咲き始めた約60種類9万本のユリ

咲き始めた約60種類9万本のユリ

 夏の訪れを告げるユリ。花のニュースポット『市原鶴舞ゆり園』(市原市鶴舞939の1)のユリも見頃を迎えている。
 61種類約9万本の色とりどりのユリが咲く園には、昨秋、展望台『見晴らしデッキ』も完成し、ゆり園はもちろん、眼下の風景や目の前に広がる美しい山並みも一望できる。そのロケーションの良さは房総でもピカイチ。
 6月中旬には和太鼓やヒップホップなど市街地では練習の場が少ない「子どもたちの遊び場」や地域活性化のためのイベント会場にとログハウスも完成予定。利用希望者は直接、園を訪れて担当者と話してほしいとのこと。
 園内を彩るユリは、テッポウユリ、カサブランカなどの様々な品種が見られるが、その間にフレッシュなグリーンが涼感を誘うのは、「ほうき草」とも呼ばれるコキア。秋にはユリの葉の紅葉と共に、コキアの紅色も楽しめる。
 園内に入りすぐ目につくのが、野菜畑と生育試験棟(栽培ハウス)。同園では、ユリも野菜も「無菌の土」焼成材を使った無農薬で肥料も一切与えない栽培法をとっている。担当者は「それでも雑草が生えてこない。しかし、野菜もユリもちゃんと育っている。農家やガーデニングでは、この暑い時期の草取りは大変。新しい農法を提案したい」と話す。この農法に関心のある人は、農園育成ボランティアを随時募集しているので、現地で担当者に問い合わせて。尚、無農薬栽培のニンニク掘り体験も受け付けている。
 ユリは7月いっぱい楽しめる予定。花の管理はボランティアスタッフが行っており、多忙なため園への電話問い合わせは不可。開園時間は9~16時。入園料1000円(プレゼント付き)。高校生以下は無料。ユリの花束や球根、地元農産物を販売する売店もあり。爽やかな甘いユリの香り漂う園へ出かけてみては。

問合せ 市原市観光振興課
TEL 0436・23・9755

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  全国高等学校ダンスドリル選手権大会2021(主催NPOミスダンスドリルチーム・インターナショナル・ジャパン)が、7月30日~8月1日、丸善…
  2.  数年前にホーリーバジルの種をご近所のYさんに分けて頂いて、それ以来、毎年夏が始まる頃に種を蒔き、秋が深まる頃に新しくできた種を収穫し、また…
  3.  体験型リゾート施設『Sport & Do Resort リソルの森』(千葉県長柄町上野521の4)では、昨年、関東屈指のトレーニングセンタ…
  4.  東金市役所で東金市危機管理監として勤務する藤崎直江さんは、10月に『事例で読み解く危機管理プロからの贈り物 実践から学ぶ―苦情対応・危機管…
  5.  オシドリといえば仲の良い夫婦の代名詞ですが、実は毎年相手を代えていると、自然好きの皆さんならご存じかもしれません。野鳥の会の会員は結婚式で…
  6.  近場で楽しめる冬のオススメスポットをご紹介!千葉市中央区にある千葉市科学館では、毎月『きぼーる星空観察会』を開催している。これは、科学館の…
  7.  毎月第1・3火曜日、茂原市粟生野の豊岡福祉センターにて、『豊岡レインボーサークル』の『レインボー健康体操』教室が開かれている。『レインボー…
  8.  私が小学生の頃、同じ地区の小学生がいる5世帯が、月に一度、持ち回りで自宅に子ども達を集めて『子供会』を行っていました。クリスマス会では、6…
  9. ☆佐藤春治さん(2回目) ☆篠田昌弘さん(1回目)  市町村別のゴルフ場の数で日本一を誇る市原市。市内全32カ所33コースを巡るスタンプラ…
  10. 「晴れたら市原、行こう。」をコンセプトに、2014 年からトリエンナーレ形式で開催されてきた「いちはらアート×ミックス…

ピックアップ記事

  1.  全国高等学校ダンスドリル選手権大会2021(主催NPOミスダンスドリルチーム・インターナショナル・ジャパン)が、7月30日~8月1日、丸善…

おすすめ商品

  1. SG-507 ユネスコ世界遺産 フィルム 名入れカレンダー

    世界の自然や遺跡を厳選 – 豪華版・ユネスコ世界遺産シリーズ 1-2月/マチュ・ピチュの歴史保護区…
  2. TD-288 卓上L・大吉招福ごよみ・金運 名入れカレンダー

    金運の黄色と金箔「金運上昇八卦鏡」のW効果!驚異の金運力!金運上昇八卦鏡。 風水で八卦鏡とは、邪悪…
  3. SG-951 卓上 デスクスタンド文字(SB-324)名入れカレンダー

    【人気商品】卓上名入れカレンダーの超ヒット商品! 高級感が漂うシンプルデザイン。重量感のある厚紙を…
  4. SB-103 金澤翔子作品集 名入れカレンダー

    気鋭の書家、金澤翔子さんによる書下ろし作品集。 先天性の障がいを持って生まれた少女が書と出会い、才…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る