【市原市】アロマストーンで癒しの時間を

 4月12日(金)、五井公民館で『アロマストーン講座』が開催された。講師は、茂原で石粉粘土工房を主宰する澤田節子さん。22名の参加者が、石粉粘土で作るバラをあしらったプレート作りを楽しんだ。「石粉粘土の作品はいつまでも色あせず、アロマオイルでその魅力は倍増します。多くの皆さんの癒しになれば」と、澤田さん。石粉粘土とは、石の粉に接着剤が練り込んである粘土で、乾燥して硬くなる。『焼かない陶芸』とも言われる。 作り方は、まず花びらから。棒状にこねた粘土を親指大に等分し、しずく型に丸めたものを手のひらにのせ、それをもう片方の手の親指でつぶす。この時、真っ平にせずふっくらとカーブをつけるのがコツ。同時に、掌紋や指紋で花びらの表面に表情がつく。そして、花びら3枚を細く巻き、つぼみのようにバラの芯を作り、その周りに花びらを少しずつずらしながらつけていく。粘土は乾きやすいので、こまめに水をつけるとよい。
 バラが出来上がったら、プレートに置けるようにハサミで根元を切る。次に花びらより小さめのしずく型から葉を作り、また、粘土を小さく丸めると木の実になる。仕上げは、プレートに出来上がったものを配置して、木工用ボンドで接着。そこへローズオイルを垂らすと、自分だけのアロマストーンプレートが完成する。

 
 参加者は、慣れない手つきで四苦八苦する様子もあったが、澤田さんの「うまくいかなかったら、何度でも丸めてやり直すことができますよ」との言葉に励まされ、次第に笑顔に。「十数年ぶりに先生の講座に参加できて、とにかく楽しかったです」「丁寧に教えていただいて感激しています」と、ほのかな香りに包まれた会場で、参加者はにこやかに語った。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…
  2. [caption id="attachment_37361" align="alignright" width="150"] 稲荷の祠[/c…
  3.  明治時代から天然ガスの採掘が行われている茂原市で、天然ガスに焦点を当てたご当地検定「もばら検定ガス博士」が8月29日・30日に行われました…
  4.  先日のこと。いつものようにパソコンデスクにコーヒーカップを置きました。その時、フッと『こぼしそうだな…』と思ったんです。その後、席を立って…
  5.  つぶらな黒い眼が愛くるしい『ウリ坊まん』。大多喜町特産のタケノコと、同じく町内で獲れるイノシシの肉が具材の肉まんだ。 [capt…
  6. 「持続化給付金」は新型コロナウイルスの影響で売り上げが大きく落ち込んだ事業者が対象で、確定申告の書類や通帳の写しなどを添付し申請、認められれ…
  7.  写真は、昨年10月25日、台風21号の影響による豪雨の直後に、市原市・新番場橋の上から撮影したものです。川幅いっぱいに増水した川の水が今に…
  8.  昨秋の集中豪雨で作品・建物共に被災し、休館していたホキ美術館(千葉市緑区)が8月1日、約9カ月ぶりにリニューアルオープンした。新たなスター…

ピックアップ記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る