに参加者の表情が緩んだ。回数を重ね、上達したら西蓮寺や馴染みの寺に納経してもよい。
「気持ちが落ち着く雰囲気が好きで再び参加しました。無言で集中できる時間は貴重です」と2度目の参加だという女性。「心にゆとりを持った生き方を見直してみましょう」河津さんの穏やかな言葉で初回の講座は締めくくられた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  2. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  3.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  4.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  5.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  6.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  7.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  8. 【写真】千葉県調理師体会・第32回料理コンクール「千葉県栄養士会長賞」受賞作  料理教室『ヘルシークッキング』を平成15年…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …

スタッフブログ

ページ上部へ戻る