作ってみよう!男の夏料理

作ってみよう!男の夏料理

 6月21日(金)、加茂公民館で主催された『メンズクッキング 和食の基本』では豪華な食材がテーブルの上でひしめき合った。男の料理教室を率いる講師は木村みどりさん。この日はカツオのたたき、中落ちアラ煮、雷汁、七福キンピラ、水ヨーカンの5種類に挑戦。旬の魚や野菜が目白押しだ。「今回はカツオ料理がメイン。なんといってもカツオのたたき。骨回りも捨てずに使うよう、中落ちアラ煮も行います」と木村さん。たたきの材料は以下。 
 カツオ1体、にんにく3個、生姜2かけ、しその葉適宜、ワカメ30グラム、みょうが3個、大根2分の1本、玉葱1個、レモン1個、酢100ミリリットル、醤油50ミリリットル、塩少々と盛りだくさん。
 作り方。まず、カツオを5枚におろし塩をふる。「たたきは皮に虫がいることがあるが焼くことで死んでしまい、食中毒の予防になる。皮目はよく、他はさっと焼く。臭みがとれるのもポイント。今が旬だが、9月のもどりガツオでもたたきができる」と木村さんはテーブルを回りながら話す。参加者は頷き、おろした各カツオに5本の串を末広に刺し、ガスで炙っていった。焼いたカツオは冷水につけてよく拭いておく。
 次は調味料。バットに酢、醤油、レモン汁をかけて生姜のおろしをのせる。事前に切っておいた薬味野菜を加えてたたき、厚めに切ったカツオをのせて出来上がり。「これぞ男の料理という感じだな!」、「豪華すぎて目がくらむ」など感想を話しながら、参加者は満足そうに完成品を写真に収めていた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…
  2.  大網白里市在住の大森良三さんが長年描いてきた作品を飾る小さな美術館が昨年9月、同市ながた野にオープンした。そこは私設『よこい美術館』。永田…
  3.  茂原市の東部台文化会館において昨年7月~11月、同館主催の『公式ワナゲ教室』が開催された。教室は全8回、新型コロナウィルス感染拡大の影響で…
  4.  この4年間、ハーブを使った料理を中心に話をしてきました。以前にもこのコラムの中で述べましたが、人類の誕生以来、ハーブは薬草として日常の生活…
  5.  明けましておめでとうございます。昨年は、新型コロナウイルスが猛威を振るい、世界は一変しました。暗いニュースが多い一年でしたが、新しい年を迎…
  6.  大多喜町は、徳川四天王の1人で近世大多喜城初代城主となった本多忠勝によって整備された城下町だ。大多喜城とその城下町に多く残された古い家並み…
  7.  今月1月24日(日)、夢ホールプレゼンツ『新春ドリームコンサート』が夢ホール(市原市更級)にて行われます。第1部は平安時代の文学作品の朗読…
  8.  ホキ美術館は世界初の写実絵画専門美術館として2010年11月3日、千葉市緑区に開館。10周年を記念して、5月16日(日)まで『ベストコレク…
  9.  パラパラとキノコの図鑑を見ていると、様々な変わった形のものが出てきます。へー面白いなぁと名前を見て、妙に納得してしまったのがこのカブラテン…
  10.  大多喜町の『大多喜食品工房』は、地元特産のシイタケやタケノコを幅広く販売している。昨年11月9日、同社社長の千葉貞郎さんには木更津市渡辺芳…

ピックアップ記事

  1. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る