特殊紙で本物のような花木作り

 本物と見間違える人も多いという『フレスコアート盆栽』。蝋加工した特殊紙で、花や葉はもちろん、幹も石もすべてそっくりに表現する。千種コミュニティセンターでは、レンギョウの花をつくる講座を2月4日から全4回で開催中。講師は青葉台在住の末田アサ子さん。「完成品は自然に近い仕上がりで、そこが一番の魅力。小さなパーツをひとつひとつ作り、組み合わせていく作業は細かいですが、それもまた楽しいですよ」。
 取材したのは1回目。黄色、緑、灰色のペーパーを、花びら、葉、ガク、幹部分のパーツにする前の準備の行程だ。黄と緑の紙をそれぞれ木工ボンドで貼り合わせ、ローラーで押し伸ばして薄くし、少し乾いたらヘラなどで紙のシワ模様をつぶしていく。この『つぶし』で、最終的な仕上がりの美しさが決まるという。緑の紙は葉とガク用。細い針金を置いて紙を重ね貼ったものは葉の部分。スポンジでアクリル絵の具の緑を塗る。幹になる灰色の紙は、シワの縦目に沿って茶色を塗り、花用の黄の紙には黄色を塗った。4名の参加者は慎重な手つきで、初めての作業を丁寧に進めた。
 次の日程は、切り出した花などのパーツを形にしていく行程。用意された小さな鉢に発泡スチロールと新聞紙を詰めて土台にし、幹は筒状の発泡スチロールに針金を入れ、ねじって幹の形にするなどもある。「早く進めたいので、家でパーツを切ってきます」「つぶしもTVを見ながらやりますよ」と、参加者はとても熱心。どんなレンギョウが咲くのか、完成が楽しみだ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…
  2. [caption id="attachment_37361" align="alignright" width="150"] 稲荷の祠[/c…
  3.  明治時代から天然ガスの採掘が行われている茂原市で、天然ガスに焦点を当てたご当地検定「もばら検定ガス博士」が8月29日・30日に行われました…
  4.  先日のこと。いつものようにパソコンデスクにコーヒーカップを置きました。その時、フッと『こぼしそうだな…』と思ったんです。その後、席を立って…
  5.  つぶらな黒い眼が愛くるしい『ウリ坊まん』。大多喜町特産のタケノコと、同じく町内で獲れるイノシシの肉が具材の肉まんだ。 [capt…
  6. 「持続化給付金」は新型コロナウイルスの影響で売り上げが大きく落ち込んだ事業者が対象で、確定申告の書類や通帳の写しなどを添付し申請、認められれ…
  7.  写真は、昨年10月25日、台風21号の影響による豪雨の直後に、市原市・新番場橋の上から撮影したものです。川幅いっぱいに増水した川の水が今に…
  8.  昨秋の集中豪雨で作品・建物共に被災し、休館していたホキ美術館(千葉市緑区)が8月1日、約9カ月ぶりにリニューアルオープンした。新たなスター…

ピックアップ記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る