防災 風水害への備えを再確認!

 近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災害時に危険な場所にいる人は、避難することが原則。各対策も含め、再確認しておこう。

◆避難で知っておくべき5つのポイント

・避難とは「難」を「避」けること。安全な場所にいる人は避難場所に行く必要がない
・避難先は公民館・コミュニティセンター・小中学校だけでなく、安全な親戚・知人宅も考える
・マスク・消毒液・体温計が不足するため、できるだけ自ら携行する
・市が避難所を開設する時は、市のホームページや市原市情報配信メール、防災行政無線、Yahoo!防災速報などの情報で確認する
・豪雨時の屋外の移動は車も含め危険!やむをえず車中泊をする場合は、浸水しないよう周囲の状況等を十分確認する
 市では、各種災害ハザードマップや、指定避難所・指定緊急避難場所一覧などの防災情報に加え、平時から災害の備えに役立つ記事などを1冊にまとめた新たな『市原市防災マップ』を各家庭に1冊ずつ配布。地域の災害リスクや、安全な避難場所・避難路を家族で確認し、避難時の役割分担や連絡方法も話し合っておこう。

◆家屋の危険個所の確認

屋根瓦やトタンの壊れ/窓のひび割れやがたつき/雨戸は閉まるか/雨どいの枯れ葉などのつまり/プロパンガスのボンベの固定 等

◆周囲の危険個所の確認

家の周りで、土砂崩れが発生しやすい危険な場所など、事前に把握し近づかないようにする。
山や斜面に亀裂やわき水がある/崩れやすい地質/急斜面/水が集まりやすい/落石の恐れ 等

◆非常持ち出し品の確認

背負いやすいリュックなどに入れて、すぐに持ち出せる場所に準備する。
貴重品/応急医薬品・常備薬/衛生用品/衣類/非常食・飲料水/生活用品/ヘルメット・防災ずきん/携帯ラジオ・懐中電灯・予備の電池など

◆危険が迫ったら

避難情報が出たらすぐ対応できるよう準備。
・ 自宅にいる場合
 テレビ、ラジオ、ホームページなどで気象情報に注意し、「注意報」や「警報」が発表されるなど災害の危険性が迫ったら早めに避難。ただし、浸水が始まっていたり、夜間で見通しが悪かったりする場合、屋外での移動をできるだけ避け、倒壊の危険がない建物(自宅又は近隣建物)の2階以上に一時避難することも考慮する。また、大雨により土砂災害発生の危険度が高まった場合には、斜面の状況に注意を払い、普段とは異なる状況(土の臭いがしたり、小石が落ちてくるなどの土砂災害の前兆現象)に気がついたら、直ちに周りの人と安全な場所に避難する。
・ 外出先の場合
 強風による飛来物に注意し、堅固な建物の2階以上に避難。 建物の中にいたら、むやみに外へは出ず、2階以上に避難して気象情報に注意する。エレベーターは停電などで閉じ込められる危険があるので、使わない。水辺にいたら、速やかに離れて高台へ避難。車に乗っていた場合は、地下道などの通行は避け、スピードを落として高台へ向かう。浸水などで車がエンストした時は無理に再起動せず、その場に置いて避難する。

◆資料提供:市原市危機管理課
TEL.0436・23・9823

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…
  2.  大網白里市在住の大森良三さんが長年描いてきた作品を飾る小さな美術館が昨年9月、同市ながた野にオープンした。そこは私設『よこい美術館』。永田…
  3.  茂原市の東部台文化会館において昨年7月~11月、同館主催の『公式ワナゲ教室』が開催された。教室は全8回、新型コロナウィルス感染拡大の影響で…
  4.  この4年間、ハーブを使った料理を中心に話をしてきました。以前にもこのコラムの中で述べましたが、人類の誕生以来、ハーブは薬草として日常の生活…
  5.  明けましておめでとうございます。昨年は、新型コロナウイルスが猛威を振るい、世界は一変しました。暗いニュースが多い一年でしたが、新しい年を迎…
  6.  大多喜町は、徳川四天王の1人で近世大多喜城初代城主となった本多忠勝によって整備された城下町だ。大多喜城とその城下町に多く残された古い家並み…
  7.  今月1月24日(日)、夢ホールプレゼンツ『新春ドリームコンサート』が夢ホール(市原市更級)にて行われます。第1部は平安時代の文学作品の朗読…
  8.  ホキ美術館は世界初の写実絵画専門美術館として2010年11月3日、千葉市緑区に開館。10周年を記念して、5月16日(日)まで『ベストコレク…
  9.  パラパラとキノコの図鑑を見ていると、様々な変わった形のものが出てきます。へー面白いなぁと名前を見て、妙に納得してしまったのがこのカブラテン…
  10.  大多喜町の『大多喜食品工房』は、地元特産のシイタケやタケノコを幅広く販売している。昨年11月9日、同社社長の千葉貞郎さんには木更津市渡辺芳…

ピックアップ記事

  1. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る