ソバの匠と和スイーツ

 ソバは同じ材料で打っても毎日の気温や湿度によって食味が微妙に異なる。「ソバ作りに正解はない」と話すのは手打ち蕎麦・和カフェ『貴匠庵』(きしょうあん)の店主小川貴広さん(36)。「ソバ本来の味と香りを楽しんでほしい」と扱いの難しい全粒粉を粗挽きにし、細くてもコシのある麺を出す。少し甘目のツユをはじめ、季節を先取りしたコース料理も一人で作るから朝4時からの仕込み時間は開店している時間より長い。ソバ粉を使ったケーキやミルクプリンなど人気の和スイーツは何度も試作したオリジナル、鮮度を保つため野菜は毎日市場からと食にかける姿勢は本格派。東金の人気店『東京庵』の6代目に当たる。店はホキ美術館や昭和の森公園近く。ランチやお茶をはさんでのお出かけにお薦め。誠実な人柄の店主を支える明るい女将の心遣いも伝わるおしゃれな店である。
 今年、「女性客にも、通にも喜ばれる店を目指し、お客様の質問にきちんと答えたい」という熱意から、全国麺類生活衛生同業組合認定『蕎麦鑑定士』の資格を取った。産地、粉の挽き方や割合の違う12種類の伝統的なソバを見分ける試験に合格したあと、ソバ研究者らの講義を受けると認定されるという。一昨年からできた資格でまだ3級までしかないが、4級から1級まで取得すると『48種類のソバについて味わうべき魅力を知り、見分けられる人』となる。「業界全体を盛り上げたい」と広い視野に立つ小川さんは店を切り盛りし、年一回の試験に向けさらに勉強中だ。

問合せ 貴匠庵
TEL 043・295・3838
住所 千葉市緑区あすみが丘東1の13の14
営業 11~17時。日曜日・第3月曜日定休

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…
  2. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  3. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  4.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  5.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  6.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  7.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  8.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る