咲き始めた約60種類9万本のユリ

咲き始めた約60種類9万本のユリ

 夏の訪れを告げるユリ。花のニュースポット『市原鶴舞ゆり園』(市原市鶴舞939の1)のユリも見頃を迎えている。
 61種類約9万本の色とりどりのユリが咲く園には、昨秋、展望台『見晴らしデッキ』も完成し、ゆり園はもちろん、眼下の風景や目の前に広がる美しい山並みも一望できる。そのロケーションの良さは房総でもピカイチ。
 6月中旬には和太鼓やヒップホップなど市街地では練習の場が少ない「子どもたちの遊び場」や地域活性化のためのイベント会場にとログハウスも完成予定。利用希望者は直接、園を訪れて担当者と話してほしいとのこと。
 園内を彩るユリは、テッポウユリ、カサブランカなどの様々な品種が見られるが、その間にフレッシュなグリーンが涼感を誘うのは、「ほうき草」とも呼ばれるコキア。秋にはユリの葉の紅葉と共に、コキアの紅色も楽しめる。
 園内に入りすぐ目につくのが、野菜畑と生育試験棟(栽培ハウス)。同園では、ユリも野菜も「無菌の土」焼成材を使った無農薬で肥料も一切与えない栽培法をとっている。担当者は「それでも雑草が生えてこない。しかし、野菜もユリもちゃんと育っている。農家やガーデニングでは、この暑い時期の草取りは大変。新しい農法を提案したい」と話す。この農法に関心のある人は、農園育成ボランティアを随時募集しているので、現地で担当者に問い合わせて。尚、無農薬栽培のニンニク掘り体験も受け付けている。
 ユリは7月いっぱい楽しめる予定。花の管理はボランティアスタッフが行っており、多忙なため園への電話問い合わせは不可。開園時間は9~16時。入園料1000円(プレゼント付き)。高校生以下は無料。ユリの花束や球根、地元農産物を販売する売店もあり。爽やかな甘いユリの香り漂う園へ出かけてみては。

問合せ 市原市観光振興課
TEL 0436・23・9755

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 『真冬の温泉ヨガ』『春を見つけるヨガ散歩』『寺ヨガ』『ほたるナイトヨガ』『渓流せせらぎヨガ』……今後、興味津々のプログラムが予定されている…
  2. 昨年9月、10月の台風は、市原にも大きな被害を出し、ニュースとして連日報道された。今月19日には、気象庁がこの2つの台風に対し、災害における…
  3.  40年余り自宅の一室で開いている洋裁教室で、小物づくりと洋裁を仲間とともに楽しんでいます。私がつるし雛に出会ったのは、平成14年2月、伊…
  4.  冬の代表的スポーツと言えばスキー。今年度の市民スキー教室が1/24(金)夜~1/26(日)、長野県木島平で小学生から70歳代までの市民が…
  5. 1月28日(火)、市原警察署にて、令和元年署長感謝状の贈呈式が行われました。シティライフも、昨年から本紙に掲載する防犯特集記事が支援・協力に…
  6.  五井駅西口から歩いて十分ほどの所にこの神社はある。社伝によると、大宮神社の社名は広大な境内に由来し、鎮座は景行天皇の御代、日本武尊が御東…
  7. 去年の秋の凄まじい台風の影響で、巣箱が全滅に近い被害を受け、いったんは諦めかけた養蜂もどうやら長く寒い冬を生き抜く事ができそうです。桜の花が…
  8.  2018年3月、市原市君塚にオープンした『和み処 白金茶寮(しろがねさりょう)』。『やちばあちゃん秘伝のだんご』をテーマに地元の素材を生…
  9. いすみ市下布施の県道沿いの田んぼでは、冬の間、コハクチョウの群れが餌をついばんでいる。大多喜町在住の土屋治雄さんは、その姿を写真に収め、観察…
  10. 「背筋を伸ばして」と声が掛かり、「おはようございます」と全員で手をつき丁寧に挨拶する。床の間に飾られた掛け軸や花、花入れを愛で、季節や先人た…

ピックアップ記事

  1. 『真冬の温泉ヨガ』『春を見つけるヨガ散歩』『寺ヨガ』『ほたるナイトヨガ』『渓流せせらぎヨガ』……今後、興味津々のプログラムが予定されている…

イベント情報まとめ

  1. ※イベントの開催につきまして、ご確認の上ご参加いただきますようお願い申し上げます。 ◆サークル ・よさこいチーム飛翠迅 毎(月) 19~2…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る