こでまりの夢

~自分が期待する答えを子どもに求めていないか?~

 小学2年生のAちゃん(女の子)が、「学校と家で、言うことが違うらしい」と、お母さんからのご相談です。お母さんは、親にウソをついているのではないかと、Aちゃんを疑ってしまったそうです。親としては心配になりますが、これって実はよくあることなんですね。 
 お母さんのお話をよく聴いてみるとわかるのですが、「○○じゃないの?」「○○だったんでしょう?」というような質問をしているのです。でも、学校の先生は、「Aちゃんはどうする?」「○○してもいいかな?」というような質問でAちゃんの気持ちを聴いていました。Aちゃんは言うことが違うのではなく、相手によって質問の仕方が違っていたために、答えが違ったということも十分考えられるわけです。
 大人は、自分の望む答えが返ってくると喜びます。敏感な子どもはそれを察知して、大人の望む答えを返しているだけにすぎない、という場合もあります。本当にウソをついている場合でも、「ウソをつくんじゃない!」と怒るより、なぜウソをつかなければならないのか、を見てあげてください。必ず理由があると思います。
 子どもの問題行動は、子どもからのサインだと判断するといいですね。これは大きな問題になる前の予兆だと思ったら、すぐに対処できるのではないでしょうか。質問の内容も、決めつけや限定質問を控えて、「どうしたい?」「どう思う?」というような拡大質問にしてみることで、子どもの気持ちが聴けるようになるかもしれませんね。

中嶋 悦子(なかしま えつこ)プロフィール
1965年生まれ。宮崎県出身。二男二女の母。大網白里市在住。エンカレッジ・ステーション(株)代表取締役社長。NPO法人民間児童館おおきなかぶ理事長。ありんこ親子保育園理事長。エッセイスト。
http://www.en-sta.jp
連絡先 TEL 0475-53-3509

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…
  2.  冬枯れの草原に鮮やかに映える赤い鳥「ベニマシコ」、バードウオッチャー憧れの鳥である。体長15~16センチ、全身が紅色で黒い翼に鮮やかな二…
  3. 9月から11月にかけて茂原市総合市民センターで開催された『ばか面踊り講習会』。月1度の講習会は三度にわけて行われ、参加者約30名はひょっとこ…
  4. 千葉市科学館(きぼーる内7F~10F)は創設13年を迎えた現在、年間を通して新たな企画を打ち出し続けている。2007年10月に、千葉市民の…
  5.  市原市南部保健福祉センター(なのはな館・牛久377の1)では、毎週水曜と金曜と日曜の3日間、健康増進室によるストレッチ教室が開催されている…
  6.  アメリカの北東部日本語教師会では、3月末に開催する「春祭り」に合わせ、2012年から東日本大震災ほか、様々な災害などで被災した日本の高校…
  7. 「夢まるふぁんど委員会」(委員長・大澤克之助千葉日報社社長)は2019年12月19日、市原市五井の五井新田自治会館で「夢まるふぁんど文化(…
  8. シリーズ10万部、コミックエッセイ&専門家コラムで人気の「それでいい。シリーズ」の続編が昨年12月に 創元社より刊行! 今回は「パートナーこ…
  9.  毎年、年末は空き巣などの被害が増加する。また、今年は台風15号・19号の被害を狙った悪質商法や盗難事件等も発生しており、千葉県警察でも…
  10.  いつもご愛読、ありがとうございます。地域情報紙『シティライフ市原版』は、おかげさまで今号で1500号の発行を迎えることができました。これ…

ピックアップ記事

  1. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る