体協通信 自然に優しく、健康にもまずは趣味で自転車を

市原市自転車競技連盟

最近、脚光を浴びるようになってきた自転車競技。スピードを求められているこの時代ですが、自然に優しい乗り物で、周りの景色をゆっくり楽しめることもできます。今まで気がつくことができなかったような四季折々の草花を間近で見ることができたり、のんびりといろいろな空気を感じたりすることができます。自分の足でペダルを踏んだ分だけスピードが出たり、距離を進めることもできたりします。
私たち自転車競技連盟は、競輪場等をピストフレームで走るトラック競技の部門と、一般道路やサイクルサーキット等で走るロード競技の部門とがあります。ロード競技では小学生からも参加できる大会もあり、トラック競技は正式な大会としては高校生からの大会となります。本連盟から競輪のプロ選手になった川名剛さん(拓大紅陵高卒)は現在、スポーツ鍼灸院を青葉台で開院されています。篠崎真純さん(千葉経済高卒)はガールズ競輪選手として、第一線で活躍されています。最近の選手では泰良遥平さん(京葉工業高卒)、積田頼輝(拓大紅陵高)さんが、全国高校総体や全国選抜大会に出場する活躍をしています。昨年のリオオリンピックでは、パラリンピック競技でタンデム部門において田中まいさん(千葉経済高卒)が銀メダルを取るなどの活躍をされました。
 選手の皆さんが本格的に競技に取り組んだのは高校生になってからです。自転車競技に興味のある小学生や中学生は、趣味として自転車に乗ってみて、その面白さが感じてもらえれば同じ自転車競技の一員として嬉しく思います。これからの季節は休日に、ちょっと自転車にでも乗ってみようかなと思って出かけたくなるような陽気になるので、ご自身の健康のためにも、ペダルを踏んでみてください。乗る際には、交通規則を遵守して、マナーを守って自転車に乗りましょう。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】チバニアンガイドの皆さん  2020年1月、市原市田淵の地磁気逆転層を含む地層『千葉セクション』がGSSP(地質年…
  2.  前回、近い将来起こるであろう世界的な食糧問題について書きましたが、多くの学者は、私達が生き延びるには人間が何万年と育んできた古来からの農法…
  3. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  4. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  5. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  6.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  7. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  8.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】チバニアンガイドの皆さん  2020年1月、市原市田淵の地磁気逆転層を含む地層『千葉セクション』がGSSP(地質年…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る