特殊紙で本物のような花木作り

 本物と見間違える人も多いという『フレスコアート盆栽』。蝋加工した特殊紙で、花や葉はもちろん、幹も石もすべてそっくりに表現する。千種コミュニティセンターでは、レンギョウの花をつくる講座を2月4日から全4回で開催中。講師は青葉台在住の末田アサ子さん。「完成品は自然に近い仕上がりで、そこが一番の魅力。小さなパーツをひとつひとつ作り、組み合わせていく作業は細かいですが、それもまた楽しいですよ」。
 取材したのは1回目。黄色、緑、灰色のペーパーを、花びら、葉、ガク、幹部分のパーツにする前の準備の行程だ。黄と緑の紙をそれぞれ木工ボンドで貼り合わせ、ローラーで押し伸ばして薄くし、少し乾いたらヘラなどで紙のシワ模様をつぶしていく。この『つぶし』で、最終的な仕上がりの美しさが決まるという。緑の紙は葉とガク用。細い針金を置いて紙を重ね貼ったものは葉の部分。スポンジでアクリル絵の具の緑を塗る。幹になる灰色の紙は、シワの縦目に沿って茶色を塗り、花用の黄の紙には黄色を塗った。4名の参加者は慎重な手つきで、初めての作業を丁寧に進めた。
 次の日程は、切り出した花などのパーツを形にしていく行程。用意された小さな鉢に発泡スチロールと新聞紙を詰めて土台にし、幹は筒状の発泡スチロールに針金を入れ、ねじって幹の形にするなどもある。「早く進めたいので、家でパーツを切ってきます」「つぶしもTVを見ながらやりますよ」と、参加者はとても熱心。どんなレンギョウが咲くのか、完成が楽しみだ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. (株)cocomi(ここみ/所在地・平田)は、鍼パルス治療(低周波鍼通電療法)やツボ押しなどの施術を行う『ここみ治療院』と、通所介護施設の…
  2. 『一宮ウミガメを見守る会』は3~5月にかけて、『ウミガメがやってくる町・一宮の海をもっと知ろう!』と題し、3回の連続ワークショップを開催し…
  3.  毎月第2・4(火)・13時半~15時半、東金コミュニティセンターで開かれている『ときがね川柳会』。会員は17名、最高齢は93歳で平均年齢も…
  4.  鴨川市にある私設房総郷土美術館では、6月5日(日)まで『房総が生んだモダニズムの日本画家・酒井亜人展』を開催している。美術館館主の黒川さん…
  5.  来月9日から14日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される。この写真展は、写真家の故加賀淺吉氏が中心となり、6年…
  6.  敷地の中にわずか1・5畳ほどの小さな物置小屋を作りました。本来ならもっと早くに作るはずでしたが、次第に物が増え置き場所に困り始めたので、や…
  7.  ちはら台の街には公園が沢山あり、訪れた人の憩いの場となっています。  西には、テニス場がある「堂坂公園」、滑り台がある「睦月公園」、スプ…
  8.  5月になると私は、フクロウが巣を構えるような大きなスダジイを順番に回ります。運が良ければ巣立ったヒナがいるからです。でも今年は声もしないの…
  9.  市原市在住の田波武さんは、昨年4月、パズル界初の『イロハ』3文字を使ったクロスワードパズル、『ひらめきの右脳 理詰めの左脳を覚醒させるイロ…
  10. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. (株)cocomi(ここみ/所在地・平田)は、鍼パルス治療(低周波鍼通電療法)やツボ押しなどの施術を行う『ここみ治療院』と、通所介護施設の…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る