リズムは自分の中にあるよ

 今年度で閉校になる市東第二小学校にて、文化庁の文化芸術による子供の育成事業『アフリカンミュージックコンサート』が開かれ、全校児童20人と保護者らがパワフルな太鼓演奏とワークショップを楽しんだ。
 昨秋、同校体育館に登場したのはコンゴ民主共和国出身で劇団四季のミュージカル『ライオンキング』初代パーカッションのB・B・モフランさん、タンザニア連合共和国出身でテレビアニメ『しまじろうのわお!』の主題歌を歌うダウディさん、沖縄出身のミュージシャンで司会進行も務めた当間典子さん。ほとばしる開放的なリズムで子どもたちに手拍子や掛け声を促した。
 モフランさんらの伸びのある歌声から聴こえてきたのはアフリカの言葉「カタコリソ」の繰り返し。日本語に似ているが「気をつけて」という意味。モフランさんは「ミソはアフリカでは目という意味。ミソラーメンは目玉ラーメンに聞こえる」、「コンバンハは掃除してください。アフリカでコンバンハって挨拶したら掃除がはじまっちゃうよ」とユーモアを交えて話した。
 子どもたちは2グループに分かれ、お母さんという意味の「マメ」を「マ」、「メ」の掛け声とともに太鼓にあわせ強弱をつけて拍手。さらに大人も参加して、速さを変えた手拍子で「チ・バ」、「カ・マ・タ」、「ア・キ・ハ・バ・ラ」と会場全体でセッションする。ダンスが始まると陽気なモフランさんに巻き込まれ、子どもたちは全身を使って踊り、笑顔になった。
 使われた太鼓は牛の皮を張ったドゥンドゥンバと足の間に挟んで叩くヤギの皮を張ったジャンベ。「西洋音楽には指揮者がいるけど、アフリカ音楽にはいない。前にいたら、邪魔だよね。リズムは自分の体の中にあるんだよ」と体験レッスン。こわごわと太鼓に触る子どもに「毛が生えてるけど動かないよ」とモフランさんは茶目っ気たっぷり。ジャンベは「トン・カツ・タ・ベル」、ドゥンドゥンバは「トンカツ・タベル」のリズムで楽しく打ち鳴らした。
 最後はモフランさんのピアノ演奏で、「みんなはお母さんから生まれた。動物たちもお母さんから生まれた」という曲、「心配ないよ、だいじょうぶ」という意味の曲などを美しいコーラスとともに聴かせた。アンコールを受けて演奏されたのはソーラン節。アフリカ音楽に典子さんの沖縄民謡風の掛け声も入り、大人も子どももよさこいソーランの振りで「ドッコイショ、ドッコイショ」と踊り、盛り上がった。
 子どもたちは「何だかワクワクした」、「アフリカの人はおもしろい」と熱気冷めない様子で出演者らとハイタッチをして終了。演奏した典子さんは「子どもたちの素直な笑顔や表現力に普段から先生方や地域から大切にされているのだなと感じた」と話した。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る