ふるさとビジター館 旅するチョウ アサギマダラ

アサギマダラ

 渡りをする謎多き美しいチョウ、アサギマダラ。名前の由来は翅の模様が浅葱色(あさぎいろ)と呼ばれる青緑色と、黒い顔に白斑のマダラ模様からとされています。  台湾や南西諸島、奄美諸島から移動し、日本列島を北上、真夏には中部地方や東北地方の高原で過ごし、秋になると南下します。房総丘陵では5~6月の初夏と9月以降の秋ごろ見かけられます。2000キロを越える渡りをする同一個体がいれば、繁殖を繰り返し世代を超えて北上、南下する個体もいると言われます。しかしルートなどの詳細はわかっていません。それでもマーキング調査(チョウの翅に捕獲場所や月日、マーキングした人の名前等を油性マーカーで書き込んで放ち、誰かに再捕獲されることで旅のルートを解明)により、少しずつ渡りの謎が解明されてきているようです。ただ、何故渡るのか、どのように方向を定めるのか等、謎が多くあります。  食草や吸蜜も特徴があります。幼虫は毒性が強いアルカロイドを多く含むガガイモ科のキジョラン、イケマなどを食草とし、鳥などの捕食者から身を守ることができると言われます。成虫もヨツバヒヨドリやフジバカマなどに集まり、蜜に含まれるアルカロイドを摂取することで捕食者から攻撃されにくいようにしているようです。  謎多き不思議なチョウ。出会ったら優しく見守ってあげましょう。もし、マーキングされた個体を見つけたら情報を提供しましょう。謎を解明することが彼らの保護にもつながります。 (ナチュラリストネット/岡嘉弘)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】チバニアンガイドの皆さん  2020年1月、市原市田淵の地磁気逆転層を含む地層『千葉セクション』がGSSP(地質年…
  2.  前回、近い将来起こるであろう世界的な食糧問題について書きましたが、多くの学者は、私達が生き延びるには人間が何万年と育んできた古来からの農法…
  3. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  4. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  5. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  6.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  7. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  8.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】チバニアンガイドの皆さん  2020年1月、市原市田淵の地磁気逆転層を含む地層『千葉セクション』がGSSP(地質年…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る