9月の終わり頃にチャドクガの幼虫(毛虫)の毛に触れてしまったようです。チャドクガは蛾の一種で毛先に強力な毒を含んでおり、お茶の木、サザンカ、ツバキなど椿科の葉に発生することから、チャドクガと呼ばれているようです。毛に触れてしまうと皮膚の広範囲に水疱を生じ、激しい痒みが2週間ほど続きます。幼虫が発生する時期は4~5月と9~10月の2回。毒は卵、幼虫、成虫とも持っており、特に幼虫が危険だそうです。

 その日は暑かったのであろうことか私は上半身裸、下は半ズボンという出立ちで、椿の木の近くで作業をしていました。その間にチャドクガの幼虫に触れてしまったのか、飛んで来た毛に触れたのか、庭仕事がひと段落したところで突然肩の辺りが痒くなり始め、首と腕に湿疹ができており、さらに患部を触った手で他の部分も触れてしまったので、脇腹や膝の周りまで炎症が広がってしまいました。耐えがたいほどの痒みに襲われ、寝ている間も無意識のうちに身体中を掻き、目が覚めてしまうほどでした。

 実は恥ずかしながら、そのような毛虫が椿の葉に潜んでいる事を全く知らなかったのです。何事も経験とはいえ、2度とこのような経験はしたいとは思いません。さて、落花生が収穫できたので今回はピーナッツバターを作ってみました。

 

●材料:ピーナッツ 30g、バター50g、白ワイン100㏄、黒砂糖30g、ココアパウダー小さじ2(これは目安です。分量を変えてもそれほど影響はないので、味見をしながらお好みで調整して下さい)

 

●作り方

①ピーナッツをミルにかけて細かく粉砕する。

②小鍋に白ワインを入れ、沸騰させてアルコールを飛ばす。

③ ②に①と残りの材料を入れ、溶けるまで撹拌する。

④そのまま冷ますと分離してしまうのでボウルに氷水を作り、そこに鍋を置いて固まるまで撹拌し続ける。

 

◇長谷川良二。長柄町在住。ハーブコーディネーター、ガーデニングコーディネーター、歯科医師。市原を中心に公民館でのハーブの指導などをしながら自然栽培で野菜を育て、養鶏、養蜂にもトライ中。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…
  2.  市原市不入の市原湖畔美術館にて、企画展『レイクサイドスペシフィック!─夏休みの美術館観察』が7月20日(土)に開幕する。同館は1995年竣…
  3. 【写真】長沼結子さん(中央)と信啓さん(右) 『ちょうなん西小カフェ』は、長生郡長南町の100年以上続いた小学校の廃校をリ…
  4.  沢沿いを歩いていたら、枯れ木にイヌセンボンタケがびっしりと出ていました。傘の大きさは1センチほどの小さなキノコです。イヌと名の付くものは人…
  5. 『道の駅グリーンファーム館山』は、館山市が掲げる地域振興策『食のまちづくり』の拠点施設として今年2月にオープン。温暖な気候と豊かな自然に恵…
  6.  睦沢町在住の風景写真家・清野彰さん写真展『自然の彩り&アートの世界』が、7月16日(火)~31日(水)、つるまい美術館(市原市鶴舞)にて開…
  7.  子育て中の悩みは尽きないものですが、漠然と考えている悩みでも、種類別にしてみると頭の整理ができて、少し楽になるかもしれません。まずは、悩み…
  8.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る