春の到来を告げるフキのとう

 フキのとうが顔を見せはじめてきた。これを見て、春の到来を告げる温もりと感じる方と、美味そうだなと感じる方がいる。
 フキは野草であるとともに作物でもある。この時期に食べられる露地物の野菜が少なかった時代には貴重な食材であった。どう見ても野生化していると思われる場所であっても、本来、地元の共有地や私有地のものは作物である。観光で訪れた人が勝手に採ってはいけないものである。
 キク科フキ属フキ(蕗)は雌雄異株の多年草。葉より先に花茎が出る。雄株は高さ20センチぐらいに伸び、黄白色の頭花を沢山つける。雌株は高さ40センチぐらいまで伸び、白っぽい糸状の頭花を密につける。葉は幅15~30センチの楕円形、地面から突き出た葉柄は高さ60センチ、径1センチ。
 とう(薹)とは花を咲かせる茎のことで、花芽がついた茎が伸びると「とう立ち」という。野菜売り場で売られているフキのとうは薄緑色の苞が幾重にも重なって中の花が見えない。そのぐらいが食べ頃らしい。市原の気候では枯葉の間から出るとすぐに苞が開き始め、食べ頃を逃しやすい。
 野菜の花の多くがそうであるようにフキもまた、花を眺めて楽しんでいる人を見かけない。やはり野草というより野菜扱いなのか。花が終わり、葉が延びてくると、これを摘んで葉柄を食用にする。その頃には、雌株の花茎にタンポポのそう果を半分にしたサイズの白い綿毛が束になって見られる。これがフキのそう果と知る人は少ない。
 市原の自然は豊かで美しい。大切に残していきたい。

(ナチュラリストネット/野坂伸一郎)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  タピオカ、爽やかな空と生物、美しい模様など素敵な作品の数々。人の想いが表現された力作を観るのは楽しい。8月25日、南総公民館で石遊びのイ…
  2.  出光興産株式会社は、2019年12月14日(土)に市原市市民会館において「みらいを奏でる音楽会~どこかで聞いたクラシック~」市原公演を開…
  3.  前回の防犯特集第2回で、『電話de詐欺』の手口の変遷を紹介した。今回は新しいだましの手口『カード受取型』の内容をさらに詳しくお伝えしたい…
  4.  市原市在住の中森敏夫さん(64)は、子どもの頃から好きだったプラモデル作りが高じて、大人になってからは鉄道のジオラマや建築の模型などを含め…
  5.  市原市の上総更級公園を中心に開催される『上総いちはら国府祭り』は、今年で第9回を迎える。10月5日(土)、6日(日)の両日に渡って開催時…
  6.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  7. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  タピオカ、爽やかな空と生物、美しい模様など素敵な作品の数々。人の想いが表現された力作を観るのは楽しい。8月25日、南総公民館で石遊びのイ…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る