ソバの匠と和スイーツ

 ソバは同じ材料で打っても毎日の気温や湿度によって食味が微妙に異なる。「ソバ作りに正解はない」と話すのは手打ち蕎麦・和カフェ『貴匠庵』(きしょうあん)の店主小川貴広さん(36)。「ソバ本来の味と香りを楽しんでほしい」と扱いの難しい全粒粉を粗挽きにし、細くてもコシのある麺を出す。少し甘目のツユをはじめ、季節を先取りしたコース料理も一人で作るから朝4時からの仕込み時間は開店している時間より長い。ソバ粉を使ったケーキやミルクプリンなど人気の和スイーツは何度も試作したオリジナル、鮮度を保つため野菜は毎日市場からと食にかける姿勢は本格派。東金の人気店『東京庵』の6代目に当たる。店はホキ美術館や昭和の森公園近く。ランチやお茶をはさんでのお出かけにお薦め。誠実な人柄の店主を支える明るい女将の心遣いも伝わるおしゃれな店である。
 今年、「女性客にも、通にも喜ばれる店を目指し、お客様の質問にきちんと答えたい」という熱意から、全国麺類生活衛生同業組合認定『蕎麦鑑定士』の資格を取った。産地、粉の挽き方や割合の違う12種類の伝統的なソバを見分ける試験に合格したあと、ソバ研究者らの講義を受けると認定されるという。一昨年からできた資格でまだ3級までしかないが、4級から1級まで取得すると『48種類のソバについて味わうべき魅力を知り、見分けられる人』となる。「業界全体を盛り上げたい」と広い視野に立つ小川さんは店を切り盛りし、年一回の試験に向けさらに勉強中だ。

問合せ 貴匠庵
TEL 043・295・3838
住所 千葉市緑区あすみが丘東1の13の14
営業 11~17時。日曜日・第3月曜日定休

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る