美しい九十九里浜の景観を守るために

 昨年12月、平成25年度第3回景観セミナー『景観セミナーin九十九里浜』(主催千葉県・山武市)が開催された。講師に千葉大学名誉教授の北原理雄さんを招き、蓮沼ガーデンハウスマリーノにて午後1時半より開かれたセミナーに先立ち、午前中には約55名の参加者によって、殿下海岸から南浜海岸までの約2に及ぶ浜の清掃活動も行われ、ゴミ袋139個分のゴミが回収された。
『九十九里浜の景観 守り 育て 後世につなぐ』と題したセミナーでは、まず景観は私たちが知らず知らずのうちに変えて(壊して)しまっていること。地域の健康が景観に表れることが話された。北原さんが関わった『三番瀬』の復興を例に、子どもたちを巻き込み、住民と海をつなげるプロジェクトを展開し、三番瀬を後世に残す取り組みを行ってきたことが説明され、「みんなで考えれば変えていく方向を決められる」と北原さんは話した。
 九十九里浜には長く続く砂浜に加え、浜を彩る草花、松林や広い水田地帯など、暮らしと自然が一体となった素晴らしい景観がまだまだ残されている。その反面、自然は時に牙をむくことも忘れてはならない。そこで、災害への備えと毎日の暮らしの両立を考え、情報を共有できるネットワークを作ることも重要だという。
 最後に北原さんは、景観は総合的な環境のバロメーターであり、景観に注意を払うことで地域のよいところが見えてきて、それは直接暮らしと結びついているものであり、地域のネットワークによって支えられ、はじめて『守り 育て 後世につなぐ』ことができると結んだ。美しい九十九里浜の景観を後世に残すため、我々ひとりひとりが考え、手をつなげば必ず景観は守られるはずだ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  年数回、様々な分野の講師が招かれる、袖ケ浦市教育委員会主催『市民三学大学講座』。今年2月には、第38期第4回が生涯学習推進大会の記念講演会…
  2.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…
  3.  トンボはどんな色?と尋ねると、「アカトンボ」などに歌われるような赤、オニヤンマのような黒と黄色の縞模様、シオカラトンボの粉を帯びた灰青色、…
  4.  私は水には何よりもこだわりを持っています。東日本大震災以前は、十数本の大きな水の容器を車に積み込み、実家のある福島まで月に一度、山の奥深く…
  5.  子育てのことわざで、「大きいやかんは沸きが遅い」というものがあります。小さいやかんでは、すぐにお湯が沸きますが、実は大した量ではありません…
  6.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  7.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  8.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  9.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…

ピックアップ記事

  1.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る