誰よりも速く、 強くなるために

 茂原市在住の町山哲太さん⑿は、昨年出場した『とびうお杯第33回全国少年少女水泳競技大会』の男子50mバタフライで優勝、男子200m個人メドレーで第2位の好成績を手にした。3月28日には『第41回全国JOCジュニアオリンピックカップ春季水泳競技大会』に出場、「この大会に出られたことが、今まで水泳をやっていた中で一番嬉しかったです」と、はにかむ町山さん。ジュニアオリンピックは全国からの強豪選手が集まる、ジュニア選手にとっては最大の大会。出場するために必要なタイムが決まっていて、コンマ1秒を争う世界だ。「泳いでいる時は、隣のレーンも見えるので意識しています。水に入る前には緊張をほぐすために深呼吸をして、泳いでいる時は必死です。ただ、狙っているタイムのことだけは考えています」と、町山さんは振り返る。

 

 町山さんが水泳を始めたのは1歳の時、母親に連れられて行ったベビースイミング教室。以来、『スポーツプラザEAST』で12年間練習を続けている。当然ながら「初めての教室は記憶にない」というが、お風呂も好きだったという町山さんは、プールの水を怖がることもなかったとか。3歳になると一人で泳ぎ始め、物心が付く頃には水泳をすることが当たり前の日常になっていた。スイミング教室では順調に進級を重ね、「選手コースに誘われ続けていた」というものの、幼児期はちょっぴり新しい場所に馴染むことを躊躇い、断っていた時期も。しかし、いざ選手コースに入ってからは持ち前の運動神経の良さを発揮。秋から冬の多い時期には月に2、3回の大会に出場してきた。
「練習は週6回、2時間程度行います。土曜日には朝と夜に泳ぐ」というほどの練習量。学校の授業でも体育が好きだという町山さんは、東部小学校在籍時には陸上部に所属して県大会に出場したことや、地域のマラソン大会に出場して入賞した経験もあるほどの運動神経だ。「家では懸垂の器具があるので、筋力トレーニングもしている」とか。町山さんのお母さんは、「私が元々水泳をやっていたので、子どもにも好きになって欲しかったんです。でも今は、悔いのないように頑張ってもらえればと思って応援しています」と、笑顔を見せた。

 

 今春、町山さんは茂原市立南中学校に進学。「今まで大きな挫折はありませんでした。でも、強豪選手が多いとはいえ、今回のジュニアオリンピックで思うような結果が残せなかったことが少し悔しかったです。今後は基本的にスイミングでの活動を主に続けていくつもりです」と話す町山さんの夢は、「日本選手権に出場する!」こと。大きな目標を胸に、町山さんは今日も練習に励んでいる。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  山武郡横芝光町で戦前から自家製のぶどうでワインを作り続けてきた『齊藤ぶどう園』では、新たな後継者である齊藤雅子さんが日々奮闘しながら、…
  2.  先日から、各ニュースで報道されていた『5段階の警戒レベルを用いた避難情報』。国が平成30年7月の西日本豪雨の被害を踏まえ改訂したもので…
  3.  5月2日(木)、市原湖畔美術館で開催されたのは『房総里山芸術祭 いちはらアート×ミックス2020 キックオフイベント』。総合ディレクタ…
  4.  5月12日(日)、ゼットエー武道場相撲場にて市原市民体育大会相撲競技が、市原市相撲協会(藤田明男会長)主管で開催された。当日は小中学校…
  5.  4月27日(土)、有秋公民館主催で行われた『フラワーアレンジ』には7名の男女が集まった。5月12日(日)の母の日を控えていたこともあり…
  6.  市原市在住の大水優香(おおみずゆか)さんは昨年5月から今年3月にかけて、国家プログラムの1つ『日本語パートナーズ派遣事業』によりタイの…
  7.  朝起きてから夜寝るまで、私たちの暮らしは守られています。世界各地からニュースとして入ってくる戦争や内乱、飢餓など、国全体を巻き込むよう…
  8.  現在、茂原市立美術館・郷土資料館では新たな『茂原市史』を編纂しており、歴史に関わる様々な情報を募集している。「茂原市は、茂原町、鶴枝村…
  9.  平成29年に県指定文化財として登録された椎津城跡は、足利氏・武田氏・里見氏・北条氏らが争奪をくり返した中世の城郭で、房総の戦国史におい…
  10.  アジアを代表する美の祭典『ミセスアジア』への第一歩となる『ミセスジャパン』の地区予選大会が、5月19日、東金市の最福寺において開催され…

ピックアップ記事

  1.  山武郡横芝光町で戦前から自家製のぶどうでワインを作り続けてきた『齊藤ぶどう園』では、新たな後継者である齊藤雅子さんが日々奮闘しながら、…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル ショートテニス三和 (月)13~16時 三和コミュニティ 会費:半年5,000円 見学、体験大歓迎 貸しラケットあり 菊池 …

スタッフブログ

ページ上部へ戻る