春が楽しみになるつるし飾り

梅は咲いたか~、桜はまだかいな

 1月11日(祝)から全4回に渡り、戸田コミュニティセンター主催で行われた『つるし雛 ―梅づくしのつるし飾り―』。講師の山本智江さんに、細かく指導を求める受講者は10名。つるし雛が始まったのは江戸時代、特別に裕福でなければ当時は手に入らなかった雛人形を、子どもの幸せを願って親戚や近所で持ち寄るようになったのが由来だと言われている。
 今回、講座で作るのは梅づくし。全体として衣食住に困らないようにと願いが込められているつるし雛だが、花のように可愛く育ちますようにという意味を持つ『花』は紅梅・白梅を表現したものが多い。
 受講者の30代女性は、「世代交流を目的に参加しました。講座中は集中してしまうので、あまり会話をする機会はないんですがとても楽しいです。初めて作るのですべてが難しいけれど、つるし飾りなど伝統的な物は廃れて欲しくないです。9歳の娘に少しできたものを見せたら、今度はお花の髪飾りを作って欲しいとリクエストされました」と嬉しそうに話す。
 講座が始まると、黙々と作業を進める受講者たち。だが、一度「この布はどうやって5等分したの?」、「どうしても中心がずれちゃうの。どうすればいいの?」と質問が聞こえると、山本さんの周りにすぐできる人だかり。そして、「大きな反物(たんもの)は細かくセンチにこだわるけれど、小さなコマ切れで作っているんだから大まかで大丈夫。椿の花の布が小さかったら、無理にしぼめなくても下に葉っぱの布を当てるので隙間があっても気にしないで」と、山本さんは大らかな作業を促す。
 高さ30cm、直径10cmにもなるつるし雛には、中心に大中と2つのくす玉があり、周囲に5本のつるし飾りが舞う。5本の先端には赤い椿の花がポイントとして揺れ、手で触れると鈴の音が聞こえる。
 完成品はなんとも可愛らしい仕上がりだが、山本さんいわく「できるまでの苦労は半端ない」のだとか。というのも、必要な梅の花は大中小3種類を合わせて約80個。大は6cm、中は4cm、小だと3cmととても細かい作業になる。型紙から布を切り抜き、ぐし縫いをして綿をくるんで絞る。そして、丸くなった布を糸で5等分して花びらを形作り、中心にビーズをつけて完成。その梅の花をまずは大量に作らなければならないのだ。だが、「梅の花を組み合わせる時、配色をどうしようか考えるのも楽しいわよね」と、次回の講座を想像して楽しむ声も。
 取材日の18日は椿の花に重点を当てた。「あと2回で出来上がるように、みなさんがんばりましょうね」と楽しげに声をかける山本さん。梅の花が咲く頃、それぞれの家にも綺麗な梅のつるし雛が飾られていることだろう。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年も心地良い季節がやってきた。3月25日(月)、国分寺公民館主催で開催された『春の国分寺散歩~国分寺周辺の花と史跡を楽しむ』に男女30…
  2.  平成の時代は、震度7を記録した大地震が日本で何度も起きている。阪神・淡路、新潟県中越、東日本、熊本、北海道胆振(いぶり)東部。さらに関東…
  3. 俳画と文 松下佳紀 出たばかりの春の満月は手を伸ばせば届きそうな近さと異様な大きさを見せる。家並みや山陰から音もなく浮かび上がってくる赤…
  4. 〜春の嵐の中にも恵みがある〜  このコラムを書いた日は、とても風の強い日でした。風の中を歩きながら、「風は空気があるということだから、あり…
  5. 大網白里市出身で市原市在住の鵜澤綱夫さんは4月7日(日)まで、自宅敷地内にあるギャラリー『壺中庵』にて個展を開催中だ。飾られた作品は茶碗やオ…
  6.  3月9日と16日の2週にわたり、千種コミュニティセンターで開催された講座『室内履きを編む』。袖ケ浦市で編み物サロンを営む中村初江さんを講師…
  7.  3月4日(月)、国分寺公民館で開催された『健康レシピ~野菜 de sweets!(やさいでスイーツ)~』講座。集まった15人の男女は、講師…
  8.  4月後半から5月前半は、ポットの中で種から育てた野菜やハーブの苗を、外の畑へ移植する時期です。風が吹けば飛んでしまう様な小さな種達も、今で…

ピックアップ記事

  1.  今年も心地良い季節がやってきた。3月25日(月)、国分寺公民館主催で開催された『春の国分寺散歩~国分寺周辺の花と史跡を楽しむ』に男女30…

イベント情報まとめ

  1. イベント情報まとめ ●ヤマの即売会 4/7(日) 10〜14時 房総萬花園(多田ビニール工業所内) 春期展示即売会 フ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る