ハーブ王子のしあわせ健康レシピ

今年ももう残りわずか。新しい年号が5月から始まり、梅雨の長雨や今まで経験した事の無いような台風被害によって、きっと忘れられない年になるのではないかと思います。
私のところでは、2群いた蜜蜂の巣箱の1つが強風で倒され、おそらく夜のうちに逃亡してしまったのか、翌朝には全く気配がありませんでした。もう一つの群れは、台風で弱っているところにスズメバチ軍の攻撃を受け、ほぼ全滅してしまいました。目の前で蜜蜂達が必死に戦っていても、人間は呆然と立ちすくむだけで何も為す術が無いのです。
そうして今年の養蜂を諦めざるをえない状況から1カ月程経ち、ある巣箱の設置場所近くに住む知人から、庭に種類は分からないが蜂の群れが固まっているから見に来て欲しいと頼まれました。早速その日の夕方に訪ねてみると、確かに蜜蜂の群れが一塊になって軒下の隅の方にぶら下がっています。群れも大分小さくなって、すっかり弱り果てていましたが、きっと自分の巣箱から逃げて行った蜜蜂達に違いありません。大変な災害に遭いながらも一生懸命に生き延びようとしていたのです。
温暖化により年々大きくなる自然災害、私達は人間だけではなく、虫や植物、動物達も同じ様に大きな犠牲を払っている事を知らねばならないのではないでしょうか。

★クリスマスのハーブ・ローストチキン
●材料(2人分)
鳥モモ肉2本、ハーブ(タイム、ローズマリーなど) 適量、ニンニク1片(擦り下ろし)、赤ワイン適量、塩胡椒 少々、オリーブオイル適量
●作り方
1 .モモ肉に塩胡椒、ハーブ類、擦り下ろしニンニクを擦り込み、赤ワインをかけて一晩冷蔵庫で寝かせる
2 .皮を上にして200度のオーブンで20分程温め、表面に焦げ目が付いたら温度を160度に下げ、ひっくり返して更に30分程温める。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  広さ約1万5千平方メートルの十枝の森。敷地内には30種・数百本の広葉樹が大きく枝を広げ、例年11月の終わりから12月初旬にかけ見事に色づく…
  2.  自宅庭の落葉を片付けていたら、ゴツイ感のあるクロベンケイガニがじっとしていました。この時期は気温が低く、冬眠状態です。  クロベンケイガ…
  3.  風に揺れだしそうなコスモスの花、鳥が今にも飛んで来そうなチャイニーズホーリーの赤い実。 白地に描かれた植物からは、花びらや葉の手触りまで伝…
  4.  道の駅『みのりの郷東金』『東金マルシェ』で販売されているベジ・スイーツ『東金天門どう』。東金市の歴史文化を研究し生み出された銘菓です。 …
  5. 「寿」の文字をあしらった小袖、漁師の晴れ着と言われる「万祝(まいわい)」。県立中央博物館 大多喜城分館では、今年度の企画展として「福を呼ぶ小…
  6. 「失敗をしたと思うときはいつだって、それがあなたにとっての利益になる。素晴らしいことを成し遂げたという思いしかないというのなら、あなたはお…
  7.  昨年秋の相次ぐ台風と豪雨災害。何度も被災し一部区間が不通だった小湊鐵道が、3カ月間に及ぶ復旧作業によって、全線開通を果たしてから半年後の夏…
  8.  毎年この季節は、卵やバターたっぷり濃厚な、オーブンで焼き上げる伝統的パンプキンタルトを作っていました。長い間そうした材料を使うのが当たり前…

ピックアップ記事

  1.  広さ約1万5千平方メートルの十枝の森。敷地内には30種・数百本の広葉樹が大きく枝を広げ、例年11月の終わりから12月初旬にかけ見事に色づく…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る