~しっかり抱いて、下におろして、歩かせる~

 明けまして、おめでとうございます。皆様におかれましては、お健やかに新春をお迎えのことと存じます。今年も幸多き一年になりますよう、心よりお祈りしています。
 昨年は、子育て支援センターを開設し、たくさんの親子とふれあうことができました。最近は、子どもたちの成長と共に、活発に遊ぶ姿も見られるようになり、うれしく思っています。そういえば、日本には「しっかり抱いて、下におろして、歩かせる」という言葉がありました。昔から「三つ子の魂百まで」ということわざもありますが、乳幼児期に抱っこして、しっかり向き合い心を通わせて育てるスキンシップは、「親子の絆」や「愛着」、心の土台となる「自己肯定感」をつくるためにとても大切なことだと言われています。「下におろして、歩かせる」とは、愛着からの「分離」です。3歳までは親のそばで遊んでいた時期だったのが、4歳頃になるとだんだんと親から離れて友達との遊びが楽しくなる時期ですね。この時期にすんなりと離れていくために、「しっかり抱いて」が必要なのです。この土台ができると子どもは親から少しの間離れても大丈夫だと思うようになり、ついには長い時間離れていられるようになります。その過程に大切なのが親子のふれあいです。乳幼児期はゆったりとした気持ちで、たくさん抱っこしてあげてくださいね。
 今年も、どうぞよろしくお願いします。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…
  2. 「オレオレ詐欺」「振り込め詐欺」と言われ、現在も全国で多くの被害が報告されている特殊詐欺事件。千葉県警では、これらの詐欺がまず電話でコンタ…
  3.  市原特産といえば、今が旬の梨。養老川沿いの栄養豊かな土地で大事に育てられた「いちはら梨」は、大きくて歯ごたえの良いのが特徴です。これから…
  4.  6月16日、市原市少年相撲教室が開催され、豪栄道関、妙義龍関、佐田の海関はじめ境川部屋の力士たちが会場のゼットエー武道場を訪れた。朝稽古…

ピックアップ記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る