【市原市】アロマストーンで癒しの時間を

 4月12日(金)、五井公民館で『アロマストーン講座』が開催された。講師は、茂原で石粉粘土工房を主宰する澤田節子さん。22名の参加者が、石粉粘土で作るバラをあしらったプレート作りを楽しんだ。「石粉粘土の作品はいつまでも色あせず、アロマオイルでその魅力は倍増します。多くの皆さんの癒しになれば」と、澤田さん。石粉粘土とは、石の粉に接着剤が練り込んである粘土で、乾燥して硬くなる。『焼かない陶芸』とも言われる。 作り方は、まず花びらから。棒状にこねた粘土を親指大に等分し、しずく型に丸めたものを手のひらにのせ、それをもう片方の手の親指でつぶす。この時、真っ平にせずふっくらとカーブをつけるのがコツ。同時に、掌紋や指紋で花びらの表面に表情がつく。そして、花びら3枚を細く巻き、つぼみのようにバラの芯を作り、その周りに花びらを少しずつずらしながらつけていく。粘土は乾きやすいので、こまめに水をつけるとよい。
 バラが出来上がったら、プレートに置けるようにハサミで根元を切る。次に花びらより小さめのしずく型から葉を作り、また、粘土を小さく丸めると木の実になる。仕上げは、プレートに出来上がったものを配置して、木工用ボンドで接着。そこへローズオイルを垂らすと、自分だけのアロマストーンプレートが完成する。

 
 参加者は、慣れない手つきで四苦八苦する様子もあったが、澤田さんの「うまくいかなかったら、何度でも丸めてやり直すことができますよ」との言葉に励まされ、次第に笑顔に。「十数年ぶりに先生の講座に参加できて、とにかく楽しかったです」「丁寧に教えていただいて感激しています」と、ほのかな香りに包まれた会場で、参加者はにこやかに語った。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  山武市本須賀海岸のほど近く、住宅街の一角に、和泉奏平美術館がある。1993年に48才と若くして逝った画家・和泉奏平の遺作を、自宅アト…
  2. ◇新型コロナで不審な電話が増加中!  県内の個人宅では、「コロナのことで調べている」という不審な電話が確認されています。市役所職員を…
  3.  2020年は「更級日記」作者・菅原孝標娘(すがわらのたかすえのむすめ)の帰京から1000年。作者は父の上総介(かずさのすけ)任務に伴い、上…
  4.  市原市内の古道に道標を作成・設置し、椎津城跡の整備に協力するなど、文化遺産啓発活動や地域行事に協力を続けている姉崎高校の生徒らが、この…
  5.  サッカー場施設の「市原スポレクパーク」は、子どもから大人までサッカー愛好家が集まる市民・県民のための施設です。広大なピッチはナイター設備を…
  6.  分蜂の季節。ニホン蜜蜂を飼っている者にとっては待ち遠しい、期待に胸膨らむ季節です。桜の花が咲いた2週間後くらいが目安で、偵察蜂が新しい棲み…
  7. 「ダメダメッ、沼の主がいるよ。行っちゃだめー」と、子どもたちが人形に向かって必死に叫ぶ。人形劇『やまなしもぎ』の一場面でのことだ。上演…
  8. ◇多発する車上荒らし、部品盗難に注意!  市原警察署管内では最近、車上ねらいやナンバープレートを狙った部品ねらいの盗難が多発していま…
  9. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…
  10.  毎年、年末は空き巣などの被害が増加する。また、今年は台風15号・19号の被害を狙った悪質商法や盗難事件等も発生しており、千葉県警察で…

ピックアップ記事

  1.  山武市本須賀海岸のほど近く、住宅街の一角に、和泉奏平美術館がある。1993年に48才と若くして逝った画家・和泉奏平の遺作を、自宅アト…

イベント情報まとめ

  1. ※イベントの開催につきまして、ご確認の上ご参加いただきますようお願い申し上げます。 ◆サークル ・よさこいチーム飛翠迅 毎(月) 19~2…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る