いちはら梨サイダー 飲んで歌って地元を盛り上げよう

 さわやかな炭酸にほんのりとした市原産の梨の香りと甘さが加わった『いちはら梨サイダー』。小湊鐵道⑭とJA市原市が開発し、昨年4月以来、市内JA、五井駅、養老渓谷駅、道の駅あずの里いちはらなどで販売されてきた。ノスタルジックなラベルが目を惹き人気で品切れになることも。さらに元気な名店が集う『いちはらうまいもの会』や『市原市料飲調理師会』がお酒やスイーツに使って提供しようと独自にポスターやノボリを作り動き始めた。
 1月29日には「ご当地サイダーと地元歌手、町会も巻き込みオール市原で商売繁盛をさせ地域を盛り上げたい」と市原市商工会議所市津支部・市津商店会主催『杉田淳新春歌謡ショー』を開催。和食処『八幡屋』に集まった100人以上が同サイダーを使ったハイボールで乾杯した。もちろん「飲みやすい」、「知人に贈りたい」など評判は上々。
続いて市内金剛地出身の演歌歌手杉田淳さんが登場し、『初雪の宿』や市原の地名が出る『房総ブルース』など女心を歌いあげた。 「杉田さんとハグすると20年は長生きします」と笑顔で司会を務めたのは『FMいちはら』のラジオパーソナリティ今井翔子さん。地元柳流一扇会も家元の伊藤一江さんのオリジナル振り付けで歌に華を添えた。
小湊鐵道によると「ハイボールの配合はサントリーの協力を得て編み出した企業秘密。知りたい方は市内の居酒屋で飲んで聞いて」とのこと。取り扱い店は青地に梨サイダー・ハイボールと白く染め抜かれたノボリが目印。

問合せ いちはら梨サイダー・ 小湊鐵道(株)
TEL 0436・21・6771 
問合せ 杉田淳後援会・宍倉さん
TEL 080・1304・1357

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…
  2. [caption id="attachment_37361" align="alignright" width="150"] 稲荷の祠[/c…
  3.  明治時代から天然ガスの採掘が行われている茂原市で、天然ガスに焦点を当てたご当地検定「もばら検定ガス博士」が8月29日・30日に行われました…
  4.  先日のこと。いつものようにパソコンデスクにコーヒーカップを置きました。その時、フッと『こぼしそうだな…』と思ったんです。その後、席を立って…
  5.  つぶらな黒い眼が愛くるしい『ウリ坊まん』。大多喜町特産のタケノコと、同じく町内で獲れるイノシシの肉が具材の肉まんだ。 [capt…
  6. 「持続化給付金」は新型コロナウイルスの影響で売り上げが大きく落ち込んだ事業者が対象で、確定申告の書類や通帳の写しなどを添付し申請、認められれ…
  7.  写真は、昨年10月25日、台風21号の影響による豪雨の直後に、市原市・新番場橋の上から撮影したものです。川幅いっぱいに増水した川の水が今に…
  8.  昨秋の集中豪雨で作品・建物共に被災し、休館していたホキ美術館(千葉市緑区)が8月1日、約9カ月ぶりにリニューアルオープンした。新たなスター…

ピックアップ記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る