【市原市】シティライフの歩み -よりよい地域をめざして- 平成の30年を振り返って

「よりよい地域をめざして」。1982年の創刊以来、シティライフが目指す地域情報紙としてのテーマです。地域で様々な活動に取り組む方々を取材し、身近で役立つ情報を発信する。平成の30年間、社会は大きく変わりましたが、シティライフのコンセプトは、変わらずに発行してきました。
平成の時代が終わる今年、今号から1カ月に1度、4回にわたって、どんな記事テーマが取り上げられたのか、シティライフの歩みとともに振り返りたいと思います。1回目は、平成元年から10年までをピックアップです。

■平成元年(1989年)
市原版は情報紙を毎月1日に、CMPR版を月半ばの土曜日に発行しており、5月20日号で記念の100号を達成。その年の記事のテーマは「こだわって」。環境問題も注目され始めた時期でもあり、袖ケ浦市で活動する「小櫃川(おびつがわ)を守る会」の活動を4月と5月の計4号分で紹介。8月からはPR版を情報紙に変更し、月2回発行をレギュラー化。外房版はこの年の3月に「夷隅版」として3万3千部・月1回の発行を開始しました。シティライフにとっても大きな節目の年に。

■平成3年(1991年)
1月1日号から夷隅版が外房版へと拡大し、7万部発行に。市原版・外房版ともに、環境問題に取り組む5カ年キャンペーン「WE LOVE 地球」をスタート。年ごとに、ごみ減量問題、水、緑、大気とテーマを変え、最終年は身近な「いのち」を大切にする活動を取材。この年は各市町村のごみ処理の現状、地域での再利用の方法、リサイクル活動などを取り上げましたが、今では当たり前な資源ごみの分別も、当時は熱心なボランティアさんたちによって支えられていました。

■平成5年(1993年)
市原版が3月から月3回発行となり、6月には200号も発刊。Jリーグがスタートしたことから、当時市原をホームタウンとしたジェフユナイテッド市原の応援特集号も3回発行。

■平成8年(1996年)
「Hello!21世紀・カウントダウン5カ年キャンペーン」を市原版・外房版ともにスタート。21世紀に向かって「本当に必要とされるものは何か」を感じられる紙面作りがテーマ。教育や福祉、生涯学習などを取材し、地域のスポットや特徴、歴史などを訪ねる連載も開始。また、書家・詩人の相田みつを氏の作品を毎号、関係者の取材記事「天空からのメッセージ」を月1回掲載し、2年間連載。
2月には外房版が月2回発行へ、5月には市原版が300号、10月には外房版が100号達成。

■平成10年(1998年)
市原版が月1回程度でカラー刷りに。カウントダウン5カ年キャンペーン3年目となり、教育・福祉・環境・まちづくりなど、ボランティアやサークル活動で、地域の交流を広げる人たちの取材を連載。

シティライフの10年
平成時代は、バブル景気の衰退とともに始まっています。最初の10年は、それまでの大量消費を良しとしてきたライフスタイルを見直し、様々なものに目を向けて大事にしていこう、という意識が浸透していった時代でもありました。
シティライフがその10年で行ったふたつのテーマの取り組みも、そうした変化と連動しています。環境問題の「WE LOVE 地球」は、資源を有効に使うことや省エネなど、環境に関わることをふだんの生活から心がけていこう、という呼びかけでした。21世紀へのカウントダウンキャンペーンも、地域のつながりが薄れてきたなかで、今ではよく使われる「共助」・地域で助け合う活動や心のケアなどを重視したテーマでした。
次回は平成11年から振り返ります。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  「全然当たりません。どこがいけないですか?」「どうしたらもっと飛びますか?」と、自分から熱心に質問したり、ボールを入れた籠が空になるま…
  2.  今年の梅雨前線は活発化と停滞によって、南九州に集中豪雨をもたらした。一週間で1カ月分の雨量が降ってしまった場所もあるという。地盤が多量…
  3.  ふらりと入ってきた男性が、食い入るように海の生物たちの絵画を眺めて歩き、呟いた。「水族館に来たみたいだ」。田園の美術館(いすみ市郷土資料…
  4. ハンノキ  夏の眩しい陽光を浴びて輝き、風に揺れるハンノキの葉を見ていると、どことなく風情を感じます。市内では、長年放置された休耕田や湿…
  5.  長生郡長南町在住の田邉智和さんは、昨年10月に福井県で開催された第18回全国障害者スポーツ大会『福井しあわせ元気大会』の一般卓球部門に千…
  6.  市原市バスケットボール協会は昨年度、創立50周年を迎え、8月末グランドホテルにてご来賓の方々をはじめ役員、選手と多くの懐かしい顔ぶれに大…
  7. 『オペラ』は敷居の高い芸術…。そんな一般的イメージを払拭するかのように老若男女が楽しみながら和気藹々と稽古し舞台を重ねる『勝浦歌劇団』。総…
  8. ~助けていただいた命~ 私には4人の子どもがおりますが、3番目の子どもが妊娠4カ月の頃、切迫早産で大量出血し、緊急入院したことがありました…
  9.  千葉市文化センターを拠点に稽古を行い、年に一度3月にオリジナル作品を公演している『ちばシニア劇団PPK48』。50歳以上のシニアを中心…
  10. アサギマダラ  渡りをする謎多き美しいチョウ、アサギマダラ。名前の由来は翅の模様が浅葱色(あさぎいろ)と呼ばれる青緑色と、黒い顔に白斑のマ…

ピックアップ記事

  1.  「全然当たりません。どこがいけないですか?」「どうしたらもっと飛びますか?」と、自分から熱心に質問したり、ボールを入れた籠が空になるま…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る