ホントはとっても単純、犬の気持ち

 犬連れの人たちの散歩コースとしても親しまれている、ちはら台公園には1500㎡の広いドッグランがある。そういった施設の紹介と利用促進を目的とし、昨秋、『ちはら台ドッグクラブ』と『(公財)市原市地域振興財団』共催の『犬のしつけ個別相談会』が行われた。相談役は『わんちゃんの家庭教師 ぽちのせんせい』ドッグトレーナーの菊地美奈子さん。8組が、1組30分ずつの個別相談を受けに訪れた。
 まずやってきたのは陽気な性格の大型犬、エアデールテリアのジュジュちゃん(3歳、メス)。他の犬が視界に入るとすぐに興奮、吠えて飛びかかろうとする。「しっぽを立てているので怖がっているのではなく、追い回したくてワクワクしている状態ですね」と菊地さん。対処法は犬の嫌がることを見つけ抑止力とすること。通りかかった散歩中の犬に吠え飛びつこうとしたジュジュの目の前で、菊地さんは小石を入れた2リットルのペットボトルを振りかざした。「ガラガラ」という音に驚いて退くジュジュ。数回、この動作を繰り返すと早くも効果が。他の犬を見ても吠えなくなったのだ。「毎回、必ず同じ動作をすることが大事。振り上げるアクションは派手めに。吠えなくなったら褒めてあげて」
 「やきもちをやくのです」と飼い主が連れてきたのはミニチュアダックスフンドのツナくん(6歳、オス)。飼い主が7カ月の孫を抱くと、キャンキャン鳴いて赤ちゃんの足に噛みつこうとする。だが、赤ちゃんが1人でいるときには特に興味を示さない。菊地さんの口からは「やきもちではなく、赤ちゃんが怖いのです」と驚くべき答え。得体の知れない赤ちゃんの存在が怖いが、自分1人では近づくこともできない。飼い主が一緒だと安心して攻撃に出るのだという。「飼い主にとって赤ちゃんは大切なものだと教えてください。音が出るものなどで驚かすといい」とアドバイス。「目からうろこです。来てよかった」と飼い主はホッとした表情。その他の犬にも、様々な状況で小石入りのペットボトルは効果てきめんだった。1つ用意しておくといいかもしれない。
 「人間は複雑に考えがちだが犬の気持ちは単純。相手の立場に立って考えたりはできないので、やきもちをやく、相手を困らせようとする、思いやる、といったことはしません。自分の得になる行動をとり損になることを避けているだけです。ただ、そのためには驚くほど頭を使うので、飼い主さんはつい擬人化してしまうのでしょう」とのこと。新たな発見となったのでは。

問合せ 菊地さん
TEL 090・3339・8518

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…
  2. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  3. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  4.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  5.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  6.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  7.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  8.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る