ハーブ王子のしあわせ健康レシピ

 分蜂の季節。ニホン蜜蜂を飼っている者にとっては待ち遠しい、期待に胸膨らむ季節です。桜の花が咲いた2週間後くらいが目安で、偵察蜂が新しい棲み家を探して飛び回るのを想定し、巣箱を設置します。匂いづけに巣の内面へ蜜蝋を塗り、キンリョウヘンという蘭の香りで蜜蜂を誘い込むのです。果たして今年は分蜂群を捕まえて、新しい家族ができるか否か。もしできなければ来年のこの時期まで待たなくてはなりません。  去年の台風に続き、今年はコロナウィルスと、閉塞する事柄が次から次へと襲ってきています。日常を覆される想像を絶する出来事に、いったい私たちは打ち勝つ事が出来るのか疑問さえ抱いてしまいます。里山の麓で自給自足をしているひとりの知人が「ここはコロナウィルスとは無縁だよ」と言っていましたが、私たちはこれまでの生活を根本的に見直さねばならない転換期に来ているのかも知れません。今回はその敷地内で豊富に繁っているクレソンをいただき、スープを作ってみました。

★クレソンスープ

●材料(4人分):オリーブオイル大匙1、玉ねぎ(微塵切)1、セロリ(スライス)1、ジャガイモ(サイコロ切)4 、水600ml、コンソメキューブ2、クレソン100g、牛乳150ml、ナツメグ少々、レモン果汁 適量、塩胡椒 少々

●作り方
1.熱した大きめの鍋にオリーブオイルを引き、玉ねぎ、セロリを入れて色づくまで軽く炒める。
2. (1)に水、ジャガイモ、コンソメキューブを加える。沸騰させてから約10分間、ジャガイモが柔らかくなるまで煮る。
3. (2)にクレソンを入れ、蓋をして5分程、しなるまで煮る。
4. (3)をフードプロセッサーに移し、全体が均等になるまで細かくする。
5. (4)を洗った鍋に移し、牛乳、ナツメグ、レモン果汁を加え、塩・胡椒で味を整える。

長谷川良二 市原市在住。ハーブコーディネーター、ガーデニングコーディネーター、歯科医師。公民館でのハーブの指導や、料理教室を開催しながら自然栽培で野菜を育て、養鶏、養蜂にもトライ中。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…
  2.  大網白里市在住の大森良三さんが長年描いてきた作品を飾る小さな美術館が昨年9月、同市ながた野にオープンした。そこは私設『よこい美術館』。永田…
  3.  茂原市の東部台文化会館において昨年7月~11月、同館主催の『公式ワナゲ教室』が開催された。教室は全8回、新型コロナウィルス感染拡大の影響で…
  4.  この4年間、ハーブを使った料理を中心に話をしてきました。以前にもこのコラムの中で述べましたが、人類の誕生以来、ハーブは薬草として日常の生活…
  5.  明けましておめでとうございます。昨年は、新型コロナウイルスが猛威を振るい、世界は一変しました。暗いニュースが多い一年でしたが、新しい年を迎…
  6.  大多喜町は、徳川四天王の1人で近世大多喜城初代城主となった本多忠勝によって整備された城下町だ。大多喜城とその城下町に多く残された古い家並み…
  7.  今月1月24日(日)、夢ホールプレゼンツ『新春ドリームコンサート』が夢ホール(市原市更級)にて行われます。第1部は平安時代の文学作品の朗読…
  8.  ホキ美術館は世界初の写実絵画専門美術館として2010年11月3日、千葉市緑区に開館。10周年を記念して、5月16日(日)まで『ベストコレク…
  9.  パラパラとキノコの図鑑を見ていると、様々な変わった形のものが出てきます。へー面白いなぁと名前を見て、妙に納得してしまったのがこのカブラテン…
  10.  大多喜町の『大多喜食品工房』は、地元特産のシイタケやタケノコを幅広く販売している。昨年11月9日、同社社長の千葉貞郎さんには木更津市渡辺芳…

ピックアップ記事

  1. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る