いすみ鉄道 キハ28が運行終了~クラウドファンディング中~【大多喜町】

 千葉県で長く親しまれ続けている、いすみ鉄道。千葉県大多喜町といすみ市内を走行するローカル鉄道だ。全国に数多いる鉄道ファンたちを含め、春の房総には菜の花と共に走るいすみ鉄道車両を見ようと、多くの人が撮影に訪れる。そんないすみ鉄道の『キハ28』が、昨年11月に運行を終了した。同車は、1960年代に1800両以上が製造された国鉄キハ58系列・唯一最後の営業車両。約9年8カ月の間、通常の運行に加えて、レストラン車両としても活躍した。いすみ鉄道株式会社社長の古竹孝一さんは、「みなさんより惜しむ声を頂いています。いすみ市・大多喜町は今でも昭和の町並みが残っている地域です。そこにコトコトといすみ鉄道が走る、そんな風景に懐かしさを感じて、多くの人が訪れてくれるのだと思います。ただ、運行のためには車両維持に多額の資金が必要な上、エンジンや冷房機材の部品確保が困難を極めたため、苦渋の決断に至りました」と、語った。

 古竹さんが社長に就任したのは4年前。ここまでの間、多くの困難に直面した。世界を未だに混乱させるコロナウィルスだけでなく、台風や豪雨被害で、いすみ鉄道は立て続けにダメージを受けた。「続けていれば、困難はいつでも起こり得る。だから、諦めてはいけない。確かに、車両は引退させることになりました。でも、歴史を残していく必要がある。そこで今回、クラウドファンディングを募集することになりました」と、古竹さん。同プロジェクトは今月15日(日)までクラウドファンディングサービス『うぶごえ』で募集しており、目標金額は280万円。取材時の昨年末には、100万円強まで到達している。達成できた場合、寄付金は車両保存と3Dデータ化に使用される。「車両は、国吉駅に保存したいと考えています。そして、3Dデータとしてメタバース空間上で蘇らせる予定です。リモートが定着してきた現在、通常の交通網が必然ではなくなっています。今回支援にご協力いただくだけでなく、当社としても全力で対策を練らなくてはならないのです」と神妙に語る古竹さんは、「今回のプロジェクトを元に、アナログとデジタルの融合を考えて、さらにいすみ鉄道沿線地域のプロモーション効果を検討していきたい」と続けた。

 返礼品の内容も色鮮やかだ。オリジナルの一日フリー乗車券のほか、キハ28グッズ詰め合わせやナイト撮影会参加券、運転席の360度パノラマ写真などが入手可能。「いすみ市・大多喜町は、羽田や成田、首都圏にも近くて恵まれている環境です。そして、地域の方々もとても人間味溢れています。こんな素敵な町の風景を、そして人々に愛された鉄道を、どうにか残していかなくては。それをみなさんに小さなアタックとして提言できればと思います」と、古竹さんは愛情いっぱいに語った。千葉の大切な1ページを次世代に引き継ぐ使命が、私たちにはあるのかもしれない。

 

問合せ:いすみ鉄道株式会社
Tel.0470・82・2161
・クラウドファンディングうぶごえ募集サイト
https://ubgoe.com/projects/277

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…
  2. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  3. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  4.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  5.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  6.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  7.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  8.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る