作ってみよう!男の夏料理

作ってみよう!男の夏料理

 6月21日(金)、加茂公民館で主催された『メンズクッキング 和食の基本』では豪華な食材がテーブルの上でひしめき合った。男の料理教室を率いる講師は木村みどりさん。この日はカツオのたたき、中落ちアラ煮、雷汁、七福キンピラ、水ヨーカンの5種類に挑戦。旬の魚や野菜が目白押しだ。「今回はカツオ料理がメイン。なんといってもカツオのたたき。骨回りも捨てずに使うよう、中落ちアラ煮も行います」と木村さん。たたきの材料は以下。 
 カツオ1体、にんにく3個、生姜2かけ、しその葉適宜、ワカメ30グラム、みょうが3個、大根2分の1本、玉葱1個、レモン1個、酢100ミリリットル、醤油50ミリリットル、塩少々と盛りだくさん。
 作り方。まず、カツオを5枚におろし塩をふる。「たたきは皮に虫がいることがあるが焼くことで死んでしまい、食中毒の予防になる。皮目はよく、他はさっと焼く。臭みがとれるのもポイント。今が旬だが、9月のもどりガツオでもたたきができる」と木村さんはテーブルを回りながら話す。参加者は頷き、おろした各カツオに5本の串を末広に刺し、ガスで炙っていった。焼いたカツオは冷水につけてよく拭いておく。
 次は調味料。バットに酢、醤油、レモン汁をかけて生姜のおろしをのせる。事前に切っておいた薬味野菜を加えてたたき、厚めに切ったカツオをのせて出来上がり。「これぞ男の料理という感じだな!」、「豪華すぎて目がくらむ」など感想を話しながら、参加者は満足そうに完成品を写真に収めていた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  いつもの房総丘陵の奥で、シイ属の朽木に五百円玉くらいの変わったキノコの幼菌を発見!一カ月ほど経つと表皮が破れ、中からタールのようなテラテラ…
  2.  およそ20年もの間、秋から冬の気温の低い時期にかけて、毎年一年分の手作りベーコンを作ってきました。肉の表面に塩、胡椒、ハーブ類を擦り付け、…
  3.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…
  4.  5月24日(火)、五井公民館で『房総太巻き寿司教室』が開催された。主催は市原市ボランティア連絡協議会(以下V連協・鈴木幹夫会長)のFF部。…
  5.  周囲に迷惑をかけず人生を終わらすための『終活』。身の回りの品や資産の整理などの準備を行い、人生のセカンドステージをより良く過ごすためにライ…
  6.  人間誰しも間違いや失敗は起こします。子どもなら尚更です。子どもが間違いや失敗した後に、周りの大人がどのような対応をするかで、その子の考え方…
  7.  茂原市在住・黛葉(まゆずみよう)さんが初めて本を出版しました。飼っていた2匹の猫、マミ&モモのエピソードを抜粋した体験記と、モモのファンタ…
  8.  初夏になると近所にある水路の斜面一画に、藤の花のような紫のグラデーションがきれいな、ナヨクサフジの花が咲き誇ります。  ナヨクサフジは、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る