更蝸(こうか)つれづれ ~槇の木~

能舞台正面の羽目板の松の絵は、春日大社の老松が「影向(ようごう)の松」として描かれていると知る。直接見たことは無いがテレビなどで能舞台を見ると、正面一杯に枝を伸ばした松に「なんと凄い姿の松なのだろう」と思いつつ時は過ぎていた。
『影向』を調べてみると神仏が姿を現すことで、「影向の松」は神仏が現れる時の依代(よりしろ)となるものだという。始まりは奈良の春日若宮神社のお祭りで、田楽や猿楽などの芸能者が鳥居の傍らにある一本の松の前で舞を披露し、その松に春日明神が影向したそうだ。神仏に守られながら能を舞う舞台装置と知り、神聖な気持ちを抱いた。
ふと先日、家の槇の木を手入れしながら「この松のような姿の槇は珍しい。最初手掛けた植木職人の思いは如何なものだったろうか」と考えた。二十年ほど前に、槇を主とする外房の造園屋でこの槇(樹齢百五十年~二百年?)と巡り会い、家の前に配置した。訪れる人のほとんどは槇とは思わない様で、近づいてから「松かと思っていたよ」と言う人が多い。
 当初巡り会ったこの槇(末尾写真)は、大きな槇の脇にあり、少々見劣りするも姿・勢いから一目惚れした。後日、家内を連れ見せると同感、早速わが家に嫁いだのである。苗木は江戸時代?からの年月、恵まれた自然環境、多くの人手も関わり、一輪一輪と重ねた幹は太く、今の姿と理解する。「永代槇」としていつまでもわが家並びに周囲を明るく照らす「お宝もの」と、これからも大切に取り扱っていきたい。

・相川浩:市原市出身。三井造船で定年まで勤め、退職直後の平成20年、自宅敷地にギャラリー・和更堂を設立。多くの郷土の芸術家と交流する。「更級日記千年紀の会」事務局担当。タイトル「更蝸」は「更級通りに宿るカタツムリ」との意味。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 山武市松尾町在住の並木由美子さん(41)は米農家で、ジュニアフードセラピストとしても活躍している。料理教室では小麦粉の代わりに、生の米を用い…
  2. 江戸絵画の名作を題材とした、新作16点も  既成のイメージへ、新たな視点を提示する現代美術家・福田美蘭。新人洋画家の登竜門・安井賞を最年少…
  3.  茂原市東部台文化会館で活動している、エアロビクス&ヒップホップダンスサークルPSP。代表の鈴木洋美さんは約20年前からエアロビのインストラ…
  4.  モミジの紅葉が関東で一番遅いといわれる房総でも、早くから紅葉する樹々がある。里山の散策路にみられるニシキギ(錦木)もその一つ。ニシキギ科ニ…
  5. 以前、英国の知人に、日本には豊富な食材が揃っていて羨ましいと言われた事があります。英国では数十年前まで、カボチャやトウモロコシ、スイカ、サツ…
  6.  鹿児島県出身。58歳。大学進学のため上京し卒業後、東京学芸大学付属養護学校(現・特別支援学校)にて教職に就く。同校小学部での3年間の勤務を…
  7.  私は事業をやっていますが、未だにうまくいかないことが多いです。子育てもうまくいかないことが多く、悩んだ時期もありました。しかし、今考えると…
  8. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 山武市松尾町在住の並木由美子さん(41)は米農家で、ジュニアフードセラピストとしても活躍している。料理教室では小麦粉の代わりに、生の米を用い…

おすすめ商品

  1. SG-507 ユネスコ世界遺産 フィルム 名入れカレンダー

    世界の自然や遺跡を厳選 – 豪華版・ユネスコ世界遺産シリーズ 1-2月/マチュ・ピチュの歴史保護区…
  2. TD-288 卓上L・大吉招福ごよみ・金運 名入れカレンダー

    金運の黄色と金箔「金運上昇八卦鏡」のW効果!驚異の金運力!金運上昇八卦鏡。 風水で八卦鏡とは、邪悪…
  3. SG-951 卓上 デスクスタンド文字(SB-324)名入れカレンダー

    【人気商品】卓上名入れカレンダーの超ヒット商品! 高級感が漂うシンプルデザイン。重量感のある厚紙を…
  4. SB-103 金澤翔子作品集 名入れカレンダー

    気鋭の書家、金澤翔子さんによる書下ろし作品集。 先天性の障がいを持って生まれた少女が書と出会い、才…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る