筆に集中、穏やかな心を取り戻す

 1月13日、五井公民館で毎年大人気の講座『写経入門』(全4回)が行われ40名が参加した。講師は鶴舞にある西蓮寺住職の河津(かわづ)正雄さん。 
 手と体に香を塗り身を清める塗香(ずこう)から始め、河津さんが叩く木魚と鈴(りん)に合わせて般若心経を唱和し、写経の実践へ。写経の目的は仏に触れること。「写経をしようと決心した時点で九分成就しているといえます。仏の心に触れるような気持ちで人に接したり行動すると心が和らぎますよ」と河津さん。
 写経で一番大事なことは、心を込めて丁寧に書くということ。軽く力を入れて筆を置く「始筆」から「送筆」、止めなどの「終筆」を意識し一心に写経に集中する。1時間以上にわたり室内にはピンと張り詰めたような静寂が漂った。河津さんが終わりの合図を告げると緊張が解けたのか辺りの空気とともに参加者の表情が緩んだ。回数を重ね、上達したら西蓮寺や馴染みの寺に納経してもよい。
「気持ちが落ち着く雰囲気が好きで再び参加しました。無言で集中できる時間は貴重です」と2度目の参加だという女性。「心にゆとりを持った生き方を見直してみましょう」河津さんの穏やかな言葉で初回の講座は締めくくられた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る