俳画と文 松下佳紀


ある日どこから侵入したのか、机に一匹の蠅が飛んできた。本に止まった、と思うと私の頭に止まる。追い払っても舞い戻る。ぶんぶんと羽音がうるさい。誠に不愉快だ。しかし、それで思い出したことがある▼少年期の私が読書中に五月蠅(うるさ)いの文字に出会ったことを。敏捷な蠅と五月の季節感を見事に言い表し、実に面白いと感じ入ったことを…▼後に煙草(たばこ)、麦酒(びいる)、海苔(のり)、浪漫的(ろまんちっく)、五月雨(さみだれ)、餓鬼(がき)などルビの付いた当て字を発見しては喜んだものだ。更に鴉が啞啞(ああ)と鳴き、詩人が嗚呼(ああ)と嘆く字面にも共鳴した▼以上、少年期の関心事が今に至る私の俳諧趣味に及んでいることを改めて知ると共に算数はまるで駄目、国語の書き取りなどは好きだったのを思い出す。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…
  2. 「オレオレ詐欺」「振り込め詐欺」と言われ、現在も全国で多くの被害が報告されている特殊詐欺事件。千葉県警では、これらの詐欺がまず電話でコンタ…
  3.  市原特産といえば、今が旬の梨。養老川沿いの栄養豊かな土地で大事に育てられた「いちはら梨」は、大きくて歯ごたえの良いのが特徴です。これから…
  4.  6月16日、市原市少年相撲教室が開催され、豪栄道関、妙義龍関、佐田の海関はじめ境川部屋の力士たちが会場のゼットエー武道場を訪れた。朝稽古…

ピックアップ記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る