いちはら梨サイダー 飲んで歌って地元を盛り上げよう

 さわやかな炭酸にほんのりとした市原産の梨の香りと甘さが加わった『いちはら梨サイダー』。小湊鐵道⑭とJA市原市が開発し、昨年4月以来、市内JA、五井駅、養老渓谷駅、道の駅あずの里いちはらなどで販売されてきた。ノスタルジックなラベルが目を惹き人気で品切れになることも。さらに元気な名店が集う『いちはらうまいもの会』や『市原市料飲調理師会』がお酒やスイーツに使って提供しようと独自にポスターやノボリを作り動き始めた。
 1月29日には「ご当地サイダーと地元歌手、町会も巻き込みオール市原で商売繁盛をさせ地域を盛り上げたい」と市原市商工会議所市津支部・市津商店会主催『杉田淳新春歌謡ショー』を開催。和食処『八幡屋』に集まった100人以上が同サイダーを使ったハイボールで乾杯した。もちろん「飲みやすい」、「知人に贈りたい」など評判は上々。
続いて市内金剛地出身の演歌歌手杉田淳さんが登場し、『初雪の宿』や市原の地名が出る『房総ブルース』など女心を歌いあげた。 「杉田さんとハグすると20年は長生きします」と笑顔で司会を務めたのは『FMいちはら』のラジオパーソナリティ今井翔子さん。地元柳流一扇会も家元の伊藤一江さんのオリジナル振り付けで歌に華を添えた。
小湊鐵道によると「ハイボールの配合はサントリーの協力を得て編み出した企業秘密。知りたい方は市内の居酒屋で飲んで聞いて」とのこと。取り扱い店は青地に梨サイダー・ハイボールと白く染め抜かれたノボリが目印。

問合せ いちはら梨サイダー・ 小湊鐵道(株)
TEL 0436・21・6771 
問合せ 杉田淳後援会・宍倉さん
TEL 080・1304・1357

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  広さ約1万5千平方メートルの十枝の森。敷地内には30種・数百本の広葉樹が大きく枝を広げ、例年11月の終わりから12月初旬にかけ見事に色づく…
  2.  自宅庭の落葉を片付けていたら、ゴツイ感のあるクロベンケイガニがじっとしていました。この時期は気温が低く、冬眠状態です。  クロベンケイガ…
  3.  風に揺れだしそうなコスモスの花、鳥が今にも飛んで来そうなチャイニーズホーリーの赤い実。 白地に描かれた植物からは、花びらや葉の手触りまで伝…
  4.  道の駅『みのりの郷東金』『東金マルシェ』で販売されているベジ・スイーツ『東金天門どう』。東金市の歴史文化を研究し生み出された銘菓です。 …
  5. 「寿」の文字をあしらった小袖、漁師の晴れ着と言われる「万祝(まいわい)」。県立中央博物館 大多喜城分館では、今年度の企画展として「福を呼ぶ小…
  6. 「失敗をしたと思うときはいつだって、それがあなたにとっての利益になる。素晴らしいことを成し遂げたという思いしかないというのなら、あなたはお…
  7.  昨年秋の相次ぐ台風と豪雨災害。何度も被災し一部区間が不通だった小湊鐵道が、3カ月間に及ぶ復旧作業によって、全線開通を果たしてから半年後の夏…
  8.  毎年この季節は、卵やバターたっぷり濃厚な、オーブンで焼き上げる伝統的パンプキンタルトを作っていました。長い間そうした材料を使うのが当たり前…

ピックアップ記事

  1.  広さ約1万5千平方メートルの十枝の森。敷地内には30種・数百本の広葉樹が大きく枝を広げ、例年11月の終わりから12月初旬にかけ見事に色づく…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る