古の時を想う巡礼道の旅

 日本とスペイン交流400年を記念して『フランチェスコのサンティアゴ巡礼の道』特別展が、御宿町月の沙漠記念館で開催されている。
 イエス・キリストの使徒であったヤコブの墓があると、世界三大巡礼の地となったスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラと、聖人フランチェスコの出身地イタリアのアッシジまでの巡礼道を、スペインのガリシア州出身の写真家マヌエル・バルカルセルと、音楽家アレクサンドロ・ゴンザレスの二人が旅し、撮った写真が展示されている。
 この特別展は、2014年から各所で開催されてきたが、御宿町が最後の開催地となっている。それは404年前、スペイン籍の帆船サン・フランシスコ号が御宿沖で難破し、村人が遭難者を助けたことから、スペインと日本の外交が始まったといわれる由縁からだ。「御宿町ではスペインとの交流を記念し、サン・フランシスコ号の破船した9月30日を絆記念日として各種イベントを催しており、今回の写真展もその一環です」と藤原館長。
 展示されている写真は約50点。多くは景色や道を歩く巡礼者、修道院など歴史的な建築物などだが、現在でも多くの人が訪れる巡礼道の通り沿いのレストランで、音楽や酒を楽しむ巡礼者の姿なども写っている。

問合せ 月の沙漠記念館
TEL 0470・68・6389
開館時間 9時~17時。大人400円 高大生・65歳以上300円 小中生200円
水曜日休館(水曜が祝日の場合翌日)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  1月8日(土)、千葉市中央区にある青葉の森公園芸術文化ホールにて公益財団法人千葉県文化振興財団主催で「見る、知る、伝える千葉 創作狂言 里…
  2.  いちはら地域ネコの会は、不幸なノラネコがいない地域社会を目指すことを目的に、平成24年に設立されたボランティア団体。地域ネコとは地域の理解…
  3.  いつも通る雑木林の奥に、輝いているかのように際立つ赤褐色の木を見つけた。マツ科マツ属の常緑高木、アカマツ(赤松)であった。  大きなもの…
  4.  昨年11月21日(日)、千葉市中央区にある青葉の森公園芸術文化ホールにて開催された『もんきりワークショップ』。午前と午後の2回行われたワー…
  5.  社交ダンスに限らず、特に魅せるスポーツにおいては選手の「表情」が大きな意味をもっていますが、このコロナ禍において、すでに2年近くの間、表情…
  6.  昨年10月19日、山武市の松尾IT保健福祉センターにて、山武市保健推進員協議会主催の『知ってる?パッククッキング~災害時常備食クッキング~…
  7.  明けましてておめでとうございます。草花や野菜と共に生活をしていると、四季の移り変わりもよりあっという間のような感じがします。昨年は園芸だけ…
  8.  市原市は東京湾に面していても、残念ながら海で楽しめる場所がほとんど無い。唯一楽しめる場所は養老川河口で、海釣り公園があり、数多くの子供から…
  9. 「晴れたら市原、行こう。」をコンセプトに、2014 年からトリエンナーレ形式で開催されてきた「いちはらアート×ミックス…
  10. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  1月8日(土)、千葉市中央区にある青葉の森公園芸術文化ホールにて公益財団法人千葉県文化振興財団主催で「見る、知る、伝える千葉 創作狂言 里…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る