筆に集中、穏やかな心を取り戻す

 1月13日、五井公民館で毎年大人気の講座『写経入門』(全4回)が行われ40名が参加した。講師は鶴舞にある西蓮寺住職の河津(かわづ)正雄さん。 
 手と体に香を塗り身を清める塗香(ずこう)から始め、河津さんが叩く木魚と鈴(りん)に合わせて般若心経を唱和し、写経の実践へ。写経の目的は仏に触れること。「写経をしようと決心した時点で九分成就しているといえます。仏の心に触れるような気持ちで人に接したり行動すると心が和らぎますよ」と河津さん。
 写経で一番大事なことは、心を込めて丁寧に書くということ。軽く力を入れて筆を置く「始筆」から「送筆」、止めなどの「終筆」を意識し一心に写経に集中する。1時間以上にわたり室内にはピンと張り詰めたような静寂が漂った。河津さんが終わりの合図を告げると緊張が解けたのか辺りの空気とともに参加者の表情が緩んだ。回数を重ね、上達したら西蓮寺や馴染みの寺に納経してもよい。
「気持ちが落ち着く雰囲気が好きで再び参加しました。無言で集中できる時間は貴重です」と2度目の参加だという女性。「心にゆとりを持った生き方を見直してみましょう」河津さんの穏やかな言葉で初回の講座は締めくくられた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…
  2.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  3. ここに踏み込んでいいのだろうか…と足が止まってしまうほど美しい場所に着いた。市原市島野在住の和紙絵作家、星かづをさん宅の玄関には、宵闇色のタ…
  4. これから開催される市原近郊の『秋祭り』を紹介します。各お祭りは地域毎に様々な特徴があり、とても魅力的です。ぜひ皆さんも気になるお祭りに足を運…
  5. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る