ホントはとっても単純、犬の気持ち

 犬連れの人たちの散歩コースとしても親しまれている、ちはら台公園には1500㎡の広いドッグランがある。そういった施設の紹介と利用促進を目的とし、昨秋、『ちはら台ドッグクラブ』と『(公財)市原市地域振興財団』共催の『犬のしつけ個別相談会』が行われた。相談役は『わんちゃんの家庭教師 ぽちのせんせい』ドッグトレーナーの菊地美奈子さん。8組が、1組30分ずつの個別相談を受けに訪れた。
 まずやってきたのは陽気な性格の大型犬、エアデールテリアのジュジュちゃん(3歳、メス)。他の犬が視界に入るとすぐに興奮、吠えて飛びかかろうとする。「しっぽを立てているので怖がっているのではなく、追い回したくてワクワクしている状態ですね」と菊地さん。対処法は犬の嫌がることを見つけ抑止力とすること。通りかかった散歩中の犬に吠え飛びつこうとしたジュジュの目の前で、菊地さんは小石を入れた2リットルのペットボトルを振りかざした。「ガラガラ」という音に驚いて退くジュジュ。数回、この動作を繰り返すと早くも効果が。他の犬を見ても吠えなくなったのだ。「毎回、必ず同じ動作をすることが大事。振り上げるアクションは派手めに。吠えなくなったら褒めてあげて」
 「やきもちをやくのです」と飼い主が連れてきたのはミニチュアダックスフンドのツナくん(6歳、オス)。飼い主が7カ月の孫を抱くと、キャンキャン鳴いて赤ちゃんの足に噛みつこうとする。だが、赤ちゃんが1人でいるときには特に興味を示さない。菊地さんの口からは「やきもちではなく、赤ちゃんが怖いのです」と驚くべき答え。得体の知れない赤ちゃんの存在が怖いが、自分1人では近づくこともできない。飼い主が一緒だと安心して攻撃に出るのだという。「飼い主にとって赤ちゃんは大切なものだと教えてください。音が出るものなどで驚かすといい」とアドバイス。「目からうろこです。来てよかった」と飼い主はホッとした表情。その他の犬にも、様々な状況で小石入りのペットボトルは効果てきめんだった。1つ用意しておくといいかもしれない。
 「人間は複雑に考えがちだが犬の気持ちは単純。相手の立場に立って考えたりはできないので、やきもちをやく、相手を困らせようとする、思いやる、といったことはしません。自分の得になる行動をとり損になることを避けているだけです。ただ、そのためには驚くほど頭を使うので、飼い主さんはつい擬人化してしまうのでしょう」とのこと。新たな発見となったのでは。

問合せ 菊地さん
TEL 090・3339・8518

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  いつもの房総丘陵の奥で、シイ属の朽木に五百円玉くらいの変わったキノコの幼菌を発見!一カ月ほど経つと表皮が破れ、中からタールのようなテラテラ…
  2.  およそ20年もの間、秋から冬の気温の低い時期にかけて、毎年一年分の手作りベーコンを作ってきました。肉の表面に塩、胡椒、ハーブ類を擦り付け、…
  3.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…
  4.  5月24日(火)、五井公民館で『房総太巻き寿司教室』が開催された。主催は市原市ボランティア連絡協議会(以下V連協・鈴木幹夫会長)のFF部。…
  5.  周囲に迷惑をかけず人生を終わらすための『終活』。身の回りの品や資産の整理などの準備を行い、人生のセカンドステージをより良く過ごすためにライ…
  6.  人間誰しも間違いや失敗は起こします。子どもなら尚更です。子どもが間違いや失敗した後に、周りの大人がどのような対応をするかで、その子の考え方…
  7.  茂原市在住・黛葉(まゆずみよう)さんが初めて本を出版しました。飼っていた2匹の猫、マミ&モモのエピソードを抜粋した体験記と、モモのファンタ…
  8.  初夏になると近所にある水路の斜面一画に、藤の花のような紫のグラデーションがきれいな、ナヨクサフジの花が咲き誇ります。  ナヨクサフジは、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る