【市原市】シティライフの歩み -よりよい地域をめざして- 平成の30年を振り返って

「よりよい地域をめざして」。1982年の創刊以来、シティライフが目指す地域情報紙としてのテーマです。地域で様々な活動に取り組む方々を取材し、身近で役立つ情報を発信する。平成の30年間、社会は大きく変わりましたが、シティライフのコンセプトは、変わらずに発行してきました。
平成の時代が終わる今年、今号から1カ月に1度、4回にわたって、どんな記事テーマが取り上げられたのか、シティライフの歩みとともに振り返りたいと思います。1回目は、平成元年から10年までをピックアップです。

■平成元年(1989年)
市原版は情報紙を毎月1日に、CMPR版を月半ばの土曜日に発行しており、5月20日号で記念の100号を達成。その年の記事のテーマは「こだわって」。環境問題も注目され始めた時期でもあり、袖ケ浦市で活動する「小櫃川(おびつがわ)を守る会」の活動を4月と5月の計4号分で紹介。8月からはPR版を情報紙に変更し、月2回発行をレギュラー化。外房版はこの年の3月に「夷隅版」として3万3千部・月1回の発行を開始しました。シティライフにとっても大きな節目の年に。

■平成3年(1991年)
1月1日号から夷隅版が外房版へと拡大し、7万部発行に。市原版・外房版ともに、環境問題に取り組む5カ年キャンペーン「WE LOVE 地球」をスタート。年ごとに、ごみ減量問題、水、緑、大気とテーマを変え、最終年は身近な「いのち」を大切にする活動を取材。この年は各市町村のごみ処理の現状、地域での再利用の方法、リサイクル活動などを取り上げましたが、今では当たり前な資源ごみの分別も、当時は熱心なボランティアさんたちによって支えられていました。

■平成5年(1993年)
市原版が3月から月3回発行となり、6月には200号も発刊。Jリーグがスタートしたことから、当時市原をホームタウンとしたジェフユナイテッド市原の応援特集号も3回発行。

■平成8年(1996年)
「Hello!21世紀・カウントダウン5カ年キャンペーン」を市原版・外房版ともにスタート。21世紀に向かって「本当に必要とされるものは何か」を感じられる紙面作りがテーマ。教育や福祉、生涯学習などを取材し、地域のスポットや特徴、歴史などを訪ねる連載も開始。また、書家・詩人の相田みつを氏の作品を毎号、関係者の取材記事「天空からのメッセージ」を月1回掲載し、2年間連載。
2月には外房版が月2回発行へ、5月には市原版が300号、10月には外房版が100号達成。

■平成10年(1998年)
市原版が月1回程度でカラー刷りに。カウントダウン5カ年キャンペーン3年目となり、教育・福祉・環境・まちづくりなど、ボランティアやサークル活動で、地域の交流を広げる人たちの取材を連載。

シティライフの10年
平成時代は、バブル景気の衰退とともに始まっています。最初の10年は、それまでの大量消費を良しとしてきたライフスタイルを見直し、様々なものに目を向けて大事にしていこう、という意識が浸透していった時代でもありました。
シティライフがその10年で行ったふたつのテーマの取り組みも、そうした変化と連動しています。環境問題の「WE LOVE 地球」は、資源を有効に使うことや省エネなど、環境に関わることをふだんの生活から心がけていこう、という呼びかけでした。21世紀へのカウントダウンキャンペーンも、地域のつながりが薄れてきたなかで、今ではよく使われる「共助」・地域で助け合う活動や心のケアなどを重視したテーマでした。
次回は平成11年から振り返ります。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る