更蝸(こうか)つれづれ ~槇の木~

能舞台正面の羽目板の松の絵は、春日大社の老松が「影向(ようごう)の松」として描かれていると知る。直接見たことは無いがテレビなどで能舞台を見ると、正面一杯に枝を伸ばした松に「なんと凄い姿の松なのだろう」と思いつつ時は過ぎていた。
『影向』を調べてみると神仏が姿を現すことで、「影向の松」は神仏が現れる時の依代(よりしろ)となるものだという。始まりは奈良の春日若宮神社のお祭りで、田楽や猿楽などの芸能者が鳥居の傍らにある一本の松の前で舞を披露し、その松に春日明神が影向したそうだ。神仏に守られながら能を舞う舞台装置と知り、神聖な気持ちを抱いた。
ふと先日、家の槇の木を手入れしながら「この松のような姿の槇は珍しい。最初手掛けた植木職人の思いは如何なものだったろうか」と考えた。二十年ほど前に、槇を主とする外房の造園屋でこの槇(樹齢百五十年~二百年?)と巡り会い、家の前に配置した。訪れる人のほとんどは槇とは思わない様で、近づいてから「松かと思っていたよ」と言う人が多い。
 当初巡り会ったこの槇(末尾写真)は、大きな槇の脇にあり、少々見劣りするも姿・勢いから一目惚れした。後日、家内を連れ見せると同感、早速わが家に嫁いだのである。苗木は江戸時代?からの年月、恵まれた自然環境、多くの人手も関わり、一輪一輪と重ねた幹は太く、今の姿と理解する。「永代槇」としていつまでもわが家並びに周囲を明るく照らす「お宝もの」と、これからも大切に取り扱っていきたい。

・相川浩:市原市出身。三井造船で定年まで勤め、退職直後の平成20年、自宅敷地にギャラリー・和更堂を設立。多くの郷土の芸術家と交流する。「更級日記千年紀の会」事務局担当。タイトル「更蝸」は「更級通りに宿るカタツムリ」との意味。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】チバニアンガイドの皆さん  2020年1月、市原市田淵の地磁気逆転層を含む地層『千葉セクション』がGSSP(地質年…
  2.  前回、近い将来起こるであろう世界的な食糧問題について書きましたが、多くの学者は、私達が生き延びるには人間が何万年と育んできた古来からの農法…
  3. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  4. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  5. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  6.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  7. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  8.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】チバニアンガイドの皆さん  2020年1月、市原市田淵の地磁気逆転層を含む地層『千葉セクション』がGSSP(地質年…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る