ハーブ王子のしあわせ健康レシピ

 分蜂の季節。ニホン蜜蜂を飼っている者にとっては待ち遠しい、期待に胸膨らむ季節です。桜の花が咲いた2週間後くらいが目安で、偵察蜂が新しい棲み家を探して飛び回るのを想定し、巣箱を設置します。匂いづけに巣の内面へ蜜蝋を塗り、キンリョウヘンという蘭の香りで蜜蜂を誘い込むのです。果たして今年は分蜂群を捕まえて、新しい家族ができるか否か。もしできなければ来年のこの時期まで待たなくてはなりません。  去年の台風に続き、今年はコロナウィルスと、閉塞する事柄が次から次へと襲ってきています。日常を覆される想像を絶する出来事に、いったい私たちは打ち勝つ事が出来るのか疑問さえ抱いてしまいます。里山の麓で自給自足をしているひとりの知人が「ここはコロナウィルスとは無縁だよ」と言っていましたが、私たちはこれまでの生活を根本的に見直さねばならない転換期に来ているのかも知れません。今回はその敷地内で豊富に繁っているクレソンをいただき、スープを作ってみました。

★クレソンスープ

●材料(4人分):オリーブオイル大匙1、玉ねぎ(微塵切)1、セロリ(スライス)1、ジャガイモ(サイコロ切)4 、水600ml、コンソメキューブ2、クレソン100g、牛乳150ml、ナツメグ少々、レモン果汁 適量、塩胡椒 少々

●作り方
1.熱した大きめの鍋にオリーブオイルを引き、玉ねぎ、セロリを入れて色づくまで軽く炒める。
2. (1)に水、ジャガイモ、コンソメキューブを加える。沸騰させてから約10分間、ジャガイモが柔らかくなるまで煮る。
3. (2)にクレソンを入れ、蓋をして5分程、しなるまで煮る。
4. (3)をフードプロセッサーに移し、全体が均等になるまで細かくする。
5. (4)を洗った鍋に移し、牛乳、ナツメグ、レモン果汁を加え、塩・胡椒で味を整える。

長谷川良二 市原市在住。ハーブコーディネーター、ガーデニングコーディネーター、歯科医師。公民館でのハーブの指導や、料理教室を開催しながら自然栽培で野菜を育て、養鶏、養蜂にもトライ中。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る